本ページはプロモーションが含まれています

ペイディapple審査落ちた原因と解決策

本ページはプロモーションが含まれています

ペイディapple審査落ちた原因

ペイディのApple審査に落ちた原因は、以下の可能性が挙げられます。

金額が高い

ペイディのApple審査に落ちた原因の一つに金額が高いのがあります。
10万円以上は特に審査が厳しくなります。

金額を下げるためには、商品やサービスの価格を比較して、より安いものを選ぶか、購入を延期するかのいずれかを検討しましょう。

商品やサービスの価格を比較することで、より安いものを見つけることができるかもしれません。

購入を延期することで、収入が増えたり、他社借入を減らしたりすることで、審査に通る可能性が高まるかもしれません。

他社借入が多い

他社借入が多いと、返済能力が低いと判断され、ペイディのApple審査に落ちた可能性があがります。
期限内に返済している場合信用が上がりますので、返済するようにしましょう。

クレジットカードやローンの返済が遅延や滞納している

クレジットカードやローンの返済が遅延や滞納していると、返済能力が低いと判断され、ペイディappleの審査に落ちた可能性があります。

延滞や滞納を解消した後、一定期間経過してから、再度審査を申し込むと、審査に通過する可能性が高まるかもしれません。

一般的に、信用情報に傷が残るのは、5年間と言われています。

5年間経過すると、信用情報から延滞や滞納の記録が消え、審査に通りやすくなる可能性があります。

信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの契約や申し込みに関する情報のことで、客観的な取引事実を登録した個人の情報です。そして、この信用情報は、クレジット会社が顧客の「信用」を判断するための参考資料として利用されます。
この信用情報に問題がある方はペイディのApple審査に落ちた原因になります。

信用情報には、以下の情報が登録されています。

  • 氏名、生年月日、住所、電話番号などの基本情報
  • クレジットやローンの契約情報(契約日、利用限度額、残高、支払状況など)
  • 延滞や滞納の記録

信用情報は、日本信用情報機構(JICC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)の3つの信用情報機関が管理しています。

信用情報は、金融機関が融資やクレジットカードの審査を行う際に参考にされます。

信用情報に延滞や滞納の記録があると、返済能力が低いと判断され、審査に落ちる可能性があります。

また、信用情報に傷がつくことで、今後の金融取引に影響する可能性があります。

信用情報を良好に保つためには、以下のことに注意しましょう。

  • クレジットやローンの利用額を無理のない範囲に抑える
  • 毎月の支払いを遅延や滞納しないようにする
  • クレジットやローンの利用を一定期間休止する

信用情報は、本人が開示請求することで、確認することができます。

信用情報を開示することで、自分の信用状況を把握し、改善策を検討することができます。

信用情報を良好に保つことで、審査に通りやすくなり、金融取引をスムーズに行うことができます。

過去にローンを利用した事が無い場合も審査が厳しい

過去にローンを利用した経験がない場合は、ペイディのApple審査に落ちた可能性があります。

これは、過去にローンを利用した経験がある場合、返済能力や信用力が判断しやすくなるためです。

ローンを利用すると、信用情報機関に利用履歴が登録されます。

信用情報機関には、氏名、生年月日、住所、電話番号などの基本情報や、クレジットやローンの契約情報、延滞や滞納の記録などが登録されています。

金融機関は、信用情報機関から利用者の信用情報を参照して審査を行います。

過去にローンを利用した経験がある場合、信用情報機関に利用履歴が登録されています。

そのため、金融機関は、利用履歴から返済能力や信用力を判断することができます。

一方、過去にローンを利用した経験がない場合は、信用情報機関に利用履歴が登録されていません。

そのため、金融機関は、利用履歴から返済能力や信用力を判断することができません。
特に年齢が高くて利用歴が無い場合は過去に債務整理をしたと疑われる可能性もあり、ペイディのApple審査に落ちた原因となります。

過去にペイディの利用で延滞や滞納がある

過去に少しでもペイディの利用で延滞や滞納がある場合はペイディのAppleの審査が難しくなり落ちた原因となります。

虚偽の情報を入力した

虚偽の情報を入力すると、ペイディのApple審査に落ちた可能性が高くなります。

ペイディでは、本人確認や属性審査を行うことで、利用者の返済能力や信用力を判断しています。

そのため、虚偽の情報を入力すると、本人確認や属性審査に通過できず、審査に落ちる可能性があります。

上記のいずれかの原因に該当する場合は、審査に落ちる可能性があります。

審査に落ちた場合は、以下の対応を検討しましょう。

  • 年収を増やす
  • 他社借入を減らす
  • クレジットカードやローンの返済を滞納しない
  • 過去のペイディの利用で延滞や滞納がある場合は、延滞や滞納を解消する
  • 虚偽の情報を入力した場合は、正しい情報を入力し直す

年収を増やすためには、転職や副業などを検討しましょう。

他社借入を減らすためには、借入額を減らすか、借入期間を延ばすか、借入先を変更するかのいずれかを検討しましょう。

クレジットカードやローンの返済を滞納しないためには、毎月の返済額を把握し、返済計画を立てましょう。

虚偽の情報を入力した場合は、正しい情報を入力し直して、再度審査を申し込みましょう。

なお、ペイディapple落ちた場合の審査基準は公開されていないため、具体的な審査基準はわかりません。

しかし、上記のような原因が審査に影響する可能性が高いと考えられます。

本ページはプロモーションが含まれています

ペイディのApple審査に落ちた場合の対策

ペイディのApple審査に落ちた場合でも信用情報に問題がなければ違う分割払いを使う方法があります。

メルペイスマート払い

ほぼ審査なしでappleの後払いが可能です。
毎月メルカリなど利用していると審査に有利になり限度額が増えやすくなります。
私の場合は2か月後に限度額が6万円、3カ月後に9万円になりappleの後払いも可能になりました。
支払いは翌月末までです。
チャージして残高で清算する場合は手数料が無料になります。

招待キャンペーン
メルカリ招待コード入力し会員登録で500円分のポイントがもらえます

招待で受け取ったポイントはメルカリ以外にも街でID決済でのお支払いやメルペイスマート払いの返済にも使用可能です。

↓招待コード↓

Mercari, Inc.無料posted withアプリーチ

みんなの銀行

Cover(カバー)は最大5万円まで返済期限無期限でappleの後払いできるサービスです。
みんなの銀行はプレミアムサービス(月額600円※6ヶ月間無料)に加入している場合利用できます。

みんなの銀行のCover(カバー)は収入の入力はありますが、在籍確認なしなのでクレジットカードよりも審査が少し簡単になります。
利用したい金額が5万円以下の場合はこちらも検討してみてはいかがでしょうか。

紹介キャンペーン!口座開設時に紹介コード入力で1,000円プレゼント

また、2023/7/1~2024/1/31に口座開設(デビットカード同時入会)されたお客さまを対象に、MyJCBの登録後キャンペーン、Apple Pay / Google Pay™ もしくは、Amazon.co.jpでの利用でもれなく、最大10,000円(ご利用金額の20%)をキャッシュバックされます! 詳しくはこちら

↓招待コード↓

みんなの銀行アプリのダウンロードはこちら

クレジットカード

クレジットカードは2回分割払いやボーナス払いの手数料が無料のものが多くあります。
ボーナス払いは夏や冬に支払うことができるので、あらかじめ貯金をしておいてボーナス払いにAppleの代金を払う事ができます。

2回以上の分割払いも可能ですが、ペイディのように手数料無料ではありませんので注意が必要です。

クレジットカードの分割払いには、手数料がかかる場合が多いです。

手数料率は、カード会社や利用金額、支払回数によって異なります。

手数料率は、10%~20%程度が一般的です。

例えば、10万円の商品を6回払いで購入した場合は、手数料は約6,000円かかります。

分割払いの手数料は、利用金額の一部として支払うことになります。

そのため、分割払いを利用すると、総支払額が増えることになります。

分割払いを利用する場合、手数料がかかることを理解した上で、無理のない支払い計画を立てるようにしましょう。

分割払いの手数料を抑えるためには、以下のことに注意しましょう。

  • 支払回数を少なくする

支払回数を少なくすることで、手数料率を抑えることができます。

  • 利用金額を減らす

利用金額を減らすことで、手数料の総額を抑えることができます。

クレジットカードの審査

クレジットカードの審査は、カード会社が申込者の支払い能力や信用度を判断するために行うものです。審査の基準はカード会社によって異なりますが、一般的には以下の項目が審査の対象となります。

  • 属性情報
    • 氏名、住所、生年月日、電話番号
    • 勤務先、年収
    • 家族構成
  • 信用情報
    • 過去のクレジットカードやローンの利用履歴
    • 延滞や滞納の有無
  • 他社からの借入状況
    • 他社からの借入額、借入件数

また、以下のような情報も審査に影響を与える可能性があります。

  • 申込者の行動履歴
    • 申込者の行動履歴から、支払い意欲や支払い能力を判断する可能性があります。

クレジットカードの審査には、大きく分けて「自動審査」と「人による審査」の2種類があります。

  • 自動審査

自動審査は、申込者の属性情報や信用情報をコンピューターによって自動的に判断する方法です。審査時間は短く、申し込みから数分〜数時間で結果が通知されます。

  • 人による審査

人による審査は、自動審査で判断が難しい場合や、高額なカードの審査などにおいて行われる方法です。審査時間は自動審査よりも長く、数日〜数週間かかる場合があります。

クレジットカードの審査に通過するためには、以下の点に注意しましょう。

  • 属性情報を正確に入力する

属性情報は、審査の際に最も重要な判断材料となります。氏名、住所、生年月日などの情報を正確に入力することで、審査に通過しやすくなります。

  • 過去の支払い履歴を良好に保つ

クレジットカードやローンの支払いを滞納しないようにすることで、支払い能力をアピールすることができます。

  • 他社からの借入状況を把握する

他社からの借入額や借入件数が多いと、審査に通過しにくくなる可能性があります。他社からの借入状況を把握して、必要以上に借入を増やさないようにしましょう。

クレジットカードの審査に通過すると高額なapple製品もボーナス払いや分割払いで購入できます。

タイトルとURLをコピーしました