本ページはプロモーションが含まれています

財布を忘れた 電車代はPayPayで払える?スマホしかない 現金が無い場合のバス代賃などの交通機関の対処法

本ページはプロモーションが含まれています
  1. 財布を忘れた PayPayやスマホやしかない 電車賃やバス代の現金がない
    1. 財布忘れた電車賃をpaypayで払える?
  2. paypayで電車賃が払えない場合は別の後払いサービス
  3. iPhoneの場合はWalletを経由してメルカリ残高をSuicaへチャージ可能
    1. Walletへの登録方法
    2. スマホの画面でATMから引き落とせるネットバンキングを利用する
    3. クレジットカードやスマホの電子マネーで支払う
    4. クレジットカードのキャッシングで現金を借りる
    5. 消費者金融で現金を借りる
    6. 友人や家族に現金を借りる
    7. 家族に電車代を届けてもらう
    8. 駅・警察署・交番・パトカーから現金を借りる
  4. 他の方の体験談
    1. 知らない人に助けてもらえた
    2. 普段からキャッシュレス決済をしていて助かった
  5. 財布忘れた電車乗れないとならないようにするには
  6. 財布を家や電車に忘れた スマホやPayPayしかない 現金がないと焦らないように
  7. モバイルsuicaを入れておくと財布忘れた際に電車に多く対応している
    1. 定期はモバイルsuicaで発行すると財布を忘れても電車に乗れて便利
    2. 一部の大人用の定期suicaカードはモバイルsuicaに移行可能
  8. おサイフケータイ非対応でもQRコードでATMで引き出せる銀行を利用しよう
    1. スマホATMに対応したみんなの銀行をインストールしておく
    2. クレジットカードをスマホに登録
  9. まとめ
    1. 関連記事:

財布を忘れた PayPayやスマホやしかない 電車賃やバス代の現金がない

出かけてから財布忘れた事に気付くことが良くあります。
自宅近くで気が付けば良いですが、電車やバスなどに乗る際に気が付くと大慌てです。

財布を忘れた PayPayやスマホやしかない 電車賃やバス代の現金がない場合の対処法などを紹介します。

財布忘れた電車賃をpaypayで払える?

財布忘れたスマホしかない場合でPayPayが入っている方でも電車賃はほとんどの場所で支払えません。PayPayで電車代を払える所は一部のみ可能です。
PayPayからsuicaなどの交通系ICに電車賃をチャージする事もできません。

PayPayが使えるお店は、日本全国に約380万店舗(2023年7月時点)あります。

コンビニ、スーパー、ドラッグストア、飲食店、家電量販店、百貨店、ガソリンスタンドなど、さまざまな業種のお店でPayPayを利用することができます。

PayPayで電車代を払える所は少ない

財布忘れた時にPayPayで電車代を払える所を調べてみましたが、まだまだ少なく私の地域では使うことができませんでした。
PayPayが使える場所は下記の一部です。

熊本県の熊本市電

岐阜県の長良川鉄道

神奈川県の伊豆箱根鉄道の三島駅~修善寺駅

静岡県富士市の吉原駅

島根県の一畑電車の一部の駅

熊本県と鹿児島県の肥薩おれんじ鉄道の一部の駅

福井県の福井鉄道の一部の駅

福井県のえちぜん鉄道の一部の駅

本人確認後にチャージしたPayPayマネーならATMで電車賃として出金可能

本人確認後にチャージしたPayPayマネーであればPayPay銀行へ即時出金しコンビニATMで電車賃を引き出すことができます。
PayPay銀行は口座開設していない場合は本人確認が必要です。

他の銀行へ出金も可能ですが、午前5時までの出金手続きで翌営業日、午前5時以降は翌々営業日と時間がかかります。
ゆうちょ銀行へ出金の場合は最短でも3営業日になるので急ぎの場合はPayPay銀行が良いでしょう。

財布忘れた場合でもPayPayカード申し込み後電車賃を払える

財布忘れたスマホしかない場合でもPayPayカード申し込み後Suicaチャージで電車賃を払えます。
PayPayカードは申し込み時にウェブで引き落とし口座を登録すると最短5分でバーチャルカードが発行可能です。 ※21時30分~翌10時までのお申し込みは翌日12時以降の審査になります。

apple payにPayPayカードを登録するとVisaタッチ決済が可能になるのでVisaタッチに対応している横浜市営バスや京浜急行バスなどでも払う事ができます。

最短5分の申し込みには銀行口座が必要です。
また、PayPayカードはクレジットカードなので審査は厳しいです。
過去5年以内に滞納歴が無く、勤続年数が半年以上で安定した収入が無い場合は発行は難しいです。

paypayのお金を借りるで電車賃を借りれる?

paypayアプリにはお金を借りるというボタンもありますが、本人確認書類が必要なのと最短翌日から利用が可能なので前もって契約していない場合は財布を忘れたスマホしかない際にPayPayで電車賃の現金をすぐに借りる事ができません。
初回借入日から30日間は利息0円で電車賃を借りる事ができます。

本ページはプロモーションが含まれています

paypayで電車賃が払えない場合は別の後払いサービス

財布を忘れた時でスマホやPayPayしかない電車賃の現金が無い場合、別の後払いサービスで支払う方法があります。
後払いサービスは、商品やサービスの代金を後日支払うことができるサービスです。
バンドルカードの後払いサービスがあります。

バンドルカード

財布を忘れた時でスマホやPayPayしかない電車賃の現金が無いならバンドルカードの後払いが便利です。
バンドルカードのアプリで交通系ICやスマホ決済アプリに後払いチャージする事ができます。

NFC対応のandroidスマホの場合はGoogle PayでスマホでVISAタッチ決済できるので横浜市営バスや京浜急行バスなど対応している電車やバスの交通機関で利用できます。

現在は13歳以上利用可能(未成年は法定代理人の同意が必要)ですが、2023年12月4日から18歳以上のみ利用できます。

初回チャージできる金額は3,000円~10,000円が目安で利用するごとに限度額が増えていきます。

申込み金額手数料手数料
3,000円 〜 10,000円510円
11,000円 〜 20,000円815円
21,000円 ~ 30,000円1,170円
31,000円 ~ 40,000円1,525円
41,000円 ~ 50,000円1,830円

清算は翌月末まででコンビニ、セブン銀行ATM、ネット銀行、銀行ATM(ペイジー)でお支払いいただけます。

招待キャンペーン
招待コード入力しチャージすると200円もらえます。
招待コード
fs25tf
バンドルカード:Visaチャージ式カード、Visaカード

バンドルカード:Visaチャージ式カード、Visaカード

Kanmu, Inc.無料posted withアプリーチ

バンドルカードのポチッとチャージの使い方

ポチッとチャージの使い方は、以下のとおりです。

  1. バンドルカードアプリを起動する
  2. 画面下部の「チャージ」をタップする
  3. 「ポチッとチャージ」をタップする
  4. チャージする金額を入力する
  5. 「チャージする」をタップする

チャージ金額は、1,000円から100,000円まで、1,000円単位で設定できます。

チャージが完了したらバンドルカードのバーチャルカードの番号でクレジットカードとしてApple payやGooglePayに登録してモバイルsuicaに電車賃のチャージができます。

財布を忘れた際にスマホしかない場合はバンドルカードからpaypayにも電車賃をチャージできますので、paypayに対応している電車を利用する場合で現金が足りない場合に利用できます。

返済方法

コンビニやセブン銀行ATMで支払う場合は、バーコードを読み取って支払いをします。

ネット銀行や銀行ATM(ペイジー)で支払う場合は、バンドルカードアプリに表示される支払い用IDと支払い金額を入力して支払いをします。

ポチッとチャージの支払い期限は、チャージした日の翌月末日です。

バンドルカードのポチッとチャージは、手数料が発生しますが使い方次第で、便利でメリットの多いサービスです。

上記の使い方を参考に、ポチッとチャージを活用してみてください。

本ページはプロモーションが含まれています

iPhoneの場合はWalletを経由してメルカリ残高をSuicaへチャージ可能

iPhoneの場合はWalletを経由してメルカリ残高をSuicaへチャージ可能です。
メルカリで売上金や通常ポイントがある場合や家族や知人にメルカリを利用している方がいる場合はメルカリ残高を送金してもらってSuicaにチャージする事が可能です。

Walletへの登録方法

  1. メルカリアプリの下の「支払い」をタップして表示された「支払い設定」をタップします。
  2. 「iD決済の設定」をタップします。
  3. 「メルペイのiDを端末に追加」をタップします。
  4. 「設定を始める」をタップし「OK」をタップします。
  5. SMSで認証番号が届くので入力して「認証して完了する」をタップします。

Walletにメルペイの登録が完了したらモバイルSuicaにメルペイ電子マネーでチャージしましょう。

メルペイスマート払いの翌月払い

メルペイスマート払いは申し込み後に1万円利用できる方がほとんどで、メルペイ対応のお店で利用できます。
財布を忘れた際にスマホと本人確認しかない場合、メルペイはpaypayのようにバスや電車ではほとんど利用できませんが、ほぼ審査なしで現金の後払いができるのでコンビニ・ドラッグストア・一部のタクシーなどで利用できます。
電車賃以外でpaypayに現金が足りない場合におすすめの後払いです。

支払いは翌月末までで口座からチャージして清算する場合は手数料無料で利用できます。

iDの設定をする事でiD決済に対応しているお店でも利用できます。
iD決済はコンビニ・イオン・イトーヨーカドーなどほとんどの大手チェーン店で利用できます。

招待キャンペーン
メルカリ招待コード入力し会員登録で500円分のポイントがもらえます

招待で受け取ったポイントはメルカリ以外にも街でID決済でのお支払いやメルペイスマート払いの返済にも使用可能です。

↓招待コード↓

Mercari, Inc.無料posted withアプリーチ

メルペイスマート払いの使い方

メルペイスマート払いを利用するには、以下の手順で行います。

  1. メルカリアプリをインストールする
  2. メルカリに会員登録する
  3. メルペイに登録する
  4. 本人確認をする
  5. メルペイスマート払いの利用を申し込む

メルペイスマート払いの利用を申し込むには、メルペイアプリの「メルペイスマート払い」から申し込むことができます。

審査に通過すると、メルペイスマート払いを利用できるようになります。

メルペイスマート払いを利用するには、メルカリアプリの「支払い」画面から支払い方法として「メルペイスマート払い」を選択します。

メルペイスマート払いで支払う金額を入力し、「支払う」をタップすると、支払いが完了します。

メルペイスマート払いの支払いは、翌月1回払いまたは定額払いのどちらかを選択することができます。

翌月1回払いの場合は、翌月1日に一括で支払う必要があります。

財布忘れたスマホしかない場合にPayPayで電車代が払えない、現金もない場合はいろんなサービスを上手に利用して危機を乗り越えましょう。

スマホの画面でATMから引き落とせるネットバンキングを利用する

財布忘れたスマホしかない場合でPayPay銀行・住信SBIネット銀行などに貯金している場合は、アプリを利用する事でセブン銀行およびローソン銀行のATMで電車賃の現金を引き出す事ができます。

どちらのサービスも、財布忘れたスマホしかない場合でもスマホのアプリを使ってATMから現金を引き出すことができ、キャッシュカードは不要です。

クレジットカードやスマホの電子マネーで支払う

クレジットカードや交通系電子マネーがある場合は支払うこともできます。

クレジットカードや電子マネーは、コンビニやスーパー、飲食店など、さまざまな店舗で利用することができます。

対応しているクレジットカードをスマホに登録していると財布忘れた場合でもスマホのVISAタッチで電車代の支払いができます。

楽天の通常ポイントがあるなら楽天ペイのSuicaにチャージしてタッチ決済可能

普段楽天市場や提携しているお店で楽天ポイントを貯めている方で楽天の通常ポイントがあるなら楽天ペイのSuicaにチャージして電車賃をタッチ決済可能です。
楽天ペイのSuicaにチャージするにはモバイルSuicaが必要です。
モバイルSuicaが無い場合は新規発行しましょう。

カードタイプのSuica定期券をお持ちの場合はモバイルSuicaアプリに移行して楽天ペイのSuicaに連携する事もできるので定期を忘れることが多い場合はモバイルSuicaに移行しておきましょう。

iOSの楽天ペイのダウンロードはこちら
Androidの楽天ペイのダウンロードはこちら

クレジットカードのキャッシングで現金を借りる

クレジットカードのキャッシングで現金を借りることもできます。

クレジットカードのキャッシングは、クレジットカード会社から現金を借りることができるサービスです。

クレジットカードのキャッシングを利用するには、クレジットカード会社に申し込み、審査に通る必要があります。

消費者金融で現金を借りる

財布を忘れた時でスマホしかないがPayPay以外に本人確認書類があれば、電車賃を消費者金融で現金を借りることもできます。

消費者金融は、無担保で現金を借りることができる金融機関です。

消費者金融で現金を借りるには、以下の手順で行います。

  1. 消費者金融のホームページやアプリから申し込む
  2. 必要書類を提出する
  3. 審査を受ける
  4. 審査に通過したら、融資を受ける

消費者金融で現金を借りる場合、以下の点に注意しましょう。

  • 審査に通るかはわからない

消費者金融の審査は、申し込んだ人の年齢、収入、職業、信用情報などによって行われます。

審査に通るかは、申し込んだ人の状況によって異なります。

  • 金利が高い

消費者金融の金利は、銀行のカードローンよりも高く設定されています。

借入金額や返済期間によっては、高額な利息を支払うことになる可能性があります。

  • 返済計画を立てることが大切

消費者金融の借入は、計画的に返済することが大切です。

返済が滞ると、信用情報に傷がつき、今後の借入やクレジットカードの利用に影響する可能性があります。

財布を忘れた場合、消費者金融で現金を借りることも、一つの方法です。

ただし、審査に通るか、金利が高いこと、返済計画を立てることなどの点に注意が必要です。

以下に、消費者金融で現金を借りる際の注意点をまとめます。

  • 審査に通るかはわからない
  • 金利が高い
  • 返済計画を立てることが大切

財布を忘れた場合、消費者金融で現金を借りる前に、上記の注意点をよく理解しておきましょう。

友人や家族に現金を借りる

財布を忘れた時でスマホやPayPayしかない場合で友人や家族に電車代の現金を借りる場合、以下の点に注意しましょう。

  • 借りる金額を決める

借りる金額は、必要な金額を正確に把握してから決めましょう。
必要な金額よりも多く借りてしまうと、後々返すのが大変になります。

  • 返済の期日を決める

返済の期日を決めておくと、友人や家族に迷惑をかけずに済みます。
返済期日を守るようにしましょう。

  • 借用書を作成しておくとよい

借用書を作成しておくと、借りる金額や返済の期日などを明確にすることができます。
また、万が一トラブルになった場合にも、借用書があれば証拠として利用することができます。
友人や家族に現金を借りる場合、以下の方法で依頼することができます。

  • 直接会って依頼する

直接会って依頼するのが、最も確実な方法です。
借りる金額や返済の期日などを、直接確認することができます。

  • 電話やメールで依頼する

電話やメールで依頼することもできます。
ただし、直接会って依頼するよりも、意思疎通が難しい場合があります。

  • 感謝の気持ちを伝える

友人や家族に現金を借りたら、感謝の気持ちを伝えましょう。
感謝の気持ちを伝えることで、友人や家族との関係を良好に保つことができます。
財布を忘れた場合、友人や家族に現金を借りることは、一つの方法です。
ただし、友人や家族の状況や都合を確認してから依頼するようにしましょう。

  • PayPayを送金して電車代を振り込んでもらう

財布を忘れた際にスマホしかない場合は、友達にPayPayを送金して電車賃の現金を振り込んでもらう方法もあります。
ただし、スマホで引き出せるネットバンキングが必要になります。

家族に電車代を届けてもらう

財布忘れた時スマホやPayPayしかない場合で電車賃や現金が払えない場合、家族が近くにいるのであれスマホで連絡し電車代を届けてもらうこともできます。
ただし、財布を忘れた場所が遠方であれば、時間がかかる場合があるので注意が必要です。
財布を忘れた場合の対処方法は、状況や目的によって異なります。
どのような方法で対処するかは、ご自身の状況や目的に合わせて検討してください。

駅・警察署・交番・パトカーから現金を借りる

財布を忘れた時でスマホやPayPayしかない現金がなくて電車賃が払えない、家族が近くにいないなど本当にどうしようもなければ電車賃を借りることができる制度があります。
ただし確実ではないので注意が必要です。

この制度は、公衆接遇弁償費(こうしゅうせつぐうべんしょうひ)と呼ばれています。

公衆接遇弁償費は、財布を落としたり、盗難に遭ったりして、帰宅に必要な交通費や電話代がない場合、警察から現金を借りることができる制度です。
家族に迎えに来て貰えたり、ただ単に資金不足などの場合は借りる事ができません。

公衆接遇弁償費を借りるには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 財布を落としたり、盗難に遭ったりしたため、帰宅に必要な交通費や電話代がない場合
  • 警察署や交番、駅の鉄道警察隊に相談する

公衆接遇弁償費の借り入れ金額は、原則1,000円までです。

1,000円を超える金額を借り入れたい場合は、警察官の判断により、事務担当者の承認が必要となります。

公衆接遇弁償費は、無利子で貸し付けられます。

返済は、借りた日から30日以内に、警察署や交番、駅の鉄道警察隊に返却します。

公衆接遇弁償費を借りる際には、以下の点に注意しましょう。

  • 本人確認書類は、運転免許証やマイナンバーカードなどの公的証明書が必要です。
  • 借り入れ金額は、原則1,000円までです。

財布を忘れたり、盗難に遭ったりして、帰宅に必要な交通費や電話代がない場合、公衆接遇弁償費を利用するとよいでしょう。

公衆接遇弁償費の導入を公式に発表しているのは、以下の都道府県です。

  • 東京都
  • 大阪府
  • 京都府
  • 熊本県

これらの都道府県では、財布を落としたり、盗難に遭ったりして、帰宅に必要な交通費の電車賃や電話代がない場合、警察署や交番、駅の鉄道警察隊などで、公衆接遇弁償費を借りることができます。

公衆接遇弁償費の借り入れ条件や金額、返済方法などは、各都道府県によって異なります。

具体的な内容については、各都道府県の警察本部や警察署のホームページなどで確認してください。

なお、香川県は、公衆接遇弁償費に類する制度がないことを公表しています。

本ページはプロモーションが含まれています

本ページはプロモーションが含まれています

他の方の体験談

知らない人に助けてもらえた

以前、財布を忘れて、PayPayやスマホしか持っていない状態で、電車賃やバス代が現金で必要な状況に陥ったことがありました。

その日は、仕事で外出する予定でした。朝、家を出るときには、財布を持っていたことを確認していたのですが、電車に乗って職場に向かおうとする途中で、財布がないことに気が付きました。

財布には、現金と交通系ICカードなどが入っていたのですが、すべて忘れてしまったのです。

電車がPayPay対応していないのでどうしようか途方に暮れました。

PayPayやスマホは持っていたので、バスで使えるかなと思いバスが来るのを待ちました。

バスが来たので運転手さんにPayPayやスマホで支払えるか確認すると、運転手さんは「申し訳ありませんが、現金しか受け付けていません」と答えました。

どうしようかと悩んでいたところ、後ろから乗ってきた男性が「大丈夫ですよ、私が払います」と言ってくれました。

男性は、私の職場までのバス代を払ってくれたのです。

男性のおかげで、無事に職場までたどり着くことができました。

本当にありがとうございました。

この経験から、財布を忘れたときの対処法を学びました。

  • 現金を用意しておく
  • 交通系ICカードを複数枚持つ
  • 友人や家族に連絡しておく

財布を忘れたときは、慌てずに、落ち着いて対処することが大切です。

以下に、財布を忘れたときの対処法をまとめました。

  • 現金を用意しておく

財布を忘れたときのために、現金を用意しておきましょう。

少額でも構いませんので、1,000円程度は用意しておくと安心です。

  • 交通系ICカードを複数枚持つ

交通系ICカードを複数枚持つことで、万が一、1枚を忘れてしまった場合でも、対応することができます。

  • 友人や家族に連絡しておく

友人や家族に連絡しておくと、もしものときに助けてもらうことができます。

「財布を忘れた」という連絡をして、もし、電車賃やバス代を貸してもらうことになれば、連絡するようにしておきましょう。

財布を忘れないように、普段から気をつけておくことが大切ですが、万が一、忘れてしまったときは、落ち着いて対処しましょう。

普段からキャッシュレス決済をしていて助かった

いつものように電車に乗ろうと改札口に着いたところで定期を忘れた事に気が付きました。
自宅に戻るのも遠くて大変なのでスマホで調べると楽天ペイで楽天の通常ポイントや楽天カードからsuicaにチャージが可能とありました。

私の場合は節約のためにキャッシュレス決済の楽天ペイを普段から利用していて楽天ポイントが貯まっていたので何とか電車に乗る事ができました。

本ページはプロモーションが含まれています

財布忘れた電車乗れないとならないようにするには

財布忘れた電車乗れないとならないようにするためには、以下の方法を試してみてください。

  • 財布を必ず同じ場所に置く

財布をいつも同じ場所に置いておけば、忘れにくくなります。例えば、玄関の靴箱の上、リビングのテーブルの上、寝室のベッドの横など、毎日必ず通る場所に置いておくとよいでしょう。

  • 財布を忘れる可能性がある場所にメモを貼る

財布を忘れる可能性がある場所に、財布を忘れないようにというメモを貼っておくとよいでしょう。例えば、玄関のドアノブに、洗面所の鏡に、寝室の枕元などに貼っておくとよいでしょう。

  • 財布を忘れたかどうか、出かける前に必ず確認する

出かける前に、財布を忘れていないか必ず確認しましょう。財布の他に、スマホや鍵なども忘れていないか確認しましょう。

  • 財布を忘れたことに気付いたら、すぐに戻る

財布を忘れたことに気付いたら、すぐに戻るようにしましょう。すぐに戻れば、忘れ物を回収できる可能性が高くなります。

  • 財布を紛失したときは、すぐに警察に届ける

財布を紛失したときは、すぐに警察に届けましょう。警察に届ければ、財布が見つかる可能性が高くなります。

また、財布を忘れないために、以下のような工夫もできます。

  • 財布に忘れ物防止タグをつける

財布に忘れ物防止タグをつけておくと、忘れ物に気付きやすくなります。

  • 財布に音が鳴る機能をつけておく

財布に音が鳴る機能をつけておくと、財布を忘れたときに音で気付きやすくなります。

  • 財布を探せるアプリを使う

財布を探せるアプリを使うと、財布がどこにあるか探しやすくなります。

財布忘れは、誰にでも起こり得ることです。上記の方法を参考にして、財布忘れを防ぐようにしましょう。

本ページはプロモーションが含まれています

財布を家や電車に忘れた スマホやPayPayしかない 現金がないと焦らないように

財布を忘れた時にスマホやPayPayしかない場合、電車代の現金がない場合は、焦ってしまうこともあるでしょう。

そのような事態に備えて、以下のような対策をしておくとよいでしょう。

本ページはプロモーションが含まれています

モバイルsuicaを入れておくと財布忘れた際に電車に多く対応している

モバイルSuicaを入れておくと財布を忘れた際に多くの電車に乗車できます。

モバイルSuicaの利点

  • 財布を持ち歩かなくても電車に乗れる: 財布を忘れた場合でも、スマートフォンがあれば電車に乗車できます。
  • チャージが簡単: スマートフォンから簡単にチャージできます。
  • ポイントが貯まる: Suicaポイントが貯まり、各種特典と交換できます。
  • 各種サービスが利用できる: モバイルSuicaで、Suicaグリーン券や定期券などのサービスを利用できます。

モバイルSuicaが利用できる路線

モバイルSuicaは、JR東日本、東京メトロ、都営地下鉄、京王電鉄、小田急電鉄、東武鉄道、西武鉄道など、多くの路線で利用できます。

利用方法

モバイルSuicaを利用するには、以下の手順が必要です。

  1. スマートフォンにSuicaアプリをインストールする。
  2. Suicaにチャージする。
  3. 駅の改札機でスマートフォンをかざす。

注意事項

  • モバイルSuicaは、iPhoneとAndroidの亜サイフケータイ対応の一部機種でのみ利用できます。
  • モバイルSuicaを利用するには、インターネット接続が必要です。
  • 一部の駅では、モバイルSuicaが利用できない場合があります。

まとめ

モバイルSuicaは、財布を忘れた際に電車に乗車できる便利なサービスです。多くの路線で利用でき、チャージも簡単です。スマートフォンを持っている方は、ぜひモバイルSuicaを導入することをおすすめします。

定期はモバイルsuicaで発行すると財布を忘れても電車に乗れて便利

モバイルSuicaで定期券を発行すると、財布を忘れても電車に乗れるので、とても便利です。

モバイルSuica定期券のメリット

  • 財布を持ち歩かなくても、スマートフォンだけで電車に乗れる。
  • チャージも簡単。
  • 定期券の購入・更新もアプリで簡単にできる。
  • ポイントが貯まる。

モバイルSuica定期券のデメリット

  • スマートフォンを紛失・盗難すると、定期券も使えなくなる。
  • スマートフォンのバッテリーが切れると、定期券も使えなくなる。
  • 一部の機種では利用できない。

モバイルSuica定期券の発行方法

  • モバイルSuicaアプリをダウンロードする。
  • アプリでクレジットカードを登録する。
  • 定期券の種類・区間・利用開始日を選択する。
  • チャージする。
  • アプリで定期券を購入する。

注意事項

  • モバイルSuica定期券は、JR東日本エリアのみで利用可能です。
  • 一部の駅では、モバイルSuica定期券が使えない場合があります。
  • モバイルSuica定期券を利用するには、アプリのバージョンが最新である必要があります。

一部の大人用の定期suicaカードはモバイルsuicaに移行可能

大人用の有効な定期suicaカードはモバイルsuicaに移行する事が可能です。

ただし以下のSuicaカードは移行できません。

  • Suica付ビューカード
  • 特殊な区間・券種のSuica定期券(通勤と通学が混在した2区間定期券、TOICA区間との跨り定期券等)
  • 小児用Suica(小児用Suica定期券を含みます)
  • 障がい者用Suica(定期券を含みます)
  • 多機能Suica(学生証や社員証などと一体化されたカード)
  • りんかいSuica(りんかい線発行)
  • モノレールSuica(東京モノレール発行)
  • 地域連携ICカード

モバイルsuicaに移行可能な場合は移行しておくと財布を忘れた場合にも対処が可能です。

本ページはプロモーションが含まれています

おサイフケータイ非対応でもQRコードでATMで引き出せる銀行を利用しよう

おサイフケータイ非対応のスマホでも、QRコードでATMから現金を引き出せる銀行はいくつかあります。主な銀行と、それぞれのサービス内容、利用方法、注意点などを以下にご紹介します。

主な銀行とそのサービス内容

  • セブン銀行: セブンイレブン店内に設置された「セブン銀行ATM」で、スマホ画面に表示されるQRコードを読み込むことで現金を引き出せます。アプリのインストールは不要です。
  • イオン銀行: イオン銀行ATMで、アプリ「イオン銀行アプリ」からQRコードを発行して現金を引き出せます。
  • ゆうちょ銀行: ゆうちょ銀行ATMで、アプリ「ゆうちょダイレクト」からQRコードを発行して現金を引き出せます。
  • 北海道銀行: 北海道銀行ATMで、アプリ「北洋ほくほくアプリ」からQRコードを発行して現金を引き出せます。
  • 広島銀行: 広島銀行ATMで、アプリ「ひろしま銀行アプリ」からQRコードを発行して現金を引き出せます。

利用方法

  1. 各銀行のアプリをダウンロードして、事前に口座登録を済ませておきます。
  2. ATMで「QRコード取引」を選択します。
  3. スマホアプリでQRコードを発行します。
  4. ATM画面にQRコードを読み込ませます。
  5. 引き出し金額を入力して、暗証番号を入力します。
  6. 現金を受け取ります。

注意点

  • 各銀行のアプリのバージョンによって、操作方法が異なる場合があります。事前にアプリの利用ガイドを確認しておきましょう。
  • 一部のATMでは、QRコード取引に対応していない場合があります。
  • QRコードの発行には、インターネット接続が必要です。
  • 第三者にQRコードを見られたり、盗まれたりしないよう、注意が必要です。

その他

上記以外にも、地方銀行や信用金庫などでも、QRコードによるATM取引を提供している場合があります。詳細は各金融機関のホームページでご確認ください。

まとめ

おサイフケータイ非対応のスマホでも、QRコードを利用すれば、ATMから現金を引き出すことができます。利用方法は銀行によって異なりますが、いずれも比較的簡単です。ぜひ、各銀行のサービス内容や利用方法を確認して、自分に合ったサービスを利用してみてください。

スマホATMに対応したみんなの銀行をインストールしておく

スマホATMに対応したアプリをインストールしておけば、キャッシュカードがなくても、ATMから現金を引き出すことができます。

みんなの銀行に入金しておくと財布忘れた電車代が無い場合にセブン銀行ATMで出金して利用できます。
みんなの銀行はセブン銀行ATMで月3回まで出金手数料無料で利用できます。
また、25歳以下の方は月3回まで振り込み手数料も無料になります。

みんなの銀行のデビッドカードをApple PayやGooglePayに登録するとモバイルSuicaにチャージできるのでセブン銀行ATMに行かずに財布を忘れた際にスマホで電車賃を支払うこともできます。

クイックペイも利用できるのでクイックペイ対応のお店でも利用できるので万が一の時に便利です。

JCBタッチ決済も利用できるので横浜市営バスや京急バスなどでも決済できます。

紹介キャンペーン!口座開設時に紹介コード入力で1,000円プレゼント

また、2023/7/1~2024/1/31に口座開設(デビットカード同時入会)されたお客さまを対象に、MyJCBの登録後キャンペーン、Apple Pay / Google Pay™ もしくは、Amazon.co.jpでの利用でもれなく、最大10,000円(ご利用金額の20%)をキャッシュバックされます! 詳しくはこちら

↓招待コード↓

みんなの銀行アプリのダウンロードはこちら

クレジットカードをスマホに登録

PayPayカードなどSuicaチャージ可能なクレジットカードをスマホに登録することで、万が一財布を忘れた場合でも電車賃に困ることはありません。

クレジットカードのメリット

クレジットカードには、以下のようなメリットがあります。

ポイントが貯まる

クレジットカードで買い物をするたびに、ポイントが貯まります。貯まったポイントは、商品券やギフト券などに交換したり、公共料金の支払いに充当したりできます。

キャッシュバックを受けられる

クレジットカードの中には、利用金額に応じてキャッシュバックを受けられるものがあります。

特典や優待を受けられる

クレジットカードには、旅行傷害保険やショッピング保険などの付帯保険が付帯しているものがあります。また、映画館やレストランなどの優待を受けられるものもあります。

家計管理がしやすい

クレジットカードの利用履歴は、インターネットで簡単に確認できます。そのため、家計管理がしやすいというメリットがあります。

現金を持ち歩かなくてもよい

クレジットカードがあれば、現金を持ち歩かなくても買い物ができます。

** contactless 決済**

多くのクレジットカードは、タッチ決済に対応しています。タッチ決済を使えば、財布からカードを出す必要がなく、スムーズに支払いができます。

支払い方法を後から選べる

クレジットカードの支払い方法は、リボ払い、分割払い、ボーナス払いなど、後から選ぶことができます。

クレジットヒストリーを作ることができる

クレジットカードを利用することで、クレジットヒストリーを作ることができます。クレジットヒストリーは、ローンやクレジットカードの審査に影響します。

海外旅行で便利

クレジットカードは、海外旅行でも便利です。海外旅行では、現金を持ち歩くよりも安全です。また、現地通貨への両替手数料が不要になるなど、メリットがあります。

クレジットカードの審査

クレジットカードは財布忘れた際もスマホに登録しておくと安心ですが、審査が厳しいのがデメリットです。審査は、カード会社が利用者に対して貸し出すリスクを判断するために実施されます。審査基準はカード会社によって異なりますが、一般的には以下の要素が考慮されます。

1. 年齢

多くのカード会社は、18歳以上であれば申し込みを受け付けます。ただし、学生の場合は、アルバイトやパートの収入があることが条件となる場合があります。

2. 収入

安定した収入があることが、審査に通るための重要な条件となります。会社員の場合は、勤続年数や年収が考慮されます。自営業者やフリーランスの場合は、所得証明書の提出が必要になる場合があります。

3. 現在の借入状況

他のクレジットカードやローンなどの借入状況が考慮されます。過去に延滞や債務整理がある場合は、審査に通らない可能性が高くなります。

4. 信用情報

過去にクレジットカードの支払いを延滞したり、債務整理をしたりしたことがある場合、信用情報に傷がつき、審査に通らない可能性が高くなります。

5. 本人確認書類

運転免許証やパスポートなどの本人確認書類が必要です。

6. 住民票

住民票の提出が必要になる場合があります。

7. 勤務先確認

会社員の場合は、勤務先への確認が行われる場合があります。

8. その他

カード会社によっては、上記の要素以外にも、年齢や性別、家族構成、持ち家・賃貸などの情報を考慮する場合があります。

審査に通るためのポイント

  • 安定した収入があることを証明できる書類を準備する
  • 過去の借入状況は良好である
  • 信用情報に傷がない
  • 本人確認書類や住民票などの必要書類を準備する
  • 虚偽の申告はしない

審査結果

審査結果は、申し込み後数週間で通知されます。審査に通った場合は、カードが郵送されます。審査に通らなかった場合は、その理由が通知されます。

審査落ちた場合

審査落ちた場合は、すぐに別のカード会社に申し込みをするのではなく、審査落ちた理由を分析し、改善してから再度申し込みをすることをおすすめします。

まとめ

クレジットカードの審査は、カード会社が利用者に対して貸し出すリスクを判断するために実施されます。審査に通るためには、安定した収入があること、過去の借入状況が良好であること、信用情報に傷がないことなどが重要です。審査落ちた場合は、すぐに別のカード会社に申し込みをするのではなく、審査落ちた理由を分析し、改善してから再度申し込みをすることをおすすめします。

本ページはプロモーションが含まれています

まとめ

財布を忘れた際スマホやPayPayしかない状況で電車賃や現金が払えない場合は色んな解決方法がありますが、PayPayカードやみんなの銀行もスマホにインストールして現金を引き出せるようにしたり、SuicaやVisaタッチの決済も入れておくと安心です。

タイトルとURLをコピーしました