本ページはプロモーションが含まれています

だいたいのガソリン代の計算 1kmあたりと100km・200km・300kmのガソリン代の計算

ガソリンがどんどん値上がりしていてガソリン代が高くなってきています。
だいたいのガソリン代の計算をして燃費や交通費を節約しましょう。

本ページはプロモーションが含まれています

ガソリン代と燃費の計算式

消費ガソリンの量(L)=走行距離÷燃費
ガソリン代=消費ガソリンの量(L)×ガソリン価格(円/L)

旅行など目的地までの燃費からだいたいのガソリン代の計算

まずはGoogle mapで目的地までの経路で車を選択し距離を調べます。

距離÷燃費でだいたいの消費ガソリンの量が分かるので、例えば目的地までの距離が300kmで燃費がL10kmの場合は300÷10=30なので消費ガソリンの量が30Lになります。

だいたいのガソリン代の計算は消費ガソリンの量(L)×ガソリン価格(円/L)なのでガソリンの価格がL/180円の場合は180×30=5400円になります。

だいたいの車の燃費を調べる方法

最近の車の場合はメーターに実際の燃費が計算され表示されます。
燃費が表示されない車の場合は自分で計測する必要があります。

e燃費のサイトに自分の乗っている車種があれば、だいたいの燃費を調べることもできます。

満タン法による実燃費計算

実際の車の燃費を計算する方法の一つに満タン法があります。

満タン法のやり方
  • 1
    セルフスタンドでガソリンを満タンにする

    セルフスタンドでガソリンを満タンにします。
    セルフでないガソリンスタンドでは満タン後にも追加して入れる所が多く燃費計算が難しくなります。
    自分で入れて自動で停止したところで給油をストップしましょう。

  • 2
    車内に戻ったらトリップメーターをリセットする

    車内に戻ったらトリップメーターをリセットします。

  • 3
    通常走行する

    いつも通りの走行をして下さい。

  • 4
    セルフのガソリンスタンドで満タンにする

    セルフのガソリンスタンドで前回と同じ満タンにしましょう。
    ガソリンスタンドによっては給油ホースの金属の長さが異なり自動ストップする量が異なります。
    正しい燃費が出ない可能性があるので、できれば同じガソリンスタンドが良いです。

  • 5
    満タンにした際の給油量とトリップメーターを記録する

    トリップメーターに前回給油時からの走行距離が表示されているのでメモします。給油量が記載されているレシートも保管しましょう。

  • 6
    燃費の計算

    トリップメーターが300kmで給油量が30Lの場合は300÷30=10になり、L/10km走れる事がわかります。

100kmのガソリン代

ガソリン価格単価
車の燃費¥130¥140¥150¥160¥170¥180
5km/L¥2,600¥2,800¥3,000¥3,200¥3,400¥3,600
6km/L¥2,167¥2,333¥2,500¥2,667¥2,833¥3,000
7km/L¥1,857¥2,000¥2,143¥2,286¥2,429¥2,571
8km/L¥1,625¥1,750¥1,875¥2,000¥2,125¥2,250
9km/L¥1,444¥1,556¥1,667¥1,778¥1,889¥2,000
10km/L¥1,300¥1,400¥1,500¥1,600¥1,700¥1,800
11km/L¥1,182¥1,273¥1,364¥1,455¥1,545¥1,636
12km/L¥1,083¥1,167¥1,250¥1,333¥1,417¥1,500
13km/L¥1,000¥1,077¥1,154¥1,231¥1,308¥1,385
14km/L¥929¥1,000¥1,071¥1,143¥1,214¥1,286
15km/L¥867¥933¥1,000¥1,067¥1,133¥1,200
16km/L¥813¥875¥938¥1,000¥1,063¥1,125
17km/L¥765¥824¥882¥941¥1,000¥1,059
18km/L¥722¥778¥833¥889¥944¥1,000
19km/L¥684¥737¥789¥842¥895¥947
20km/L¥650¥700¥750¥800¥850¥900
21km/L¥619¥667¥714¥762¥810¥857
22km/L¥591¥636¥682¥727¥773¥818
23km/L¥565¥609¥652¥696¥739¥783
24km/L¥542¥583¥625¥667¥708¥750
25km/L¥520¥560¥600¥640¥680¥720
26km/L¥500¥538¥577¥615¥654¥692
27km/L¥481¥519¥556¥593¥630¥667
28km/L¥464¥500¥536¥571¥607¥643
29km/L¥448¥483¥517¥552¥586¥621
30km/L¥433¥467¥500¥533¥567¥600

200kmのガソリン代

ガソリン価格単価
車の燃費¥130¥140¥150¥160¥170¥180
5km/L¥5,200¥5,600¥6,000¥6,400¥6,800¥7,200
6km/L¥4,333¥4,667¥5,000¥5,333¥5,667¥6,000
7km/L¥3,714¥4,000¥4,286¥4,571¥4,857¥5,143
8km/L¥3,250¥3,500¥3,750¥4,000¥4,250¥4,500
9km/L¥2,889¥3,111¥3,333¥3,556¥3,778¥4,000
10km/L¥2,600¥2,800¥3,000¥3,200¥3,400¥3,600
11km/L¥2,364¥2,545¥2,727¥2,909¥3,091¥3,273
12km/L¥2,167¥2,333¥2,500¥2,667¥2,833¥3,000
13km/L¥2,000¥2,154¥2,308¥2,462¥2,615¥2,769
14km/L¥1,857¥2,000¥2,143¥2,286¥2,429¥2,571
15km/L¥1,733¥1,867¥2,000¥2,133¥2,267¥2,400
16km/L¥1,625¥1,750¥1,875¥2,000¥2,125¥2,250
17km/L¥1,529¥1,647¥1,765¥1,882¥2,000¥2,118
18km/L¥1,444¥1,556¥1,667¥1,778¥1,889¥2,000
19km/L¥1,368¥1,474¥1,579¥1,684¥1,789¥1,895
20km/L¥1,300¥1,400¥1,500¥1,600¥1,700¥1,800
21km/L¥1,238¥1,333¥1,429¥1,524¥1,619¥1,714
22km/L¥1,182¥1,273¥1,364¥1,455¥1,545¥1,636
23km/L¥1,130¥1,217¥1,304¥1,391¥1,478¥1,565
24km/L¥1,083¥1,167¥1,250¥1,333¥1,417¥1,500
25km/L¥1,040¥1,120¥1,200¥1,280¥1,360¥1,440
26km/L¥1,000¥1,077¥1,154¥1,231¥1,308¥1,385
27km/L¥963¥1,037¥1,111¥1,185¥1,259¥1,333
28km/L¥929¥1,000¥1,071¥1,143¥1,214¥1,286
29km/L¥897¥966¥1,034¥1,103¥1,172¥1,241
30km/L¥867¥933¥1,000¥1,067¥1,133¥1,200

300kmのガソリン代

ガソリン価格単価
車の燃費¥130¥140¥150¥160¥170¥180
5km/L¥7,800¥8,400¥9,000¥9,600¥10,200¥10,800
6km/L¥6,500¥7,000¥7,500¥8,000¥8,500¥9,000
7km/L¥5,571¥6,000¥6,429¥6,857¥7,286¥7,714
8km/L¥4,875¥5,250¥5,625¥6,000¥6,375¥6,750
9km/L¥4,333¥4,667¥5,000¥5,333¥5,667¥6,000
10km/L¥3,900¥4,200¥4,500¥4,800¥5,100¥5,400
11km/L¥3,545¥3,818¥4,091¥4,364¥4,636¥4,909
12km/L¥3,250¥3,500¥3,750¥4,000¥4,250¥4,500
13km/L¥3,000¥3,231¥3,462¥3,692¥3,923¥4,154
14km/L¥2,786¥3,000¥3,214¥3,429¥3,643¥3,857
15km/L¥2,600¥2,800¥3,000¥3,200¥3,400¥3,600
16km/L¥2,438¥2,625¥2,813¥3,000¥3,188¥3,375
17km/L¥2,294¥2,471¥2,647¥2,824¥3,000¥3,176
18km/L¥2,167¥2,333¥2,500¥2,667¥2,833¥3,000
19km/L¥2,053¥2,211¥2,368¥2,526¥2,684¥2,842
20km/L¥1,950¥2,100¥2,250¥2,400¥2,550¥2,700
21km/L¥1,857¥2,000¥2,143¥2,286¥2,429¥2,571
22km/L¥1,773¥1,909¥2,045¥2,182¥2,318¥2,455
23km/L¥1,696¥1,826¥1,957¥2,087¥2,217¥2,348
24km/L¥1,625¥1,750¥1,875¥2,000¥2,125¥2,250
25km/L¥1,560¥1,680¥1,800¥1,920¥2,040¥2,160
26km/L¥1,500¥1,615¥1,731¥1,846¥1,962¥2,077
27km/L¥1,444¥1,556¥1,667¥1,778¥1,889¥2,000
28km/L¥1,393¥1,500¥1,607¥1,714¥1,821¥1,929
29km/L¥1,345¥1,448¥1,552¥1,655¥1,759¥1,862
30km/L¥1,300¥1,400¥1,500¥1,600¥1,700¥1,800
本ページはプロモーションが含まれています

100km・200km・300kmのだいたいのガソリン代計算

100km・200km・300kmのガソリン代計算をするにはまず1kmあたりのだいたいのガソリン代を計算します。

ガソリン単価は、2023年11月6日時点のレギュラーの全国平均ガソリン価格である170円/Lとします。

燃費は、車種や走行条件によって異なるため、実燃費や車の取扱説明書やメーカーのウェブサイトで確認します。

例えば、燃費が15km/Lの場合、1kmあたりのだいたいのガソリン代計算方法は以下のようになります。

1kmあたりのガソリン代 = 170円/L ÷ 15km/L 約11.33円

1kmあたりのガソリン代は約11.33円になります。

100kmのガソリン代は100をかけます。約1,133円となります。
200kmのガソリン代は200をかけます。約2,266円となります。
300kmのガソリン代は300をかけます。約3,399円となります。

なお、ガソリン代は、走行距離やガソリン単価、燃費によって異なります。

走行距離が長いほど、ガソリン代は高くなります。

ガソリン単価が高くなると、ガソリン代も高くなります。

燃費が良い車種を選ぶと、ガソリン代を節約することができます。

また、エコ運転をすることでも、だいたいのガソリン代計算方法で良い燃費になり節約することができます。

本ページはプロモーションが含まれています

ガソリン代が安い県

2023年11月6日時点のガソリン代が安い県は、以下のとおりです。

  • 1位:和歌山県(155.87円)
  • 2位:新潟県(158.54円)
  • 3位:岩手県(159.00円)
  • 4位:愛知県(159.00円)
  • 5位:香川県(161.00円)

この順位は、全国のガソリンスタンドの平均価格を比較して算出しています。

和歌山県は、全国で最もガソリン代が安い県です。これは、和歌山県が石油精製工場を有しており、原油からガソリンを精製するコストが低いためと考えられます。

また、新潟県や岩手県などの北陸地方も、ガソリン代が安い傾向にあります。これは、これらの地域が原油を運ぶ距離が短いため、輸送コストが低いためと考えられます。

一方、ガソリン代が高い県は、以下のとおりです。

  • 1位:沖縄県(187.00円)
  • 2位:鹿児島県(186.63円)
  • 3位:山口県(186.37円)
  • 4位:大分県(186.25円)
  • 5位:福岡県(186.12円)

沖縄県は、全国で最もガソリン代が高い県です。また、鹿児島県や山口県などの九州地方も、ガソリン代が高い傾向にあります。これは、これらの地域が原油を運ぶ距離が長いため、輸送コストが高いためと考えられます。

だいたいのガソリン代の計算方法の前に節約したい場合は、ガソリン代が安い県で給油すると良いでしょう。

軽油はガソリン代が安いが自動車本体が高いので難しいところ

本ページはプロモーションが含まれています

リッター1円引きとクレジットカードの1%還元はどちらが安い?

プリカにチャージ特典や現金特価でリッター1円引きになるガソリンスタンドがありますが、クレジットカードの1%還元と比較するとどちらがお得になるのでしょうか?

クレジットカードで1%還元の場合、170円×20リッターの場合は3400円になるのでガソリン代の割引計算すると34円の還元になります。
リッター1円引きの場合は20リッターで20円引きになるのでクレジットカードの還元の方がお得になります。

ガソリンがリッター100円よりも安くなった場合はクレジットカードの還元よりもリッター1円引きの方がお得になります。

ENEOSアプリにエネキーを登録して支払いしたらお得だった

ENEOSアプリにエネキーを登録して支払いしたら6円引きになっています。
ENEOSが近くにある方はガソリン代の節約にエネキーがおすすめです。

燃費を良くするには

急発進や急停止をしない

急加速や急停止は燃費の消費が約10%悪くなると言われています。
後続車に迷惑にならないようにゆっくり停止をするように心がけましょう。

スピードを出し過ぎない

だいたいのガソリン代計算方法で燃費を良くするには高速道路などでスピードを出し過ぎない事です。
ほとんどの車が70km以上出すと空気抵抗が増え燃費が急に悪くなります。後続車に迷惑をかけないように心掛けながらスピードも出さないようにすると燃費が良くなり燃費計算で良い数字が出ます。
ルーフキャリアなどの抵抗が増える物を付けるのも燃費悪化の原因となるので、使わない時期が長い場合は外すようにしましょう。

長時間アイドリングさせない

アイドリングしている状態でもガソリンを消費します。
1時間で約1リットルものガソリンを消費します。
大型トラックのアイドリングはさらに2~3倍も燃費が悪くなるので長時間のアイドリングはしないようにしましょう。

エアコンを使わなくても良い時はOFFにする

エアコンを利用すると涼しかったり曇りが取れて便利ですが、エンジンの回転数も増えるのでガソリンの消費が増えます。

タイヤの空気圧を定期的にチェックする

タイヤの空気圧が少ないとタイヤがつぶれて接地面が増えるので抵抗が増え燃費が悪くなります。
タイヤの空気は徐々に減っていくので定期的にチェックが必要です。

窒素ガスは、空気よりも密度が高いため、空気よりタイヤの内部から抜けにくくなります。そのため、タイヤの空気圧が長持ちし、燃費の向上やタイヤの偏摩耗の防止につながります。
だいたいのガソリン代計算方法で燃費を良くしたい場合は空気圧も定期的にチェックしましょう。

エコドライブモードを利用する

多くの車には、燃費を向上させるためのエコドライブモードが搭載されています。エコドライブモードを利用することで、燃費を向上させることができます。

エコドライブモードとは

エコドライブモードとは、燃費を向上させるためのモードです。アクセルペダルの反応をマイルドにする、エンジンの出力を抑える、エアコンの効きを弱めるなどの制御を行うことで、燃費を向上させることができます。

エコドライブモードは、多くの車に搭載されています。使用方法は車種によって異なりますが、通常のモードとは別に、エコドライブモードのスイッチやボタンが用意されています。

エコドライブモードを使用すると、以下のメリットがあります。

  • 燃費の向上

エコドライブモードを使用することで、燃費を10~20%程度向上させることができます。

  • 環境への配慮

燃費が向上することで、CO2の排出量を削減することができます。

  • 運転のしやすさ

アクセルペダルの反応がマイルドになるため、運転がしやすくなります。

エコドライブモードは、燃費を向上させたい場合におすすめです。ただし、エコドライブモードを使用すると、以下のデメリットもあります。

  • 加速性能が低下する

アクセルペダルの反応がマイルドになるため、加速性能が低下します。

  • エアコンの効きが弱まる

エアコンの効きが弱まるため、快適性が低下する場合があります。

エコドライブモードを使用する際は、以下の点に注意しましょう。

  • 加速性能が低下するため、車間距離を十分にとりましょう。
  • エアコンの効きが弱まるため、必要に応じてエアコンの設定を変更しましょう。

エコドライブモードは、燃費を向上させるための機能ですが、運転のしやすさや快適性も考慮して使用しましょう。

ハイブリッド車を選ぶ

ハイブリッド車は、ガソリン車に比べて燃費性能に優れているので、だいたいのガソリン代計算方法で燃費が良くなります。

ハイブリッド車とは、ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせて走行する自動車です。ガソリンエンジンと電気モーターのそれぞれのメリットを活かして、燃費を向上させることができます。

ハイブリッド車の仕組みは、大きく分けて以下の2つに分けられます。

  • シリーズハイブリッド

ガソリンエンジンで発電した電気をモーターで動力とする方式です。ガソリンエンジンは、発電のみを行うため、燃費の向上に大きく貢献します。

  • パラレルハイブリッド

ガソリンエンジンとモーターを組み合わせて動力とする方式です。ガソリンエンジンとモーターを状況に応じて切り替えることで、燃費を向上させることができます。

ハイブリッド車のメリットは、以下のとおりです。

  • 燃費がよい

ガソリン車に比べて、燃費がよいことが最大のメリットです。

  • 環境に優しい

CO2の排出量を削減できるため、環境に優しい車と言えます。

  • 静粛性が高い

電気モーターのみで走行する際には、エンジン音がないため、静粛性が高いです。

ハイブリッド車のデメリットは、以下のとおりです。

  • 価格が高い

ガソリン車に比べて、価格が高いことがデメリットです。

  • 車両重量が重い

ガソリン車に比べて、車両重量が重いため、加速性能が低下する場合があります。

  • 充電が必要な車種もある

プラグインハイブリッド車は、外部から充電することで、電気自動車として走行することもできます。しかし、充電に時間がかかるというデメリットがあります。

ハイブリッド車は、燃費の向上や環境に配慮した車を求める人におすすめです。

市街地走行を避ける

市街地走行では、信号待ちや渋滞などが多く、燃費が悪化しやすいです。市街地走行を避け、郊外や高速道路での走行を重視するとよいでしょう。

エンジンオイルを定期的に交換する

エンジンオイルが汚れていると、エンジンの摩擦抵抗が大きくなり、燃費が悪化します。エンジンオイルは、車の説明書に記載されている交換時期に交換しましょう。

エンジンオイルの交換時期

エンジンオイルの交換時期は、一般的に走行距離で3,000km~5,000km、または使用期間で6ヶ月~1年とされています。ただし、車種や使用状況によっても交換時期は異なるため、車の取扱説明書を必ず確認しましょう。

エンジンオイルは、エンジン内部の摩擦を軽減し、エンジンを保護する役割を果たしています。エンジンオイルが劣化すると、摩擦抵抗が大きくなり、だいたいのガソリン代計算方法で燃費の悪化やエンジンの故障につながる可能性があります。

エンジンオイルの交換時期を過ぎると、以下のような症状が現れる場合があります。

  • エンジンの始動時やアイドリング時に異音がする
  • エンジンから白煙や黒煙が出る
  • エンジンの回転が不安定になる

このような症状が現れた場合は、すぐにエンジンオイルを交換しましょう。

エンジンオイルの交換時期を早める要因としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 短距離走行が多い
  • 高速道路を多用する
  • 荷物をたくさん積んで走行する
  • エンジンを高回転で使用する
  • 砂埃や泥などの多い場所を走行する

これらの要因に当てはまる場合は、エンジンオイルの交換時期を早めに設定することをおすすめします。

エンジンオイルの交換は、ディーラーやカー用品店で行うことができます。交換費用は、車種やオイルの種類によって異なりますが、一般的に1万円~2万円程度です。

エンジンオイルは、車の維持費の中でも比較的安価な部品です。定期的に交換することで、エンジンを良好に保ち、燃費の悪化やエンジンの故障を防ぐことができます。

本ページはプロモーションが含まれています

リッター何キロから燃費がいい

だいたいのガソリン代計算方法で実燃費がリッター20キロ超える車が燃費がいい車です。
最近の車は燃費が良くなってきていますが、ミニバンなど車高がある車は空気抵抗もあり重量もあるので燃費は悪くなります。

本ページはプロモーションが含まれています

だいたいのガソリン代と燃費の計算のメリット

だいたいのガソリン代計算方法には、以下のメリットがあります。

  • 車の維持費を把握できる

だいたいのガソリン代を計算することで、車の維持費を把握することができます。車の維持費は、ガソリン代だけでなく、車検代や保険料、メンテナンス費用などさまざまな要因で構成されていますが、ガソリン代は維持費の中で最も大きな割合を占めます。そのため、ガソリン代を把握することで、車の維持費を全体的に把握することができます。

  • 燃費の改善に役立つ

だいたいのガソリン代を計算することで、燃費の改善に役立ちます。ガソリン代を計算することで、自分の車の燃費がどの程度なのかを把握することができます。また、燃費の計算を定期的に行うことで、燃費が悪化していないかどうかをチェックすることができます。燃費が悪化している場合は、走行方法や車の状態などを改善することで、燃費を向上させることができます。

  • 節約につながる

だいたいのガソリン代と燃費を計算することで、節約につながります。ガソリン代を計算することで、無駄な出費を把握することができます。また、燃費の改善に取り組むことで、ガソリン代を節約することができます。

だいたいのガソリン代計算方法は、車を所有するうえで欠かせないものです。ガソリン代と燃費を計算することで、車の維持費を把握し、燃費の改善に取り組むことができます。

本ページはプロモーションが含まれています

電気自動車のだいたいの充電料金(ガソリン代)計算

電気自動車の充電料金は、電力会社やプランによって異なります。一般的に、1kWhあたりの電気料金は、20円から30円程度です。

電気自動車のだいたいの充電料金(ガソリン代)を計算する方法は、以下のとおりです。

充電料金 = 充電量 × 電気料金

充電量

充電量は、kWhで表されます。充電量は、電気自動車のバッテリーの容量によって異なります。

電気料金

電気料金は、電力会社やプランによって異なります。

電気自動車の充電料金の例

電気自動車のバッテリー容量が30kWhで、電気料金が25円/kWhの場合、充電料金は、以下のとおりです。
電気自動車は30kWhで200kmの航続距離が可能です。

充電料金 = 30kWh × 25円/kWh = 750円

ガソリン代と電気代を比較

だいたいのガソリン代と電気代を計算して比較すると、電気代の方が安くなることが一般的です。

例えば、レギュラーガソリンの価格が160円/Lで、燃費が20km/Lの場合、200kmの走行にかかるガソリン代は、以下のとおりです。

ガソリン代 = 200km ÷ 20km/L × 160円/L = 1,600円

このように、ガソリン代と電気代を比較すると、電気代の方が安くなることがわかります。

電気自動車の充電料金のデメリット

電気自動車の充電料金のデメリットは、以下のとおりです。

  • 充電時間の長さ

電気自動車の充電時間は、車種や充電器によって異なります。一般的に、80%程度の充電に数時間かかるため、急な出先での充電には不向きです。

  • 充電設備の不足

電気自動車の充電設備は、ガソリンスタンドやコンビニエンスストアなど、徐々に普及していますが、まだ不足している地域もあります。

まとめ

電気自動車のだいたいの交通費のガソリン代(充電料金)計算方法は、ガソリン代よりも安くなることが一般的です。ただし、充電時間の長さや充電設備の不足がデメリットとして挙げられます。

実燃費が良い車

スズキ アルト

マイルドハイブリッドは実燃費の計算をした所、普段はL/30kmで高速道路ではL/38kmと驚くほどの軽ではトップクラスの低燃費でした。
納車までは長いですが、車体価格も100万円ちょっとと安くガソリン代も安いので軽のコンパクトカーを探している方におすすめの車です。

トヨタ ヴォクシー ハイブリッド

ガソリン車の時は実燃費が約L/12kmでしたが、ハイブリッドでは約L/17kmとミニバンでトップクラスの燃費です。

本ページはプロモーションが含まれています

旅行の計画でだいたいのガソリン代の計算をするのがおすすめ

旅行の計画でだいたいのガソリン代の計算をするとどれくらいの予算が必要かわかるのでおすすめです。

大家族の場合旅行の交通費の費用が高くなることが多いので、新幹線・飛行機・車などでお得なプランを探しましょう。

目的地までの距離を出したい場合はgoogleマップで高速や下道の距離がわかるので便利です。

本ページはプロモーションが含まれています

割り勘でのだいたいのガソリン代の計算

割り勘でのだいたいのガソリン代の計算は難しい問題です。
実際は車の維持費や運転手の大変さもあるので高く請求したいところですが、高く請求するとケチと思われます。

タイトルとURLをコピーしました