本ページはプロモーションが含まれています

メルカードはやばい?メリットとデメリット 他のクレジットカードとの違いを調査しました

メルカードで検索するとやばいと言うキーワードがあります。
どうやばいのかメリット・デメリットを調査してみました。

本ページはプロモーションが含まれています

メルカードのやばいメリット

バーチャルカードやiDですぐに利用可能

メルカードは審査完了後お届けまでに4日〜7日程度かかりますが、バーチャルカードやiD決済も利用できるので通販だけではなく大手チェーン店で還元を受けることができます。
すぐに利用できるクレジットカードは少しずつ出てきていますが、まだまだ少ないので急いでいる場合はメルカードがやばいほど便利です。

メルカリは最大4%還元

メルカリで売る・買う・支払うで還元率がUPします。
最大4%で毎月8日のキャンペーンも利用すると最大12%の還元になります。
節約のためにメルカリで中古品などを良く購入するので還元率が高いメルカードがやばいお得なメリットです。

毎月8日に最大8%還元キャンペーン

メルカードをお持ちのお客さまがキャンペーンにエントリーし、毎月8日に「メルカード」またはメルペイのあと払いを利用すると、通常の1%還元に加え、決済対象金額の最大8%相当分(還元上限300ポイント)還元されます。
3,750円までの買い物が還元対象になります。

以下のお支払いはポイント還元対象外になります。
  • 交通系を含む電子マネーへのチャージ (Suica, PASMOなど)
  • プリペイドカード類へのチャージ(au WALLETプリペイドカード,nanaco,WAONなど)
  • 決済サービスへのチャージやお支払いでのご利用(auPAY, kyash,FamiPayなど)
  • ギフトカード類のオンライン購入(JCB onlineなど)

※上記に限らず対象外としたお店や一部商品はポイント還元対象外となる場合がございます
※オフライン加盟店等、利用データ遅延の場合は還元対象外となる場合があります

売り上げから使うと引き出し手数料

メルカリで出品販売後の売上金を銀行振り込みする場合は200円の高額な手数料が発生するのでできればメルペイで利用したほうが損をしません。
しかしメルカードを発行していない場合は利用してもポイントが還元されません。

メルカリを利用している場合は審査が優遇

普段からメルカリを利用している方は審査が優遇されます。
他のクレジットカードが発行できない方は、メルカリを利用してメルカードを発行しクレジットカードの利用履歴を作ると他のクレジットカード発行時にも有利になるのでメルカードがやばいと言われます。

スマホにお知らせがあるので安心

利用した際にスマホアプリにお知らせがあるので安心です。
クレジットカードの中には通知がないものも多いのでうれしい機能です。
アプリでカードを停止する事もできます。

普通郵便で届くので楽

クレジットカードは「本人限定受取郵便」もしくは「簡易書留」などで届くことが多く本人や家族がいないと受け取りができないのですが、普通郵便で届くので不在が多い場合でも受け取る事ができます。
セキュリティで不安に感じる方もいるかもしれませんが、カードだけ所持していてもアプリで承認しないと利用できないので安心です。

本ページはプロモーションが含まれています

メルカードのデメリット

20歳未満は申し込みできない

基本的には20歳未満は申し込みできませんが、公式に「※ 18歳、19歳の一部のお客さまはお申し込みいただける場合がございます(高校生を除く)」との記載があります。
そのため、18歳、19歳でも高校生でなければ申し込みが可能です。

利用していないと上限が少ない

メルカリでは毎月1日にAI審査などで上限限度額が決定します。
通常のクレジットカードは勤務先の変更時などでしか限度額が下がることはまずありませんが、メルカリやメルペイ、メルカードは利用していないとやばい位上限限度額がどんどん下がっていくので注意が必要です。

滞納すると限度額が少なくなる

通常のクレジットカードの場合は引き落としできない場合は利用停止になる事はありますが、数日以内に支払うと基本的には復活します。
しかしメルカードの場合は期限が過ぎてすぐに支払ったとしても上限限度額が0円~100円になりほぼ使えなくなる方がほとんどで、メルカードはやばいと言われているデメリットなので注意が必要です。

家族カード/ETCカードがない

メルカードがやばいと言われるのに家族カードやETCカードの発行ができないのも理由の一つです。利用を考えている場合は他のクレジットカードも検討する必要があります。

ただし楽天カードの場合ETCカードを発行できますが、ゴールドやプレミアムカード以外は年会費が550円(税込み)発生します。
他のクレジットカードでも年会費がかかる事が多いので注意が必要です。

ETCカードに年会費をかけたくない場合ははJCB CARD W・リクルートカードがおすすめです。

海外旅行保険が付帯しない

メルカードは海外旅行保険が付帯しません。
他のクレジットカードでも付帯しないクレジットカードが多いので、海外旅行に行く場合は楽天カードなどの付帯しているクレジットカードも発行すると良いでしょう。

手数料無料の2回分割払いとボーナス払いがない

基本的にクレジットカードは手数料無料の2回分割払いとボーナス払いが利用できるのですが、メルカードは他のクレジットカードと違い手数料が発生するのがメルカードがやばい理由でデメリットになります。
定額払いのみ利用可能です。

Enekeyに登録できない

普段ENEOSに行く方はEnekeyを作るとクレジットカードやポイントカードを出さなくてもよいので便利ですが、残念ながらメルカードは登録できません。
楽天カードは登録できるので楽天カードを登録しています。

あと払い利用枠が残っているのに「取引エラー」

あと払い利用枠が残っているのに支払い時に「取引エラー」で利用で利用できない事がありました。
機種変更などで新しいログインをした際にセキュリティの「あんしん支払い設定」で「1日あたりの支払い上限額」と「1ヵ月あたりの支払い上限額」が自動で¥0になるのが原因です。

エラーが出て使えない場合はメルカリアプリの支払い設定の下にある「あんしん支払い設定」を確認してみましょう。

本ページはプロモーションが含まれています

メルカードがおすすめな人

メルカードはメルカリをたくさん利用する方、クレジットカードの審査に自信がない方、すぐに後払いを利用したい方にメルカードはやばいメリットのあるおすすめのクレジットカードです。
特にメルカリを利用する方に入会キャンペーンはやばいと思いました。
私はメルカリを結構使うのですぐに発行しました。

本ページはプロモーションが含まれています

メルカードの作り方はアプリからのみ可能

メルカードは店舗で申込書などが無く、アプリからのみ発行が可能です。

本ページはプロモーションが含まれています

メルカードで少しでも滞納するとヤバイ

メルカードは他のクレジットカードと違い少しでも滞納すると限度額が低くなり利用できなくなります。
少しでも滞納してしまい限度額が低くなった場合は他のクレジットカードを検討しましょう。

楽天カード

メルカードと同じ位やばい楽天カードは、楽天グループが発行するクレジットカードです。年会費は永年無料で、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天グループのサービスを利用する際に、ポイントが貯まります。また、楽天Edyや楽天Payなどの電子マネーにも対応しています。

楽天カードのメリットは、以下のとおりです。

  • 年会費が永年無料
  • ポイントが貯まりやすい
  • 電子マネーに対応
  • 付帯保険が充実

楽天カードの年会費は永年無料です。そのため、入会や年会費の負担を気にすることなく利用することができます。

楽天カードは、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天グループのサービスを利用する際に、ポイントが多く貯まります。

楽天カードは、楽天Edyや楽天Payなどの電子マネーにも対応しています。そのため、コンビニやスーパーなどの電子マネー対応店舗で、現金やクレジットカードと同じように利用することができます。

楽天カードは、旅行傷害保険やショッピング保険などの付帯保険が充実しています。旅行や買い物で安心して利用することができます。

楽天カードは、以下の人におすすめです。

  • 楽天グループのサービスを利用する人
  • ポイントを貯めたい人
  • 電子マネーを使いたい人
  • 付帯保険が充実したクレジットカードを探している人

楽天カードは、年会費が永年無料、ポイントが貯まりやすい、電子マネーに対応、付帯保険が充実などのメリットがある、おすすめのクレジットカードです。

以下に、楽天カードの詳細情報をまとめました。

名称:楽天カード 発行元:楽天カード株式会社 年会費:永年無料 ポイント:楽天市場や楽天トラベルなどの楽天グループのサービス利用で貯まる。 電子マネー:楽天Edy、楽天Payに対応 付帯保険:旅行傷害保険、ショッピング保険など

楽天カードの申し込みは、楽天カードの公式サイトから行うことができます。申し込みは、インターネットから簡単に行うことができます。
メルカードと同じ位やばい楽天カードも検討してみて自分に合ったクレジットカードを選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました