本ページはプロモーションが含まれています

paypay後払いは審査で在籍確認なし?

本ページはプロモーションが含まれています

paypay後払いは審査で在籍確認なし?

PayPay後払いの審査では、原則として在籍確認は行われません。

PayPay後払いは、PayPayが提供する後払いサービスです。PayPayのアプリから申し込みを行うことができ、最短翌日に利用可能になります。

在籍確認は原則として行われません。ただし、過去にクレジットカードやローンの利用履歴が無い場合は、在籍確認が行われる可能性があります。

利用実績が無い場合は返済の実績がなく信用が無いので架空の勤務先ではないかの在籍確認がある可能性が高くなります。

本ページはプロモーションが含まれています

paypay後払い以外も審査で在籍確認なしのクレジットカードはない

paypay後払い以外も審査で在籍確認なしのクレジットカードは残念ながらありません。
利用実績が無い場合は在籍確認があると思った方が良いでしょう。

本ページはプロモーションが含まれています

クレジットカード以外のほぼ審査なしの後払いなら在籍確認がない

メルペイスマート払いの翌月払いなどクレジットカード以外のほぼ審査なしの後払いなら在籍確認がありません。
メルペイスマート払いの翌月払いのバーチャルカードで後払いで購入可能です。
iD決済も対応しているので、iD決済に対応しているお店でも後払いができます。

初回は5000円~1万円程度の後払いが可能です。
毎月メルカリなど利用していると審査に有利になり限度額が増えやすくなります。
支払いは翌月末までです。
チャージして残高で清算する場合は手数料が無料になります。

招待キャンペーン
メルカリ招待コード入力し会員登録で500円分のポイントがもらえます

招待で受け取ったポイントはメルカリ以外にも街でID決済でのお支払いやメルペイスマート払いの返済にも使用可能です。

↓招待コード↓

Mercari, Inc.無料posted withアプリーチ

本ページはプロモーションが含まれています

paypay後払いの審査の在籍確認の内容

在籍確認は基本的に名前・生年月日・住所・勤続年数などの確認があります。休みなどで不在でも職場に在籍している事が確認できれば問題ありません。

派遣社員の場合は派遣元を勤務先情報に記載しましょう。
派遣先を記載した場合は在籍確認ができずに審査落ちの原因になる可能性があります。

職場自体が休みの場合は休み明けに在籍確認がある

職場自体が休みの場合は、在籍確認の電話は休み明けに行われるのが一般的です。

本ページはプロモーションが含まれています

paypay後払いの審査で在籍確認をしたくない場合は別の在籍確認なしの後払いで実績を作る必要がある

PayPay後払いの審査で在籍確認をしたくない場合は、別の在籍確認なしの分割払いなどの後払いで実績を作る必要があります。

PayPay後払いの審査で在籍確認をしたくない場合は、別の信用情報を利用する在籍確認のない後払いやローンで実績を作ることをおすすめします。

申し込み時に本人確認書類の提出は必要ですが、在籍確認は行われません。そのため、PayPay後払いの審査で在籍確認をしたくない場合は、これらのサービスを長期間利用し、実績を積むことで、PayPay後払いの審査で在籍確認する可能性が低くなります。

みんなの銀行ローン

みんなの銀行のローンは勤務先への在籍確認はありませんと記載があります。

紹介キャンペーン!口座開設時に紹介コード入力で1,000円プレゼント

また、2023/7/1~2024/1/31に口座開設(デビットカード同時入会)されたお客さまを対象に、MyJCBの登録後キャンペーン、Apple Pay / Google Pay™ もしくは、Amazon.co.jpでの利用でもれなく、最大10,000円(ご利用金額の20%)をキャッシュバックされます! 詳しくはこちら

↓招待コード↓

みんなの銀行アプリのダウンロードはこちら

本ページはプロモーションが含まれています

在籍確認は気にしなくても良い

paypay後払いの審査で在籍確認がある可能性がありますが、在籍確認なしを気にする必要はないと思います。
クレジットカードやローンなど利用者が年々増えているので在籍確認があるのは日常茶飯事です。
そのため在籍確認があるかもしれないと気にする必要はありません。

本ページはプロモーションが含まれています

paypay後払いの審査で在籍確認をする理由

PayPay後払いの審査で在籍確認をする理由は、以下のとおりです。

  • 申込者の勤務先と勤続年数を確認するため

PayPay後払いは、後払い決済サービスです。そのため、申込者がきちんと働いて収入を得ているかどうかを判断する必要があります。在籍確認を行うことで、申込者が実際に勤務しているかどうか、勤続年数はどのくらいあるかを確認することができます。

  • 申込者の返済能力を確認するため

PayPay後払いは、支払い期限が14日以内と短いため、申込者に十分な返済能力があるかどうかを判断する必要があります。在籍確認を行うことで、申込者の勤務先と勤続年数から、申込者の収入を推測することができます。

  • 申込者の信用力を判断するため

PayPay後払いは、信用情報に基づいて審査が行われます。在籍確認を行うことで、申込者の信用情報が良好かどうかを確認することができます。

在籍確認は、PayPay後払いの審査において、重要な判断材料となります。在籍確認が行われる可能性があることを理解し、事前に準備しておきましょう。

在籍確認に備えて、以下の点に注意しましょう。

  • 勤務先の電話番号を正しく入力する
  • 勤務先に在籍確認の連絡が来ることを伝えておく

勤務先の電話番号を正しく入力することで、在籍確認がスムーズに行われ、審査に通過しやすくなります。勤務先に在籍確認の連絡が来ることを伝えておくことで、在籍確認の電話に応答してもらいやすくなります。

在籍確認で、申込者が実際に勤務していることが確認できれば、審査に通過する可能性は高くなります。

本ページはプロモーションが含まれています

paypay後払いの審査で在籍確認以外の注意点

PayPay後払いの審査で在籍確認以外の注意点は、以下のとおりです。

本人確認書類の提出

PayPay後払いの審査では、本人確認書類の提出が必要です。本人確認書類は、運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなどのいずれかです。

申し込み内容の虚偽

申し込み内容に虚偽があった場合、審査に落ちるだけでなく、利用停止や強制退会となる場合があります。

雇用形態

PayPay後払いの審査では、雇用形態も審査項目の一つとなります。一般的に、正社員よりもアルバイトや派遣社員の方が、審査に通りにくい傾向があります。

雇用形態は、支払い能力を判断する基準の一つとなります。正社員の方が、アルバイトや派遣社員よりも、安定した収入があることを証明できます。

また、正社員の方が、アルバイトや派遣社員よりも、転職するリスクが低いと考えられるため、返済能力が低下するリスクも低くなります。

そのため、PayPay後払いの審査では、正社員の方が、審査に通過する可能性が高くなります。

ただし、雇用形態だけで審査が決まるわけではありません。他の審査項目も考慮されます。

アルバイトや派遣社員でも、収入証明書の提出や、アルバイトや副業を始めるなどして、支払い能力を証明することで、審査に通過できる可能性があります。

勤続年数

PayPay後払いの審査では、勤続年数は重要な審査項目の一つです。勤続年数が長いほど、返済能力があることを証明できるため、審査に有利となります。

勤続年数は、支払い能力を判断する基準の一つとなります。勤続年数が長いほど、給与や役職が高くなる傾向があり、安定した収入があることを証明できます。

また、勤続年数が長いほど、転職するリスクが低いと考えられるため、返済能力が低下するリスクも低くなります。

そのため、PayPay後払いの審査では、勤続年数が長いほど、審査に通過する可能性が高くなります。

住居

PayPay後払いの審査では、住居は審査項目の一つとなります。一般的に、固定の住居があることは、安定した生活を送っていることを証明できるため、審査に有利となります。

住居は、支払い能力を判断する基準の一つとなります。固定の住居があることは、安定した収入があることを証明できます。

また、固定の住居があることは、住所不定や無職などのリスクが低いと考えられるため、返済能力が低下するリスクも低くなります。

そのため、PayPay後払いの審査では、固定の住居があることは、審査に有利となります。

他社での借り入れ状況

他社での借り入れ状況とは、申込者本人が現在、または過去に他社から借り入れをしているかどうか、そしてその借り入れの金額や返済状況などを指します。

他社での借り入れ状況は、クレジットカードやカードローン、消費者金融などの借り入れを含みます。

他社での借り入れ状況は、カードローンやクレジットカードの審査において重要な審査項目となります。他社での借り入れが多い場合、審査に落ちる可能性があります。

他社での借り入れが多いと、審査に落ちる理由は以下のとおりです。

  • 返済能力が不足している

他社での借り入れが多い場合、すでに多くの借金を抱えているため、返済能力が不足していると考えられます。

  • リスクが高すぎる

他社での借り入れが多い場合、返済に遅延や滞納が発生するリスクが高くなります。

  • 信用力が低い

他社での借り入れが多い場合、信用力が低いと考えられます。

他社での借り入れが多い場合、審査に通過するためには、以下の対策をとることができます。

  • 借入額を減らす

他社での借入額を減らすことで、返済能力があることを証明することができます。

  • 返済を延滞や滞納しないようにする

返済を延滞や滞納しないようにすることで、信用力を高めることができます。

  • 信用情報機関に登録されている情報を確認する

信用情報機関に登録されている情報を確認して、延滞や滞納などの問題がないか確認しましょう。

なお、他社での借り入れ状況は、信用情報機関に登録されています。信用情報機関に登録されている情報は、本人が開示請求することで確認することができます。

過去の支払い状況

PayPay後払いの審査では、過去の支払い状況も審査項目の一つとなります。過去に延滞や滞納などの問題があった場合、審査に落ちる可能性があります。

過去の支払い状況は、支払い能力を判断する基準の一つとなります。過去に延滞や滞納などの問題があった場合、返済能力が低いと考えられるため、審査に通りにくい傾向があります。

また、過去に延滞や滞納などの問題があった場合、信用力が低いと考えられるため、返済能力が低下するリスクが高くなります。

そのため、PayPay後払いの審査では、過去に延滞や滞納などの問題がないこと、または問題を解消していることは、審査に有利となります。

具体的には、以下の点に注意するとよいでしょう。

  • 信用情報機関の記録

信用情報機関の記録に、延滞や滞納などの問題がないこと、または問題を解消していることは、審査に有利となります。

  • 過去の支払い状況の確認

過去に利用したクレジットカードやカードローンなどの支払い状況を確認し、延滞や滞納などの問題がないことを確認しましょう。

PayPay後払いの審査は、以下の基準で判断されます。

  • 本人確認
  • 支払い能力
  • 過去の支払い状況

本人確認書類の提出により、本人確認を行います。支払い能力は、年齢や収入、勤務先などから判断されます。過去の支払い状況は、信用情報機関の情報を参照して判断されます。

PayPay後払いの審査に落ちた場合、以下の理由が考えられます。

  • 本人確認書類の提出が不十分だった
  • 支払い能力が不足していた
  • 過去の支払い状況に問題があった

本人確認書類の提出が不十分だった場合は、本人確認書類を再提出することで審査に通過する可能性があります。支払い能力が不足していた場合は、収入証明書の提出や、アルバイトや副業を始めるなどして支払い能力を向上させることで審査に通過する可能性があります。過去の支払い状況に問題があった場合は、過去の借り入れを完済したり、延滞や滞納を解消したりすることで審査に通過する可能性があります。

本ページはプロモーションが含まれています

PayPay後払いのメリット

PayPay後払いは、PayPayでのお支払いを翌月にまとめて支払える決済方法です。

メリット

  • チャージ不要で手軽に利用できる
  • 翌月まとめて支払えるので、使いすぎを防げる
  • PayPayポイントが貯まる
  • クレジットカードを持っていない人でも利用できる
  • コンビニエンスストアやドラッグストアなど、幅広い店舗で利用できる

チャージ不要で手軽に利用できる

PayPay後払いは、事前にPayPay残高にチャージすることなく利用できます。そのため、チャージを忘れて買い物できないという心配がありません。

翌月まとめて支払えるので、使いすぎを防げる

PayPay後払いは、利用した金額を翌月にまとめて支払えます。そのため、使いすぎを防ぐことができます。

PayPayポイントが貯まる

PayPay後払いで支払うと、通常のお買い物と同じようにPayPayポイントが貯まります。貯まったポイントは、次回のPayPay利用時に1ポイント1円として利用できます。

クレジットカードを持っていない人でも利用できる

PayPay後払いは、クレジットカードを持っていない人でも利用できます。学生や主婦など、クレジットカードの審査に通らない人でも安心して利用できます。

コンビニエンスストアやドラッグストアなど、幅広い店舗で利用できる

PayPay後払いは、PayPay加盟店であればどこでも利用できます。コンビニエンスストア、ドラッグストア、スーパーマーケット、家電量販店など、幅広い店舗で利用できます。

デメリット

  • 支払い期限までにお支払いが完了しないと、遅延損害金が発生する
  • 分割払いは利用できない
  • 利用限度額がある

月末締め翌月27日にお支払いが完了しないと、遅延損害金が発生する

PayPay後払いは、月末締め翌月27日までにお支払いが完了する必要があります。支払い期限を過ぎると、遅延損害金が発生する可能性があります。

分割払いは利用できない

PayPay後払いは、一括払いのみの対応となります。分割払いは利用できません。

利用限度額がある

PayPay後払いは、利用限度額が設定されています。利用限度額は、本人確認状況や利用状況によって異なります。

まとめ

PayPay後払いは、チャージ不要で手軽に利用できる決済方法です。翌月まとめて支払えるので、使いすぎを防ぐこともできます。また、PayPayポイントが貯まるので、お得に買い物を楽しむことができます。

ただし、支払い期限までにお支払いが完了しないと、遅延損害金が発生するなど、デメリットもあります。利用前にデメリットも理解した上で、利用するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました