本ページはプロモーションが含まれています

ニッセン後払いでゲーム機を購入できる通販がない

本ページはプロモーションが含まれています

ニッセン後払いでゲーム機を購入できる通販がない

ニッセン後払いでゲーム機を購入できる通販はありませんでした。
もし対応している通販がございましたらお問い合わせにて教えていただけると助かります。

本ページはプロモーションが含まれています

ニッセン後払いでゲーム機を購入できる通販が現れる可能性は低い

ニッセン後払いでゲーム機を購入できる通販が現れる可能性は低いと思われます。
理由はほぼ審査なしで信用がないので初回の利用時は1万円以下の購入金額でなければ審査に通らず、何度も利用して信用を上げることで最大5万もの後払いが可能だからです。
そのためほとんどの方が後払いの審査に通らないのでニッセン後払いでゲーム機を購入できる通販は今後もないと思います。

本ページはプロモーションが含まれています

ニッセン後払い以外でゲーム機を購入できる通販

ニッセン後払い以外でゲーム機を購入できる通販はNP後払いやクロネコ後払いに対応している通販で可能です。
NP後払いは楽天市場で利用できます。
ただしニッセン後払いと同じようにゲーム機の購入は金額が高いので何度も利用していないと審査は厳しいです。

本ページはプロモーションが含まれています

ニッセン後払い以外でゲーム機を後払いで購入するには

ニッセン後払い以外でゲーム機を後払いで購入するにはみんなの銀行やクレジットカードのみ高額なゲーム機の後払いが可能です。
ただし、ニッセン後払いと違い審査があります。

メルペイスマート払い(翌月払い)は何度も利用するとゲーム機の後払いも可能

ニッセン後払いでゲーム機が利用できない代用で、ほぼ審査なしでクレジットカードとして後払いをしたい場合はメルカリアプリのメルペイスマート払い(翌月払い)がおすすめです。

メルペイスマート払いのバーチャルカードでほぼ審査なしで通販やiD決済が対応しているドンキホーテなどのお店でゲーム機の後払いが利用可能です。
毎月メルカリなど利用していると審査に有利になり限度額が増えやすくなります。
私の場合は2か月後に限度額が6万円になりゲーム機などの高額な後払いも可能になりました。
支払いは翌月末までです。
チャージして残高で清算する場合は手数料が無料になります。

招待キャンペーン
メルカリ招待コード入力し会員登録で500円分のポイントがもらえます

招待で受け取ったポイントはメルカリ以外にも街でID決済でのお支払いやメルペイスマート払いの返済にも使用可能です。

↓招待コード↓

Mercari, Inc.無料posted withアプリーチ

みんなの銀行

ニッセン後払い以外で5万円以下のゲーム機の後払いを無期限返済でしたい場合は、後払いアプリでクレジットカードとして通販やドンキホーテなどで後払いできるみんなの銀行もおすすめです。

Cover(カバー)は最大5万円まで返済期限無期限で後払いできるサービスです。
デビットカードのバーチャルカードにて通販でゲーム機やソフトが審査通過後は後払い可能です。

みんなの銀行Cover(カバー)over(カバー)はプレミアムサービス(月額600円※6ヶ月間無料)に加入している場合利用できます。

みんなの銀行のCover(カバー)は収入の入力はありますが、在籍確認なしなのでクレジットカードよりも審査が少し簡単になります。
利用したい金額が5万円以下の場合はこちらも検討してみてはいかがでしょうか。

紹介キャンペーン!口座開設時に紹介コード入力で1,000円プレゼント

また、2023/7/1~2024/1/31に口座開設(デビットカード同時入会)されたお客さまを対象に、MyJCBの登録後キャンペーン、Apple Pay / Google Pay™ もしくは、Amazon.co.jpでの利用でもれなく、最大10,000円(ご利用金額の20%)をキャッシュバックされます! 詳しくはこちら

↓招待コード↓

みんなの銀行アプリのダウンロードはこちら

信用情報

NP後払いやニッセン後払いなど以外でゲーム機を購入できる後払いは信用情報が必要になります。
信用情報とは、クレジットカードやローンなどの契約や申し込みに関する情報のことで、客観的な取引事実を登録した個人の情報です。

信用情報は、主に以下の2種類の機関に登録されます。

  • 指定信用情報機関
  • 加盟会員

指定信用情報機関は、全国銀行個人信用情報センター(JICC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、全国信用情報センター(KSC)の3つです。加盟会員は、クレジットカード会社やローン会社などの金融機関です。

信用情報には、以下の情報が登録されます。

  • 氏名・住所・生年月日などの個人情報
  • クレジットカードやローンの契約内容(契約日・利用限度額・残高など)
  • 支払い状況(延滞・遅延・回収不能など)
  • 申込情報(申し込み日・申し込み金額など)

信用情報は、金融機関が顧客の信用を判断するために利用されます。例えば、クレジットカードの審査やローンの融資の可否を判断する際に、信用情報が参考にされます。

信用情報は、個人情報であるため、本人以外は閲覧できません。ただし、本人は、年に1回、無料で信用情報を開示することができます。

信用情報を良好に保つためには、以下のことに注意しましょう。

  • クレジットカードやローンの利用限度額をオーバーしないようにする
  • 支払いは、遅滞なく全額を支払う
  • クレジットカードやローンの利用状況を定期的に確認する

信用情報を良好に保つことで、クレジットカードの審査に通りやすくなり、ローンの融資を受けやすくなります。

クレジットカードはさらに勤務先の情報も必要

クレジットカードの審査では、勤務先の情報も必要になります。勤務先の情報は、以下の2つの目的で利用されます。

  • 安定した収入があるかどうかの確認
  • 勤務先の社会的信用の確認

クレジットカード会社は、クレジットカードの利用者に、安定した収入があることを前提として審査を行います。そのため、勤務先の情報は、申込者の安定した収入があることを確認するために利用されます。

また、クレジットカード会社は、申込者の社会的信用を判断するためにも、勤務先の情報を利用します。勤務先が社会的に信用のある企業である場合、申込者の社会的信用も高いと判断されるためです。

クレジットカードの申込み時に、勤務先の情報として、以下の情報を求められます。

  • 勤務先名
  • 勤務先住所
  • 勤務先電話番号
  • 勤続年数

勤務先の情報は、申込み後に、クレジットカード会社が在籍確認を行うことで、確認されます。在籍確認は、申込者の勤務先に電話をかけ、申込者が実際に在籍しているかどうかを確認する手続きです。

勤務先の情報は、クレジットカードの審査に大きな影響を与える要素の一つです。そのため、勤務先の情報は、正確に申告するようにしましょう。

クレジットカードの審査では勤続年数が大切

クレジットカードの審査では、勤続年数が大切です。勤続年数は、申込者の安定した収入があることを判断する重要な要素です。

クレジットカード会社は、クレジットカードの利用者に、安定した収入があることを前提として審査を行います。そのため、勤続年数が長いほど、安定した収入があると判断され、審査に有利になります。

一般的には、勤続年数が1年以上あれば、クレジットカードの審査に通る可能性があります。ただし、ゴールドカードやプラチナカードなどの高額カードの場合は、勤続年数が3年以上あることが望ましいでしょう。

また、勤続年数が短い場合は、以下の点をアピールすることで、審査に有利になる可能性があります。

  • 年収が高い
  • 他社クレジットカードやローンの利用実績がある
  • 信用情報に問題がない

勤続年数が短い場合でも、これらの点をアピールすることで、審査に通過できる可能性を高めることができます。

本ページはプロモーションが含まれています

まとめ

ニッセン後払いでゲーム機の購入ができる通販はありません。
そのためみんなの銀行やクレジットカードで後払いをするのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました