本ページはプロモーションが含まれています

クオカードをペイに移行したり他でチャージして電子マネー化は可能?

本ページはプロモーションが含まれています

クオカードをペイを移行したり他でチャージして電子マネー化できる?

クオカードはコンビニや書店などでしか使えるお店がほとんどなく電子マネー化したい方が多いのですが、残念ながらクオカードをペイに移行したり他でチャージして電子マネー化することができません。
同じサービスのクオカードペイに移動できないのは残念で仕方がありません。

クオカードは、プリペイド式のギフトカードであり、電子マネーのようにチャージして繰り返し使うものではありません。

クオカードを電子マネー化したい場合は、クオカードを売り、その現金で電子マネーを購入する方法があります。

クオカードPayは、クオカード株式会社が提供するデジタルギフトです。クオカードPayにチャージすることで、スマートフォンの画面に表示されたバーコードを提示するだけで、クオカードと同様に利用することができます。

ただし、クオカードPayも、一部の店舗でしか利用できません。また、クオカードPayにチャージした金額も、クオカードと同様、現金に戻すことはできません。

そのため、クオカードをペイに移行したり他でチャージして電子マネー化する事ができないので買取サービスを利用するか、使うしか方法がありません。

本ページはプロモーションが含まれています

なぜクオカードをペイに移行する電子マネー化できないのか

クオカードは、株式会社クオカードが発行している金券です。同社は、クオカードのシステムを独自に構築しており、電子マネー化に対応したシステムではありません。

クオカードをペイに移行する電子マネー化や他でチャージするには、クオカードのシステムを改修する必要がありますが、それには多額の費用と時間がかかります。

そのため、株式会社クオカードは、現時点ではクオカードの電子マネー化を検討していないとしています。

本ページはプロモーションが含まれています

なぜクオカードをペイに移行したり電子マネー化できないのに今でも使われるのか

クオカードをペイに移行する電子マネー化や他でチャージできないのに今でも使われる理由のひとつとして、高齢者や子供が利用しやすいという点が挙げられます。

高齢者や子供の中には、電子マネーの使い方がわからない、使いこなせないという人が少なからずいます。そのような人にとって、あらかじめ金額が印刷されたクオカードは、使い方が簡単でわかりやすいため、利用しやすいというメリットがあります。

また、クオカードは、店頭で現金と交換して使用することができます。そのため、電子マネーのようにチャージや残高管理を行う必要がなく、利用がシンプルというメリットもあります。

このように、高齢者や子供にとって、クオカードは電子マネーよりも使いやすいという点が、普及につながっていると考えられます。

具体的には、以下のシーンでよく利用されています。

  • 高齢者や子供へのプレゼントや贈答品として
  • 高齢者や子供が普段の買い物で利用する場合
  • 高齢者や子供が電子マネーに対応していない店舗で買い物する場合

今後も、高齢者や子供の人口が増加していくと、クオカードの需要はさらに高まっていくと考えられます。

本ページはプロモーションが含まれています

使えるお店

使えるお店はセブンイレブン・ファミリーマート・ローソンなどのコンビニ、マツモトキヨシ、デニーズ、上島珈琲店、イエローハット、ENEOS、JA-SS、書店などの一部店舗を除くお店で利用できます。

詳しくは公式サイトで確認できます。

使えるお店 | 【公式】ギフトといえばQUOカード(クオカード)
QUOカードをご利用いただける全国の加盟店をご紹介します。

結構使えるお店が限られるのでクオカードをペイに移行したり他でチャージして電子マネー化したい方が多いようです。

クオカードを利用するならマツモトキヨシがおすすめ

クオカードを利用するなら、マツモトキヨシがおすすめです。

マツモトキヨシでは、クオカードを使って、医薬品や化粧品、食品・日用品などの買い物がコンビニよりも安く購入できます。また、マツモトキヨシでは、クオカードの利用金額に応じて、ポイントが貯まります。
コンビニではポイントが付かないのでお得です。
ただし一部店舗では利用できないのですがWEBで確認する事ができません。

クオカードで購入できない物

一部利用除外商品がございます。
これらの代金のお支払いにはご利用いただけませんのでご注意ください。

・公共料金、通信販売等収納代行サービス
・プリペイドカード
・切手、はがき、印紙
・タバコ
・チケット類
・調剤(処方箋)
・その他当社、又は取扱店が指定した商品など

ミニストップではクオカードペイは使えるがクオカードは使えない

ハロハロを食べたくてミニストップで購入しレジにクオカードを出したところ使えませんと言われました。
ミニストップでは、2021年1月18日より、クオカードペイが利用可能になりましたが、クオカードを使うことができません。
私のようにどこでも利用できると思っていた方は注意が必要です。

本ページはプロモーションが含まれています

クオカードの買取

クオカードをペイに移行したり他でチャージして電子マネー化ができないので、使えない場合は金券ショップや買取専門店などで買取してもらえます。買取価格は、カードの額面の90〜95%程度が相場です。

買取に出す際には、以下の点に注意しましょう。

  • カードの額面

カードの額面が高いほど、買取価格が高くなります。

  • カードの状態

カードの状態が悪いと、買取価格が下がります。カードの表面に傷や汚れがある場合は、拭き取るなどしてきれいにしておきましょう。

  • カードの有効期限

カードの有効期限が切れている場合は、買取してもらえない場合があります。有効期限が近い場合は、早めに買取に出しましょう。

また、買取の際には、身分証明書の提示を求められます。そのため、運転免許証やマイナンバーカードなど、本人確認ができる身分証明書を用意しておきましょう。

クオカードを買取に出す際は、複数の買取業者を比較して、最も高値で買取してくれる業者を選ぶようにしましょう。

以下に、クオカードの買取を行っている業者をいくつかご紹介します。

  • 金券ショップ

全国各地に多くの店舗を構える金券ショップでは、クオカードの買取を行っています。

  • 買取専門店

クオカードの買取に特化した買取専門店もあります。金券ショップよりも高い買取価格を提示してくれる場合があります。

  • インターネット

インターネット上でも、クオカードの買取を行っています。複数の業者の買取価格を比較して、最も高値で買取してくれる業者を選ぶことができます。

ただし送料が高いので、売る場合は近くの買取が一番良いでしょう。

フリマサイトではクオカードの残高があるものの販売ができない

フリマサイトでは現金、カード類、株主優待券を含む金券類の出品を禁止されているのでクオカードを売る事ができません。
残高が無い場合は出品する事が可能です。
出品した場合はアカウント停止になる可能性が高いので注意が必要です。

本ページはプロモーションが含まれています

セブンイレブンで宅急便をクオカードで支払うことができる

セブンイレブンで宅急便の発送が可能です。一部店舗を除くセブンイレブンで運賃をクオカードで支払うことができます。

本ページはプロモーションが含まれています

クオカードと電子マネー化されたクオカードペイの違い

クオカードとクオカードペイは、どちらもクオカード株式会社が発行するギフトカードですが、電子マネー化されたクオカードペイは以下の点で異なります。

項目クオカードクオカードペイ
形状磁気式バーコード式
利用方法店頭でバーコードを読み取ってもらうスマートフォンのアプリでバーコードを表示する
チャージ不可可能
有効期限無期限発行から3年
加盟店コンビニ、スーパー、ドラッグストア、飲食店などコンビニ、スーパー、ドラッグストア、飲食店など

クオカードは、磁気式のギフトカードで、店頭でバーコードを読み取ってもらうことで支払いに利用することができます。有効期限は無期限で、コンビニ、スーパー、ドラッグストア、飲食店など、さまざまな店舗で利用することができます。

クオカードペイは、バーコード式のギフトカードで、スマートフォンのアプリでバーコードを表示することで支払いに利用することができます。チャージすることも可能で、有効期限は発行から3年です。コンビニ、スーパー、ドラッグストア、飲食店など、クオカードと違う店舗で利用することができます。

クオカードペイは、スマートフォンで簡単に管理・利用できる点が特徴です。また、チャージすることで、利用限度額を増やすこともできます。

クオカードとクオカードペイのどちらを選ぶかは、利用シーンや好みによって異なります。子供やお年寄りなどスマホが使えない場合はクオカードがおすすめです。スマートフォンで支払いをすることが多い場合は、電子マネー化されたクオカードペイがおすすめです。

本ページはプロモーションが含まれています

ギフトカードと言えばクオカード

ギフトカードでクオカードの知名度は、非常に高いと言えます。

クオカードの知名度が高い理由としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 長年にわたって販売されており、多くの人に認知されている。
  • コンビニや書店など、さまざまな店舗で利用することができる。
  • 有効期限が無期限である。

クオカードは、1987年に誕生した、日本最古のギフトカードです。長年にわたって販売されており、多くの人に認知されています。また、コンビニや書店など、さまざまな店舗で利用することができるため、利便性が高いことも、知名度が高い理由の一つです。さらに、有効期限が無期限であるため、いつでも安心して利用することができます。

このように、クオカードは、知名度、利便性、安心感の3拍子揃った、日本を代表するギフトカードと言えるでしょう。

ただ最近では色んなキャッシュレス決済が増えており、クオカードも電子マネー化でクオカードペイが誕生しましたが、利用できる店舗はまだ少なく、クオカードをクオカードペイに移行チャージすることもできないので使い道に困る方も多いようです。

本ページはプロモーションが含まれています

電子マネー化が進みクオカードが廃止になる可能性も?

電子マネー化が進みクオカードが廃止になる可能性もあります。
今現在は廃止にはならないと思いますが、クオカードの普及が下がりクオカードペイなどの普及してきた場合はサービス終了の可能性はあります。

本ページはプロモーションが含まれています

もらったクオカードがどうしても使い道がなければプレゼントする

もらったクオカードがどうしても使い道がない場合は、以下のような方法でプレゼントするのも良いでしょう。

1. 誕生日や記念日のプレゼント

誕生日や記念日に、家族や友人にクオカードをプレゼントするのはいかがでしょうか。相手が好きなものを買えるので、喜んでもらえるでしょう。

2. ちょっとしたプレゼント

お世話になった人へのちょっとしたプレゼントとして、クオカードを贈るのもおすすめです。

3. 子供へのプレゼント

子供へのお小遣い代わりに、クオカードをプレゼントするのも良いでしょう。子供は好きなものを買えるので、喜ぶでしょう。

4. 懸賞や景品

イベントやキャンペーンの懸賞や景品として、クオカードを提供するのも良いでしょう。

5. 寄付

社会貢献活動の一環として、NPOや公益法人などにクオカードを寄付するのも良いでしょう。

プレゼントする際の注意点

  • 相手の好みや用途に合ったクオカードのデザインか確認
  • ギフト用の包装をする

その他

  • クオカードは、現金や商品券と比べて手軽に贈ることができるので、ちょっとしたプレゼントにおすすめです。
  • クオカードは、全国の多くの店で利用できるので、相手に喜んでもらえるでしょう。

もらったクオカードが使い道がない場合は、ぜひプレゼントとして活用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました