本ページはプロモーションが含まれています

カードの後払いアプリは審査なしで利用できる?

本ページはプロモーションが含まれています

アプリでカードは審査なしで後払いできる?

カードとアプリ自体は審査なしで利用できますが、後払いは少なからず審査があります。
ただし、簡単な審査なので気軽に利用する事が可能ですが、その分初回限度額が低い傾向にあります。

メルペイスマート払い(翌月払い)

ほぼ審査なしでクレジットカードとして後払いアプリをしたい場合はメルペイスマート払い(翌月払い)がおすすめです。

メルペイスマート払いのバーチャルカードでほぼ審査なしで後払いが通販で利用可能です。
毎月メルカリなど利用していると審査に有利になり限度額が増えやすくなります。
私の場合は2か月後に限度額が6万円になりゲーム機などの高額な後払いも可能になりました。
支払いは翌月末までです。
チャージして残高で清算する場合は手数料が無料になります。

招待キャンペーン
メルカリ招待コード入力し会員登録で500円分のポイントがもらえます

招待で受け取ったポイントはメルカリ以外にも街でID決済でのお支払いやメルペイスマート払いの返済にも使用可能です。

↓招待コード↓

Mercari, Inc.無料posted withアプリーチ

みんなの銀行

5万円以下の高額な後払いを無期限返済でしたい場合は、審査なしではありませんが後払いアプリでクレジットカードとしても利用できるみんなの銀行もおすすめです。

Cover(カバー)は最大5万円まで返済期限無期限で後払いできるサービスです。
デビットカードのバーチャルカードにて通販でゲーム機やソフトが審査通過後は後払い可能です。

みんなの銀行Cover(カバー)over(カバー)はプレミアムサービス(月額600円※6ヶ月間無料)に加入している場合利用できます。

みんなの銀行のCover(カバー)は収入の入力はありますが、在籍確認なしなのでクレジットカードよりも審査が少し簡単になります。
利用したい金額が5万円以下の場合はこちらも検討してみてはいかがでしょうか。

紹介キャンペーン!口座開設時に紹介コード入力で1,000円プレゼント

また、2023/7/1~2024/1/31に口座開設(デビットカード同時入会)されたお客さまを対象に、MyJCBの登録後キャンペーン、Apple Pay / Google Pay™ もしくは、Amazon.co.jpでの利用でもれなく、最大10,000円(ご利用金額の20%)をキャッシュバックされます! 詳しくはこちら

↓招待コード↓

みんなの銀行アプリのダウンロードはこちら

Kyashのイマすぐ入金

Kyashのイマすぐ入金は、ほぼ審査なしの後払いアプリでクレジットカードとして決済できるサービスです。
初回は3000円~5000円の後払いが可能です。
手数料が発生するのでどうしても必要な場合に利用したほうが良いと思います。

申し込み金額手数料
3,000〜10,000円500円
11,000〜20,000円800円
21,000〜30,000円1,150円
31,000〜40,000円1,500円
41,000〜50,000円1,800円

クレジットカードが対応している通販はもちろん、Apple PayやGoogle PayにKyashのバーチャルカードを登録するとクイックペイで支払うこともできるのでクイックペイに対応しているドンキホーテやイオンなどのスーパー、ドラッグストアの通販以外でも食品の後払いがほぼ審査なしで可能です。
ほぼ審査なしでクイックペイの後払いができる数少ないサービスです。

Kyash招待キャンペーン
会員登録後に累計5,000円以上の銀行口座から入金をしたタイミングで900円分のポイントがもらえます。
招待ページにて電話番号登録を完了後、1週間以内に会員登録を完了しなかった場合は対象外になるので注意が必要です。
kyash招待ページ

バンドルカードのポチッとチャージ

バンドルカードのポチッとチャージは、バンドルカードにチャージする方法の1つです。アプリから金額を入力すると即座にチャージされ、国内外のVisa加盟店の通販でのお買い物にすぐに使えるサービスです。
suicaにチャージできるのでsuicaに対応しているお店でも利用可能です。
NFC対応のandroidスマホのGoogle Pay限定ですが、VISAタッチ決済に対応しているドンキホーテ、スーパー、ドラッグストアでも利用できます。
こちらも簡単に申し込みができるので、ほぼ審査なしの後払いアプリでクレジットカードとして利用できるおすすめの決済です。

初回は3000円~5000円の後払いが可能で利用するごとに限度額が増えていきやすくなります。

申込み金額手数料
3,000円 〜 10,000円510円
11,000円 〜 20,000円815円
21,000円 ~ 30,000円1,170円
31,000円 ~ 40,000円1,525円
41,000円 ~ 50,000円1,830円
招待キャンペーン
招待コード入力しチャージすると200円もらえます。
招待コード
fs25tf
バンドルカード:Visaチャージ式カード、Visaカード

バンドルカード:Visaチャージ式カード、Visaカード

Kanmu, Inc.無料posted withアプリーチ

滞納すると利用できなくなる

同居している家族を含めて過去に少しでも滞納した事がある場合は審査通過が難しくなり、ほぼ審査なしの後払いアプリのカードが利用できない原因になります。

後払いの会社では滞納などの情報を共有している会社もあるので、滞納すると情報共有している会社から後払いするのは難しくなりいつまでも審査に落ちます。

日本後払い決済サービス協会加盟会社
加盟している会社加盟会社を利用している後払い
AGミライバライアイフル・キャッシュ・B/43・ウルトラペイ
株式会社キャッチボール後払い.com
GMOペイメントサービス株式会社GMO後払い
株式会社SCOREニッセン後払い
株式会社セブン銀行バンドルカード
株式会社ネットプロテクションズNP後払い(楽天市場・Yahoo!ショッピング含む)
ヤマト運輸株式会社クロネコ後払い
本ページはプロモーションが含まれています

ゲーム機など高額な食品の後払いをしたい場合はクレジットカード

ゲーム機など高額な後払いをしたい場合は、クレジットカードがおすすめです。

ほぼ審査なしでクレジットカードの後払いアプリ決済の利用限度額は、5万円程度ですが信用がない初回は1万円以下が審査落ちしない目安です。一方、クレジットカードの利用限度額は、30万円~とはるかに高額です。そのため、高額な買い物をしたい場合は、クレジットカードを利用することで、後払いでの支払いが可能です。
最短5分で発行できるクレジットカードもあります。

また、クレジットカードには、ポイントやマイルが貯まるなどのメリットがあります。そのため、買い物をするだけでなく、ポイントやマイルを貯めたい場合にも、クレジットカードがおすすめです。

ただし、クレジットカードには、年会費や手数料がかかる場合があります。そのため、利用するクレジットカードを選ぶ際には、年会費や手数料を事前に確認しておくことが大切です。

以下に、クレジットカードのメリットと注意点をまとめました。

メリット

  • 高額な後払いが可能
  • ポイントやマイルが貯まる
  • 分割払いやリボ払いで支払い負担を軽減できる

注意点

  • 年会費や手数料がかかることがある
  • 未払いがあると、信用情報機関に延滞情報が登録される可能性がある

クレジットカードを利用する場合、上記のメリットと注意点を理解した上で、利用するようにしましょう。

本ページはプロモーションが含まれています

アプリ対応のクレジットカードも初めの審査通過後は審査なしで後払いできる

基本的にはアプリ対応のクレジットカードも初めの審査通過後は審査なしで後払いできます。

クレジットカードは、申し込み時に審査が行われます。この審査では、以下の項目が審査されます。

  • 年齢
  • 勤務先
  • 年収
  • 他社からの借入状況
  • 信用情報

これらの項目を総合的に判断して、審査が行われます。

クレジットカードの審査の最低条件


初めの審査通過後は通販などで審査なし後払いできるアプリ対応クレジットカードの審査の最低条件は、カード会社によって異なりますが、一般的には以下のとおりです。

18歳以上

2022年4月1日以降、成人年齢が20歳から18歳に引き下げられたことに伴い、クレジットカードの審査の最低年齢も18歳に引き下げられました。

そのため、18歳以上であれば、クレジットカードの申し込みが可能になりました。

ただし、18歳以上であっても、クレジットカードの審査に通過できるかどうかは、以下の条件によって異なります。

安定した収入

発行後審査なし後払いできるアプリ対応クレジットカードの審査では、安定した収入があるかどうかが重要なポイントとなります。

安定した収入とは、毎月一定の収入があることを指します。

クレジットカード会社は、利用者がクレジットカードで発生した代金をきちんと返済できるかどうかを判断するために、安定した収入があることを重視しています。

なお、アルバイトやパートでも、安定した収入があれば、クレジットカードの審査に通過する可能性があります。

ただし、アルバイトやパートの場合は、勤続年数や勤務先の規模なども審査の対象となるため、注意が必要です。

勤続年数

発行後審査なし後払いできるアプリ対応クレジットカードの審査では、勤続年数も重要なポイントとなります。

勤続年数とは、現在の勤務先に勤めている期間を指します。

クレジットカード会社は、利用者がクレジットカードで発生した代金をきちんと返済できるかどうかを判断するために、勤続年数を重視しています。

勤続年数が長いほど、安定した収入を得ていることを示すことができるため、審査に通過する可能性が高くなります。

一般的に、勤続年数が3年以上あると、クレジットカードの審査に通過する可能性が高くなります。

ただし、勤続年数が3年未満でも、安定した収入があれば、クレジットカードの審査に通過する可能性があります。

また、クレジットカード会社によっては、以下のような勤続年数を設定している場合があります。

  • 勤続年数1年以上
  • 勤続年数2年以上
  • 勤続年数3年以上

これらの条件を満たしていなくても、審査に通る場合があります。

ただし、条件を満たしていない場合、審査に通過する可能性が低くなるため、注意が必要です。

クレジットカードの審査に通過するためには、勤続年数を重視されることを理解し、勤続年数が短い場合は、安定した収入があることを証明できるようにしておきましょう。

なお、転職直後は、勤続年数が短いため、クレジットカードの審査に通りにくい傾向があります。

転職直後は、クレジットカードの申し込みを控えるか、審査に通る可能性の高いクレジットカードを申し込むようにしましょう。

信用情報に問題がない

クレジットカードの審査では、信用情報に問題がないかどうかも重要なポイントとなります。

信用情報とは、個人の借入や返済状況などの情報が記録されたものです。

クレジットカード会社は、利用者がクレジットカードで発生した代金をきちんと返済できるかどうかを判断するために、信用情報を重視しています。

信用情報に問題があると、クレジットカードの審査に通過する可能性が低くなります。

信用情報に問題とは、以下のようなものが考えられます。

  • 延滞や滞納
  • 債務整理
  • 自己破産

これらの問題があると、クレジットカード会社は、利用者がクレジットカードで発生した代金をきちんと返済できないと判断する可能性があります。

そのため、クレジットカードの審査に通過するためには、信用情報に問題がないことを確認しておきましょう。

信用情報に問題がないかを確認するには、信用情報機関に開示請求を行います。

信用情報機関は、以下の3社です。

  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

開示請求の手続きは、各信用情報機関のホームページから行うことができます。

開示請求は、有料(1,000円~1,600円)となります。

信用情報に問題がないかを確認したら、問題がある場合は、問題を解決してからクレジットカードの申し込みをするようにしましょう。

居住形態

NP後払いと同様にクレジットカード審査では、居住形態も重要な審査項目のひとつです。一般的には、持ち家の方が賃貸よりも有利とされています。

その理由は、持ち家の場合、夜逃げのリスクが低いと考えられるからです。また、持ち家の場合は、不動産という資産があるため、返済能力があると判断される傾向があります。

具体的には、以下の順に評価が高くなります。

  • 持ち家
  • 社宅
  • 賃貸マンション
  • アパート

また、居住年数も審査に影響することがあります。居住年数が長いほど、安定した生活を送っていると判断され、審査に有利に働く傾向があります。

ただし、居住形態や居住年数だけで審査が決まるわけではありません。収入や勤続年数、職業、過去の信用情報など、さまざまな要素を総合的に判断して審査が行われます。

そのため、持ち家や社宅に住んでいても、収入が低い、勤続年数が短い、職業が不安定、過去にクレジットカードやローンの延滞や滞納の経験があるなどの場合は、審査に通りにくくなる可能性があります。

また、引っ越し直後の場合は、居住年数が短いため、審査に通りにくくなる可能性があります。引っ越し予定がある場合は、引っ越し前に申し込むのがおすすめです。

これらの条件を満たしていれば、審査に通る可能性が高くなります。

クレジットカード発行後は審査なしで後払いできます。

本ページはプロモーションが含まれています

将来ローンを利用する可能性がある方はクレヒスが必要

将来ローンを利用する可能性がある方は、通販でほぼ審査なし後払いできるコンビニ後払いなどではなく、発行後に審査なし後払いできるアプリ対応クレジットカードなどのクレヒス(クレジットヒストリー)を良好にしておくことが大切です。

クレヒスとは、クレジットカードやローンの利用履歴のことです。クレジットカードやローンの利用状況は、信用情報機関に記録され、その情報が金融機関の審査に利用されます。

ローンの審査では、申込者の返済能力や信用力が重視されます。クレヒスが良いということは、これまでに借金を滞納したことがなく、きちんと返済をしてきたという証明になります。そのため、クレヒスが良い人は、ローン審査に通りやすい傾向があります。

具体的には、以下の点がクレヒスの評価に影響します。

  • 借入件数
  • 借入金額
  • 返済実績(返済金額・返済回数・延滞の有無)
  • 利用期間

クレヒスの評価は、金融機関によって異なります。しかし、一般的には、借入件数や借入金額が少なく、返済実績が良好で、利用期間が長いほど、良い評価を受けやすいと考えられます。

また、クレヒスは、自動車ローン・住宅ローンの審査にも影響します。そのため、将来、ローンを利用したい方は、早めにクレヒスを良好にしておくことがおすすめです。

クレヒスを良好にするには、クレジットカードやローンを正しく利用することが大切です。クレジットカードやローンを利用する際は、以下の点に注意しましょう。

  • 無理のない範囲で利用すること
  • 毎月の返済をきちんとすること
  • 延滞を起こさないこと

また、クレヒスを確認することも大切です。クレヒスは、信用情報機関に開示請求することで確認することができます。クレヒスを確認することで、自分の信用状況を把握し、改善点を見つけることができます。

30歳以上でクレヒスがない場合は過去に債務整理を疑われる

30歳以上でクレヒスがない場合は、過去に債務整理を疑われる可能性があります。

債務整理とは、借金の返済が困難になった場合に、借金の金額を減額したり、返済期間を延長したりする手続きのことです。債務整理をすると、信用情報機関に情報が登録されます。この情報は、5年間掲載されます。

30歳以上でクレヒスがないということは、これまでにクレジットカードやローンを利用したことがないことを意味します。また、債務整理をした場合、5年間はクレヒスに傷がつきその後は削除され利用歴が無くなります。そのため、30歳以上でクレヒスがない場合は、過去に債務整理をした可能性があると判断されることがあります。

ただし、30歳以上でクレヒスがない理由は、必ずしも債務整理だけではありません。例えば、専業主婦など、クレジットカードやローンの利用を必要としなかったなどの理由もあります。

そのため、30歳以上でクレヒスがない場合は、必ずしも過去に債務整理をしたとは限りません。しかし、審査の際には、過去に債務整理をしたかどうかを疑われる可能性は高くなります。
発行後に審査なし後払いできるアプリ対応クレジットカードを早めに利用する事で、疑われることも少なくなります。

本ページはプロモーションが含まれています

ほぼ審査なしで後払いできるアプリカード決済のメリット

NP後払いなどは通販でほぼ審査なし後払いできるアプリカード決済サービスです。後払い決済サービスとは、商品を受け取った後に代金を支払うことができるサービスです。

これらのサービスのメリットは、以下のとおりです。

  • クレジットカードを持っていなくても利用できる

クレジットカードを持っていなくても、後払い決済サービスを利用することができます。そのため、クレジットカードを持てない人でも、後払いでの買い物を楽しむことができます。

  • 商品を受け取ってから支払える

商品を受け取ってから支払うことができるため、今月の収入で支払うことが難しい場合でも、買い物をすることができます。

  • 審査が簡単

審査が簡単なため、審査に落ちるリスクが低いです。

これらのメリットから、後払い決済サービスは、クレジットカードを持っていない人や、今月の収入で支払うことが難しい人などにおすすめです。

ただし、後払い決済サービスには、以下の注意点もあります。

  • 手数料が発生する

手数料が発生するのでお得さは半減します。

  • 支払い期日を守らないと、延滞金が発生する

支払い期日を守らないと、延滞金が発生する場合があります。そのため、支払い期日を守るように注意しましょう。

本ページはプロモーションが含まれています

滞納しないようにするためには

NP後払い・メルペイスマート払いで1日でも滞納をすると、いつまでも通販でほぼ審査なしでアプリカードの後払いが利用できなくなる可能性があります。滞納しないようにするためには、以下のことに注意しましょう。

  • 収支を把握する

収支を把握することで、毎月の収入と支出のバランスを把握することができます。収入と支出のバランスが取れていないと、支払いが滞ってしまう可能性があります。

収支を把握するには、家計簿をつけたり、家計簿アプリを利用したりするとよいでしょう。

  • 無理のない買い物をする

自分の収入や支出の状況に合わせて、無理のない買い物をするようにしましょう。高額な買い物をしたい場合は、分割払いやリボ払いを利用することで、支払い負担を軽減することができます。

  • 支払い期日を守る

支払い期日を守ることで、信用情報機関に延滞情報が登録されるリスクを軽減することができます。

支払い期日を忘れないように、カレンダーやスマホのスケジュール機能に登録しておくとよいでしょう。

  • 緊急時の備えをする

急な出費が発生した場合に備えて、緊急時の備えをしておきましょう。貯金やクレジットカードの利用限度額を増やすなど、支払いに対応できるだけの資金を確保しておくことが大切です。

滞納しないようにするためには、日頃から意識することが大切です。上記のことに注意して、滞納を防止しましょう。

具体的なtodoリストとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 毎月1回、収支を把握する
  • 買い物の前に、収支状況を確認する
  • 支払い期日をカレンダーやスマホのスケジュール機能に登録する
  • 緊急時の備えとして、貯金やクレジットカードの利用限度額を増やす

また、滞納してしまった場合の対処法も知っておくと安心です。滞納してしまった場合は、すぐに支払いを行うようにしましょう。また、遅延損害金が発生する場合もあるため、支払い期日を過ぎた場合は、遅延損害金も合わせて支払う必要があります。

審査なしでアプリ対応クレジットカードの後払いで滞納をしてしまった場合は、信用情報機関に延滞情報が登録される可能性があります。延滞情報が登録されると、クレジットカードやローンの審査に通りにくくなるなどの影響が出る可能性があります。

タイトルとURLをコピーしました