本ページはプロモーションが含まれています

洗濯風呂水やめたほうがいい理由 お風呂の残り湯水道代がもったいないがあまり節約にならない いくらの節約?汚いデメリット 超ドケチ節約術

水道料金やガス代は地域や水道の温度によって異なりますが、一般的な家庭で、浴槽に200Lのお湯を1回沸かした場合、水道代は約50円です。
都市ガスの場合は1回に約55円、プロパンガス(LPガス)の場合はお風呂1回に約150円のガス代がかかります。

本ページはプロモーションが含まれています

お風呂の残り湯の水道代がもったいないが翌日の洗濯に風呂水はやめたほうがいい

お風呂の残り湯の水道代がもったいないが翌日の洗濯に風呂水はやめたほうがいいと言われています。

  • 残り湯の量が足りない場合がある

残り湯の量が足りない場合は、水道水を足す必要があります。水道水を足すと、水道代を節約する効果が薄れてしまいます。

  • 残り湯の温度が低いと洗浄力が落ちる

残り湯の温度が低いと、洗剤の洗浄力が落ちてしまいます。洗剤の量を増やすなどの工夫が必要ですが、それでも十分な洗浄力が得られない場合もあります。

  • 残り湯に雑菌が繁殖している可能性がある

お風呂の残り湯もったいないと利用したくなりますが、浴槽に残った皮脂や垢などの汚い汚れや、入浴剤に含まれる成分が混ざり合っています。そのため、雑菌が繁殖している可能性があります。雑菌が繁殖した残り湯を洗濯に使用すると、衣類に雑菌が付着し、肌トラブルの原因になる可能性があります。

  • 残り湯のにおいが気になる

残り湯は、入浴剤や石鹸のにおいが残っている場合があります。また、残り湯に雑菌が繁殖していると、においがきつく感じることがあります。

これらの理由から、残り湯を洗濯に使うことは、節約効果が薄いだけでなく、肌トラブルやにおいの原因になる可能性があるため、やめた方がいいと言われています。

残り湯を洗濯に使う代わりに、以下の節約方法を試してみてはいかがでしょうか。

  • 洗濯機の節水モードを使う
  • 洗濯の頻度を減らす

これらの方法を組み合わせることで、水道代を削減する超ドケチ節約術になります。

お風呂の残り湯の水道代がもったいないと洗濯に再利用すると洗濯機のメンテナンスに時間と水道代がかかる

お風呂の残り湯を洗濯に再利用することは、水道代を節約する方法の一つですが、洗濯機のメンテナンスには時間と水道代がかかる可能性があります。

お風呂の残り湯は、洗濯に利用する際に汚れや石鹸カスが含まれていることがあります。これが洗濯機内部にたまり、洗濯機のパフォーマンスを低下させたり、異臭やカビの原因になる可能性があります。そのため、定期的なメンテナンスが必要です。

洗濯機のメンテナンスにかかる時間は、洗濯機の種類や状態によって異なります。メンテナンスにはフィルターの掃除や洗浄、内部の清掃などが含まれます。また、水道代についても、メンテナンスに使用する水の量によって異なります。

もしもお風呂の残り湯を洗濯に再利用する場合、定期的な洗濯機のメンテナンスを行うことをおすすめします。それによって、洗濯機の性能を保ちながら、水道代の節約を図ることができます。

ただし、洗濯機のメンテナンスにかかる時間や水道代は、お風呂の残り湯を再利用することで得られる水道代の節約と比較して、どちらが経済的かを考慮する必要があります。ご自身の状況や好みに合わせて、最適な選択をお取りください。

本ページはプロモーションが含まれています

お風呂の残り湯を翌日洗濯に使う風呂水は雑菌が多く汚いのでやめたほうがいい

水道代の節約で洗濯に風呂水をやめたほうがいいのは翌日の残り湯です。残り湯の温度が低いと、洗剤の洗浄力が落ちてしまいます。洗剤の量を増やすなどの工夫が必要ですが、それでも十分な洗浄力が得られない場合もあります。

もったいないお風呂の残り湯を洗濯に使う場合は、洗いだけにしてすすぎには使用しない方がよいです。

残り湯には、浴槽に残った皮脂や垢などの汚れや、入浴剤に含まれる成分が混ざり合っています。これらの汚れや成分は、洗濯用洗剤で落としきることができません。そのため、すすぎに残り湯を使用すると、洗濯物に汚れや成分が残ってしまう可能性があります。

また、残り湯を一晩放置した場合は雑菌が1000倍も繁殖している可能性があります。雑菌が繁殖した残り湯をすすぎに使用すると、洗濯物に雑菌が付着し、肌トラブルの原因になる可能性があります。

残り湯を洗濯に使う場合は、洗いのみ使用し、すすぎは水道水を使用するようにしましょう。
もったいないから超ドケチ節約術したいところですがお風呂の残り湯で翌日に洗濯に利用するのはやめたほうがいいです。

なお、洗いのみ残り湯を使用する場合は、以下のような点に注意しましょう。

  • 残り湯の量が十分にあるか確認する
  • 残り湯の温度が高いか確認する
  • 残り湯に雑菌が繁殖していないか確認する

また、以下のような場合は、残り湯を洗濯に使用しない方がよいでしょう。

  • 入浴中にタオルやおもちゃなどを浴槽に入れていた場合
  • 入浴剤を使用した場合
  • 残り湯を1日以上放置した場合

翌日までお風呂の水を保存するとカビの発生の原因にも

お風呂の残り湯の水道代がもったいないが翌日の洗濯に風呂水はやめたほうがいい理由にカビの繁殖です。
お風呂の水を翌日まで残すことでお風呂の浴室のカビの原因となり、掃除に洗剤や水を大量に使うので洗剤代と水道代がかかり節約にならなくなります。

お風呂のカビが増える条件は次のとおりです。

  • 温度

お風呂は、湯気で温度が高く、湿度も高いため、カビが発生しやすい環境です。お風呂のカビは、20~30℃の温度で最も活発に繁殖します。

  • 湿度

お風呂の湿度は、70%を超えることもあります。湿度が高いと、カビの胞子が舞いやすくなり、カビが発生しやすくなります。

  • 栄養源

お風呂には、皮脂や石鹸カス、シャンプーカスなどの有機物が豊富に存在します。これらの有機物は、カビの栄養源となります。

これらの条件がすべて揃うと、お風呂のカビは急速に増殖します。特に、梅雨や夏などの高温多湿な時期は、お風呂のカビが発生しやすくなります。

お風呂のカビの発生を抑え水道代の節約をするためにはお風呂の残り湯をもったいないからと翌日まで保存し、翌日洗濯に風呂水はやめたほうがいいでしょう。

本ページはプロモーションが含まれています

お風呂の残り湯を洗濯に使用するといくら水道代を節約することができる?

もったいないお風呂の残り湯を洗濯に使用すると水道代の超ドケチ節約術です。

東京ガスによると、タテ型全自動タイプ(8kg)の洗濯機を使用した時、通常洗濯の水道代は1回あたり24.6円、残り湯を使用した場合は5.8円になると公表しています。1日1回の洗濯を365日すると、通常洗濯で年間約6,862円の水道代がかかりますが、残り湯を使用した場合は年間約1,862円の節約になります。

洗濯に風呂水はやめたほうがいい理由は水道代を節約できてもポンプ交換費用が高い

洗濯に風呂水はやめたほうがいい理由は水道代を節約できてもポンプ交換費用が高いのもあります。

お風呂の洗濯ポンプの電気代は、ポンプの消費電力と使用時間によって異なります。

一般的なバスポンプは、消費電力が15W程度です。洗濯機に残り湯を入れる作業を1回あたり8.5分で行うと仮定すると、1回の洗濯で発生する電気代は約0.057円になります。

残り湯洗濯で1日1回の洗濯を365日すると、年間で約204円の電気代がかかります。

ただし、ポンプの消費電力は機種によって異なります。消費電力の低いポンプを使用すれば、電気代をさらに抑えることができます。

また、洗濯機にもったいないお風呂の残り湯を入れる作業を短時間で済ませれば、電気代を抑えることができます。洗濯機の給水ホースを浴槽に直接差し込んで、残り湯をそのまま洗濯機に入れるなどの方法があります。

お風呂の洗濯ポンプの電気代を節約するには、洗濯機に残り湯を入れる作業をバケツで済ませる方法を組み合わせることで、電気代をさらに抑えることができます。

洗濯ポンプの値段相場は2000円なので洗濯ポンプが1年位で故障した場合は超ドケチ節約術どころか逆に赤字になる場合もあります。
もったいないからとお風呂の残り湯で洗濯はやめた方がいい可能性もあります。

初めからポンプが付属している洗濯機の場合はポンプとお風呂の残り湯がもったいないので利用したほうがいいですが、水道代の節約に翌日の洗濯に風呂水はやめたほうがいいです。

本ページはプロモーションが含まれています

お風呂の残り湯を洗濯に使うメリットは水不足の時期が良い

雑菌やポンプ代を考えると洗濯に風呂水はやめたほうがいい場合もありますが、もったいないお風呂の残り湯を使うメリットは、以下のとおりです。

  • 水道代を節約できる
  • 環境に優しい
  • 断水対策になる

また、お風呂の残り湯を洗濯に使用することは、環境に優しい行為です。水道水は、水処理施設で汚れを除去して作られます。そのため、水道水を節約することで、水処理施設の稼働を抑え、環境への負荷を減らすことができます。

さらに、お風呂の残り湯は、断水対策にもなります。断水が発生した場合でも、お風呂の残り湯があれば、トイレなど、生活に必要な用途に使用することができます。

雨が少ない時期の水不足が深刻化する中、お風呂の残り湯を活用することは、水資源の有効活用につながります。お風呂の残り湯を洗濯に使用したり、トイレに流したり、植物に水やりをしたりなど、さまざまな方法で活用することができます。

お風呂の残り湯を洗濯に活用することで、水道代を節約し、環境に優しく、断水対策にもなることができるのでその場合はお風呂の残り湯を捨てるのはもったいないのでやめたほうがいいでしょう。

本ページはプロモーションが含まれています

翌日の洗濯に風呂水はやめたほうがいいがお風呂の残り湯の水道代がもったいない

翌日の洗濯に風呂水はやめたほうがいいが、お風呂の残り湯の水道代がもったいないので再利用できないか調べてみました。残り湯を活用することで、節水の超ドケチ節約術だけでなく、環境保護につながります。

残り湯を活用する方法は、以下のとおりです。

  • 泥が付いた車のタイヤや駐車場の汚れ洗浄に利用する

車のタイヤや駐車場の汚れ洗浄に風呂水を利用することは、節水やコスト削減につながる有効な方法です。

風呂水は、石鹸やシャンプーなどの洗剤が含まれているため、車のタイヤや駐車場の汚れを落とすのに効果的です。また、風呂水は排水されるため、水道水を利用するよりも節水につながります。

  • 植物の水やりに利用する

もったいないお風呂の残り湯は、植物の水やりに利用することで、節水につながります。ただし、残り湯の温度が高いと、植物が枯れる原因になる場合があるため、注意が必要です。

  • トイレや洗面所の洗浄に利用する

残り湯は、トイレや洗面所の洗浄に利用することで、節水につながります。ただし、残り湯の汚れがトイレや洗面所を汚す可能性があるため、注意が必要です。

残り湯を活用する際には、以下の点に注意しましょう。

  • 残り湯の温度を確認する

残り湯の温度が低すぎると、洗濯や洗車などに適していない場合があります。

  • 残り湯の汚れを注意する

残り湯には、皮脂や垢、石鹸カスなどの汚れが含まれています。洗濯や洗車などに利用する場合は、洗剤の量を増やす必要があります。

  • 残り湯を早く使う

残り湯は、放置すると雑菌が繁殖しやすくなります。すぐに使わない場合は浴室のカビの原因となるので捨てた方が良いです。

残り湯を活用することで、節水や節約、環境保護につながります。ぜひ、残り湯を活用して、地球に優しい暮らしを送りましょう。

本ページはプロモーションが含まれています

洗濯に風呂水の節約以外で水道代を安くなる方法

もったいないお風呂の残り湯を翌日に洗濯を風呂水をやめたほうがいいので再利用の回数は減りましたが、水道代が安くなった方法として、水道代などをデビットカードやクレジットカードで支払う方法があります。

残り湯で洗濯をすると、水道代を節約できますが、洗濯機の洗浄や雑菌の繁殖などのデメリットもあります。

クレジットカードのほうがお得ですが審査が不安な方は第一生命NEOBANKデビットカードがおすすめです。

第一生命NEOBANKのデビットは水道代などの生活費が節約できる

  • 電気代や生活費の支払いに利用するだけで還元
  • Apple Pay や Google Pay™ に設定すれば、店舗でのお支払いもスマホでタッチ決済
  • 全国のセブン銀行、ローソン銀行ATMでキャッシュカード不要!「アプリでATM」利用可能
  • 振込手数料、ATM手数料が月5回まで無料

0.8%と楽天ペイやリクルートカードよりは還元率が低いのですが、クレジットカードのような審査なしで利用でき、利用できるお店などが多いのがメリットです。
iD決済とマスタカードのタッチ決済に対応しています

ドンキホーテ・業務スーパー・光熱費などの支払いで月15万円利用した場合は約1,200円の還元になります。
1年で14,400円、30年で432,000円もお得になります。

リアルカード発行でタッチ決済に対応していないお店でも利用できます。
業務スーパーなどタッチ決済に対応していない店舗でもお得に買い物をしたい場合は、口座開設時にリアルカード申込みの場合だけ発行手数料が無料なので忘れずに発行しましょう。

メンテナンスを除く24時間365日振込手数料、ATM手数料が月5回までそれぞれ無料なので、急に現金が必要になった方や家賃が振込の方などにもおすすめです。

0歳から口座開設が可能なので、子供のキャッシュレス決済デビューにもおすすめです。

2024年2月29日までの期間限定キャンペーン
第一生命 資産形成プラス
第一生命の資産形成に関するウェブサイト「資産形成プラス」。お得で便利な銀行サービス、資産寿命シミュレーション(しさんのしさん)など様々なサービスをご案内します。

リクルートカード

水道代を含む光熱費・通信費・食品の購入など月15万円の生活費を現金ではなくリクルートカードにする事で月1,800円のポイントが貯まります。
年間で21,600円、30年で648,000円の節約になります。

ポイントを貯めることで、水道代の超ドケチ節約術だけでなく、他の商品やサービスに交換することもできます。

格安SIM

子供など通信をあまり使用しない場合はPOVOにすると維持費がほとんどかかりません。
もったいないお風呂の残り湯で洗濯をやめた代わりに水道代の節約をするなら格安SIMがおすすめです。
乗り換えるのに手間が少しかかりますが、その後はほとんど手間がかからず楽な超ドケチ節約術です。

本ページはプロモーションが含まれています

洗濯に風呂水を利用して節水すると水道料金が上がるのでやめたほうがいい?!

水道を利用する洗濯機・トイレ・食洗器などで節水仕様になり家庭での水道使用量が減っています。
水道の設備の維持費の値上げ、水道管の老朽化による修復により水道会社ではコストが上がっていますが、家庭での水道使用量が減ってきているので採算が取れなくなり値上げが相次いでいます。
家庭での節約で水道料金が上がるという逆転現象になっています。

各家庭で洗濯に風呂水を利用して節水すると水道料金が上がるのでやめたほうがいいのかもしれませんが、水不足時は節水しなくてはならないので再利用したほうが良いといった難しい問題に直面しています。

本ページはプロモーションが含まれています

風呂水を洗濯に使う他にやめたほうがいい節約

  • 生活の質を下げる節約

例えば、食費を節約するために、栄養バランスが悪い食事をしたり、外食を控えすぎたりして、健康を害するような節約は、やめたほうがいいでしょう。また、衣服や家電などの買い替えを控えすぎると、不便やストレスが生じる可能性があります。

  • 無理な節約

例えば、家賃や光熱費を大幅に削減するために、住む場所や生活スタイルを変えるような節約は、無理が生じる可能性があります。また、支出を大幅に減らすために、アルバイトや副業で無理に働きすぎると、心身に負担がかかります。

  • 一時的な節約

例えば、ポイントやクーポンを活用して、一時的に支出を抑えるような節約は、効果が続かない場合が多いです。また、キャンペーンやセールを利用して、つい買いすぎてしまうような節約も、あまり効果的ではありません。

  • やり方や目的が不明確な節約

例えば、ただ漠然と節約しようとして、何を節約すればいいのかわからないような節約は、効果が上がらない可能性があります。また、節約の目的が不明確だと、途中で挫折しやすくなります。

節約をする際には、以下の点に注意しましょう。

  • 生活の質を下げない
  • 無理をしない
  • 一時的な節約に終わらせない
  • やり方や目的を明確にする

節約は、無理をせず、生活の質を下げないように、継続することが大切です。

本ページはプロモーションが含まれています

お風呂の残り湯自体を少なくする方法も

お風呂の残り湯を利用するのではなくポリタンクに砂を入れてかさ増ししたり、小さい簡易浴槽を利用して残り湯自体を少なくする方法もあります。

本ページはプロモーションが含まれています

風呂水の残り湯を利用するなら泥汚れなどのひどい汚れに利用しよう

子供の泥汚れの服を洗う際に、風呂水の残り湯を利用するのはおすすめです。風呂水には石鹸や洗浄剤の成分が含まれているため、汚れを落とす力があります。以下に、風呂水を使って子供の泥汚れの服を洗う方法をご紹介します。

  1. 汚れを予洗いする: まず、泥汚れのついた服を水で軽くすすぎます。泥を乾いた状態で洗うと、汚れが固着してしまうことがありますので、予洗いが重要です。
  2. 風呂水を利用して洗う: 洗面器やバケツに風呂水を溜め、そこに洗剤を加えて服を浸します。泥汚れがひどい場合は、服の汚れが浸透しやすくするために、しばらくつけ置くと効果的です。
  3. 洗濯物をこすり洗いする: 洗濯板やブラシを使って、服の汚れ部分をこすり洗いします。特に泥汚れの場合は、しっかりとこすり落とすことがポイントです。
  4. 最後にすすぐ: 洗濯物をきれいな水でしっかりすすぎます。残り湯を利用する場合でも、最終的にはきれいな水ですすぐことが大切です。
  5. 通常の洗濯方法で仕上げる: 洗濯機で通常の洗濯サイクルを使って、服を仕上げます。これにより、残った汚れや石鹸の成分をしっかりと洗い流すことができます。

風呂水を利用することで、子供の泥汚れの服を効果的に洗うことができます。ただし、服の素材や洗剤の成分によっては注意が必要な場合もありますので、洗濯表示や洗剤の使用方法をよく確認してください。

本ページはプロモーションが含まれています

風呂水の残り湯を湯たんぽにする方法もある

風呂水の残り湯を湯たんぽに再利用する方法もあります。湯たんぽは寒い季節に暖かさを提供するために使われる便利なアイテムです。以下に、風呂水の残り湯を湯たんぽにする方法をご紹介します。

  1. 風呂水を保存する: 風呂上りに湯たんぽに使うためのお湯をバケツや容器に保存します。風呂水は温まったままの状態で保存することがポイントです。
  2. 湯たんぽを用意する: 適切な大きさの湯たんぽを用意します。一般的にはゴム製の湯たんぽがよく使われますが、素材や種類は選び方によって異なります。
  3. 風呂水を注ぐ: 湯たんぽの口を開け、保存した風呂水を注ぎます。注ぐ際にこぼれないように注意しましょう。
  4. しっかりと閉める: 風呂水を注いだ後、湯たんぽの口をしっかりと閉めます。漏れを防ぐために、しっかりと確認してください。
  5. 温かさを確認する: 湯たんぽがしっかりと閉められたら、温かさを確認してから使用します。手で触れて温かさを確認しましょう。
  6. 必要な場所に置く: 温かさを保つために、湯たんぽを必要な場所に置きます。寝る前にベッドに入る前や、寒い部屋に置いておくと効果的です。

湯たんぽは風呂水の残り湯を再利用する便利な方法の一つです。ただし、湯たんぽを使用する際は、十分な注意を払って使いましょう。適切な温度や使い方を守ることで、快適な温かさを楽しむことができます。

本ページはプロモーションが含まれています

まとめ

お風呂の残り湯の水道代がもったいないが、翌日の洗濯に風呂水は菌が繁殖するので水不足時以外はやめたほうがいいです。
節約する場合はポンプがすでにある場合はポンプで、無い場合はバケツで再利用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました