本ページはプロモーションが含まれています

Aliexpress(アリエクスプレス)はヤバイから買ってはいけない?信頼性と安全性の口コミ評判や届かない注意点と安い理由

本ページはプロモーションが含まれています

Aliexpressで買ってはいけない人

AliExpressは、中国のECサイトです。日本円で数百円から購入できる商品も多く、安価に商品を購入できることから人気があります。しかし、以下のような人は AliExpressで買ってはいけない人です。

品質や安全性にこだわる人

AliExpress で販売されている商品は、中国製のものが多く、日本製の商品に比べて品質や安全性が劣る場合もあります。特に、電子部品・食品や化粧品などの商品は、信頼性や安全性にヤバイものもあるのが口コミ評判を確認するのが注意点です。

食品の場合、食品衛生基準に抵触し関税で止められる可能性が高いため、注意が必要です。化粧品の場合、品質や安全性が十分に担保されていない場合があり、肌トラブルを引き起こす可能性があります。

梱包も必要最小限なので、壊れやすいものは注意が必要です。
ガラスなどはほとんど壊れていると思った方が良いでしょう。

すぐに商品が欲しい人

AliExpress で購入した商品は、中国からの発送となるため、到着まで時間がかかります。最短でも2週間程度、場合によっては数ヶ月かかることもあり、アリエクスプレスがヤバイと口コミ評判で言われる安い理由です。

送料無料などの配送方法はほとんどの商品は到着までに1ヵ月かかっています。
かといって配送が早い高い送料で購入すると安く購入できるメリットが無くなるのが注意点です。

すぐに商品が欲しい場合は、日本国内で購入することをおすすめします。

返品や交換が面倒な人

AliExpressで安い理由が日本よりも低い品質によるもので、不良品の確率が日本よりも高くなります。購入した商品に不良品や不具合があった場合、返品や交換をする必要があります。しかし、返品や交換の手続きがヤバイ位煩雑で、時間がかかるといった注意点があります。

返品や交換の手続きを簡単にしたい場合は、日本国内で購入することをおすすめします。

もちろん、AliExpressで購入して問題がない人もたくさんいます。しかし、上記のような点を考慮して、購入を検討することをおすすめします。

7回に1回位の割合で、商品画像と違う物が届いたり、アリエクスプレスで発送通知が出ているのに商品が届かないなどのヤバイ詐欺トラブルがあり信頼性や安全性が口コミ評判で悪い理由です。
届かないなどのキャンセルの対応はサポートが対応してくれるので安心ですが面倒です。
気長に待てる商品で安く購入できたらラッキー位の気持ちで購入できる人以外はaliexpressで買ってはいけないです。

AliExpressで不良品についてのやり取りは翻訳サイトを利用する必要がある

AliExpressでセラーに不良品についてやり取りする場合は、翻訳サイトを利用する必要がある場合が多く話もヤバイ位通じない事もあります。面倒な方はAliExpressで買ってはいけないです。

AliExpressは、中国のECサイトです。そのため、セラーは中国語を話す人が多いためです。また、AliExpressには日本語に翻訳ができますが、翻訳が意味不明な場合が多いので別の翻訳も使った方が良いです。

そのため、不良品についてセラーに問い合わせる場合は、翻訳サイトを利用して、日本語を中国語に翻訳する必要があります。

翻訳サイトは、Google翻訳やDeepL翻訳など、さまざまな種類があります。これらの翻訳サイトを利用すれば、比較的正確に日本語を中国語に翻訳することができます。

ただし、翻訳サイトを利用する場合でも、誤訳が起こる可能性があるのが注意点です。不良品の状態や返品や交換の条件など、重要な内容については、セラーと直接確認することをおすすめします。

以下に、AliExpressでセラーに不良品についてやり取りする際の注意点をまとめました。

  • 翻訳サイトを利用する

セラーとのやり取りは、翻訳サイトを利用して、日本語を中国語に翻訳する。

  • 誤訳に注意する

翻訳サイトを利用する場合でも、誤訳が起こる可能性があるため、注意する。

  • セラーと直接確認する

不良品の状態や返品や交換の条件など、重要な内容については、セラーと直接確認する。

AliExpressで不良品を購入した場合は、セラーに連絡して、返品や交換の手続きを進めましょう。

セラーの中には割引の交渉をしてきたり、近くで修理してくださいなど理不尽な対応もあります。
その場合はカスタマーサービスに連絡して手助けをしてもらいましょう。

カスタマーサービスに返金を依頼する場合は証拠の画像などが必要

カスタマーサービスに返金を依頼する場合は、証拠の画像などが必要になる場合があります。

カスタマーサービスは、お客様からの返金依頼を審査する際に、商品の不良や不具合を確認する必要があります。そのため、商品の状態を示す画像や動画などの証拠があると、返金依頼が承認されやすくなります。
こちらも手間と時間がかかる注意点があるので面倒な方はAliExpressで買ってはいけないです。

具体的には、以下の画像や動画が証拠として有効です。

  • 商品の外観

商品本体の外観に傷や汚れ、破損などの不良がある場合は、その画像や動画を用意しましょう。

少しくらいの汚れなどは日本人だけが神経質なので、クレームを入れてもだたの悪質なクレーマー扱いになり何度も問い合わせるとAliExpressアカウント凍結というヤバイ対処になります。

  • 商品の内部

商品の内部に不良や不具合がある場合は、その画像や動画を用意しましょう。

  • 商品の動作

商品が正常に動作しない場合は、その動作を示す動画を用意しましょう。

カスタマーサービスに返金を依頼する際には、これらの画像や動画を添付すると、返金依頼が承認されやすくなります。

なお、カスタマーサービスによっては、画像や動画の提出が必須ではない場合があります。しかし、画像や動画を提出することで、返金依頼がスムーズに進む可能性が高くなります。

以下に、カスタマーサービスに返金を依頼する際の注意点をまとめました。

  • 証拠の画像や動画を用意する

商品の状態を示す画像や動画を用意すると、返金依頼が承認されやすくなります。

  • カスタマーサービスの指示に従う

カスタマーサービスから画像や動画の提出を求められた場合は、その指示に従いましょう。

カスタマーサービスに返金を依頼する際は、上記の点に注意して、返金が承認されるようにしましょう。

本ページはプロモーションが含まれています

AliExpressで買ってはいけない商品の注意点

AliExpressで買ってはいけない商品の注意点は以下のようなものが挙げられます。

偽物商品

AliExpressでは、ブランド品などのヤバイ偽物商品が販売されていることがあります。偽物商品は、信頼性が悪いだけでなく、安全性にも問題がある可能性があります。

偽物商品の輸入は、日本では法律で禁止されています。そのため、偽物商品が税関で発見された場合、没収される可能性があるのが注意点です。

没収された場合、商品は返品されず、処分されます。また、輸入者には、関税や消費税が課せられる場合があります。

2022年10月1日以降は、個人使用目的であっても、海外業者から偽物商品を輸入することは禁止されています。そのため、個人で偽物商品を購入した場合も、没収される可能性があります。

偽物商品の没収を防ぐためには、以下の点に注意しましょう。

  • 購入前に、商品が正規品かどうかを確認する

正規品と偽物を見分ける方法は、以下のようなものがあります。

* 商品のデザインや品質を確認する
* 商品の付属品を確認する
* 商品の販売元を確認する
  • 海外の業者から購入する場合は、信頼できる業者から購入する

海外の業者から購入する場合は、評判や評価を確認して、信頼できる業者から購入しましょう。

  • 商品の説明をよく読んで、注意事項を確認する

商品の説明をよく読んで、偽物商品と誤認される可能性がある場合は、購入を控えましょう。

なお、偽物商品の購入は、知的財産権の侵害にも該当します。そのため、偽物商品を購入すると、民事上の責任を問われる可能性もあるのが注意点です。

そのため不安なデザインの物などはAliExpressで買ってはいけないです。

規制対象の商品

AliExpressでは、安全性の観点から法律で規制されているヤバイ商品が販売されていることがあります。規制対象の商品を購入すると、法律違反になる可能性があるので買ってはいけないです。

日本では、以下の商品の輸入が禁止されています。

  • 麻薬、向精神薬、大麻、あへん、けしがら、覚せい剤及びあへん吸煙具、指定薬物
  • けん銃、小銃、機関銃、砲、これらの銃砲弾及びけん銃部品(モデルガン、水中銃、刀剣を含む)
  • 爆発、引火、発火の危険性のあるもの
  • 火薬類
  • 化学兵器の禁止及び特定物質の規制等に関する法律第2条第3項に規定する特定物質
  • ワシントン条約で規制されている野生動植物
  • 国際連合海洋法条約に基づく海洋生物の捕獲禁止・制限対象種
  • 植物防疫法で規制されている植物
  • 家畜伝染病予防法で規制されている家畜
  • 食品衛生法で規制されている食品
  • 著作権法で保護されている著作物
  • 特許法で保護されている特許権侵害物品
  • 商標法で保護されている商標権侵害物品

また、以下の商品は、輸入に際して、許可や承認が必要となります。

  • 医薬品、医療機器
  • 化粧品
  • 農薬
  • 肥料
  • 動物用医薬品
  • 食品
  • 原子力関連物品

輸入禁止商品や許可・承認が必要な商品を輸入する場合は、税関に事前に確認することをおすすめします。

なお、輸入禁止商品を輸入した場合、没収されるだけでなく、罰則が科される可能性があります。

AliExpressで輸入禁止商品や許可・承認が必要な商品を輸入する際は、買ってはいけないものに注意しましょう。

私が購入したものでは、ファーのラグ、木でできた装飾品が関税で止められて時間がかかりました。

AliExpressで電化製品を購入する際の注意点

AliExpressで電化製品を購入する際の注意点があります。

  • 販売者の評価を確認する
  • 商品のレビューを確認する
  • 商品の説明をよく読む

また、購入前に、商品の購入規制や輸入規制を確認することも大切です。

販売者の口コミ評判が高い販売者から購入すれば、品質の良い電化製品を購入できる可能性が高くなります。また、商品のレビューを確認することで、商品の品質や使い心地を把握することができます。商品の説明をよく読むことで、商品の内容や注意事項を確認することができます。

購入前に、商品の購入規制や輸入規制を確認することで、トラブルを防ぐことができます。

技適マークがないスマホは買ってはいけない

Aliexpressで買ってはいけないで販売されているスマホの中には、技適マークがないものが存在します。技適マークとは、総務省が定める「技術基準適合証明」と「技術基準適合認定」のいずれか、または両方の認証を得ていることを証明するためのマークです。

技適マークがないスマホを日本国内で使用すると、以下のリスクがあります。

  • 電波法に違反する。
  • 電波障害や事故の原因となる。
  • 故障や損傷のリスクが高まる。

そのため、Aliexpressでスマホを購入する際には、技適マークがあるかどうかを必ず確認するようにしましょう。

技適マークの有無は、スマホ本体の背面や端末情報などで確認することができます。

また、Aliexpressで技適マークがあるスマホを購入したい場合は、以下の点に注意しましょう。

  • 出品者に技適マークの有無を確認する。
  • 技適マークが付いていることを示す証拠(証明書や取扱説明書など)を確認する。

技適マークがあるかどうかを十分に確認した上で、購入するようにしましょう。

AliExpressの電化製品は壊れやすく安全性が低いので買ってはいけない

AliExpressの電化製品は壊れやすく安全性が低いので買ってはいけない注意点があります。

AliExpressで電化製品を購入する際は、上記の点に注意して、品質の良い電化製品を購入しましょう。

以下に、AliExpressで購入した電化製品の品質に関する口コミ評判をいくつか紹介します。

  • 品質が良く、満足している
  • 品質が思っていたよりも悪かった
  • 品質は悪いが、値段相応だと思う

AliExpressで電化製品を購入する際は、これらの評判も参考にすると良いでしょう。

なお、AliExpressで購入してはいけない安全性が低い電化製品としては、以下のようなものが挙げられます。

  • PSEマークやPSE適合標識のない電化製品
  • 日本国内の電圧に対応していない電化製品
  • 安全基準が低い国や地域で製造された電化製品

これらの電化製品は、品質が悪いだけでなく、火災などの原因になり安全性にも問題がある可能性があるのでAliExpressで買ってはいけないです。

低品質の商品

AliExpressでは、品質が悪い商品が販売されていることがあります。低品質の商品を購入すると、すぐに壊れたり、使い物にならなかったりする可能性があります。

不良品

AliExpressでは、不良品が販売されていることがあります。不良品を購入すると、返品や交換が難しい可能性があります。
AliExpressで不良品の可能性が高い低評価の方からは買ってはいけないです。

AliExpressでは、検品基準が低いのが安い理由ですが、欠陥商品が流通する可能性があります。欠陥商品は、すぐに壊れたり、使い物にならなかったりする注意点があります。

AliExpressで購入した商品は、一定の条件を満たす場合に限り、返品することができます。

返品できる条件は、以下のとおりです。

  • 商品が破損していた場合
  • 商品が説明と異なっていた場合
  • 商品が注文したものと異なる場合

返品する場合は、以下の手順で行います。

  1. 商品の受領後15日以内に、AliExpressのカスタマーサービスに連絡する。
  2. 返品理由を説明して、返品手続きを依頼する。
  3. 返品手続きが承認されたら、商品を返送する。

商品が返送されたら、AliExpressから返金が行われます。

返品手数料は、原則として購入者が負担します。ただし、商品が破損していた場合や、商品が説明と異なっていた場合は負担が必要ない場合もあります。

また、返品できる商品は、販売者によって異なります。一部の販売者は、返品を一切受け付けていない場合もあります。

返品する前に、必ず販売者の返品ポリシーを確認しましょう。

なお、AliExpressは、2022年7月から「Free Return」という返品制度を導入しています。この制度を利用すると、商品が破損していた場合や、商品が説明と異なっていた場合、返品手数料を無料で返品することができます。

「Free Return」を利用するには、対象商品を購入する必要があります。また、返品手続きは、商品の受領後15日以内に行う必要があります。

「Free Return」を利用することで、返品時の手間や費用を節約することができます。

AliExpressで商品を購入する際は、上記の点に注意しましょう。

具体的には、以下の点を確認することをおすすめします。

本ページはプロモーションが含まれています

AliExpressで販売者の評価が低い場合は買ってはいけない

AliExpressで販売者の口コミ評判が低い場合は、買ってはいけないです。

販売者の評価が低いということは、過去の購入者のレビューで、商品の不良や不具合、対応の悪さなどの問題が報告されている可能性があるためです。

販売者の評価が低い場合、以下のリスクがあります。

  • 商品が不良品や不具合品である可能性がある
  • 販売者からの対応が悪く、返品や交換が難しい可能性がある

もちろん、販売者の評価が低いからといって、必ずしも商品が悪いわけではありません。しかし、リスクを回避するためには、販売者の評価が高い販売者から購入することをおすすめします。

販売者の評価をチェックする際は、以下の点に注意しましょう。

  • 星の数をチェックする

星の数が多いほど、販売者の評価が高いことを意味します。

  • レビューの内容をチェックする

レビューの内容をチェックして、商品や販売者の対応について確認しましょう。

  • レビューの件数をチェックする

レビューの件数が少ない場合は、参考にならない可能性があるため注意しましょう。

AliExpressで商品を購入する場合は、販売者の評価をチェックすることをおすすめします。販売者の評価をチェックすることで、安心して商品を購入することができます。

また、AliExpressでは、販売者を「トップブランド」に認定しています。トップブランドの販売者は、品質や対応が優れていると判断された販売者です。トップブランドの販売者から購入することで、より安心して商品を購入することができます。

トップブランドの販売者を表示するには、商品ページの「ショップ情報」タブをクリックし、「トップブランド」タブをクリックします。トップブランドの販売者が表示されます。

商品の説明

商品の説明をよく読んで、商品の内容や注意事項を確認しましょう。

また、購入前に、商品の購入規制や輸入規制を確認することも大切です。

AliExpressは、海外から商品を安く購入できる便利なサイトですが、トラブルのリスクがあることも注意点として理解しておきましょう。

本ページはプロモーションが含まれています

AliExpressは日本の品質基準で買ってはいけない

品質基準が低いけど安いから我慢ができる方以外はAliExpressで買ってはいけないです。

AliExpressで何度も返品をすると、アカウント凍結になる可能性がある

AliExpressで何度も返品をすると、アカウント凍結になる可能性があります。

AliExpressでは、購入者保護制度が設けられており、購入者が商品に満足できない場合は、一定の条件を満たす場合に限り、返品することができます。

しかし、購入者が故意に返品を繰り返す場合、AliExpressは、購入者のアカウントを凍結する可能性があります。

アカウントが凍結されると、商品の購入や取引ができなくなるため、注意が必要です。

AliExpressで返品を行う際は、以下の点に注意しましょう。

  • 商品が破損していた場合や、商品が説明と異なっていた場合などの正当な理由がある場合にのみ、返品する。
  • 返品手続きは、商品の受領後すぐに行う。
  • 返品理由を明確に説明する。

また、AliExpressの返品ポリシーをよく確認しておきましょう。

具体的には、以下のポリシーに注意しましょう。

  • 返品できる商品は、販売者によって異なります。
  • 返品手数料は、原則として購入者が負担します。
  • 返品手続きは、商品の受領後すぐに行う必要があります。

返品ポリシーに違反した場合、AliExpressからアカウント凍結などの措置が取られる可能性があります。
できる限りトラブルを減らすようにするには、AliExpressで販売者の評価が低い場合は買ってはいけないです。

本ページはプロモーションが含まれています

AliExpressで1万6666円を超えて買ってはいけない

安く個人輸入したい場合はAliExpressで1万6666円を超えて買ってはいけないです。

AliExpressで購入した商品は、日本に到着すると税関で審査が行われます。送料を含む金額で1万6666円を超えると、個人輸入ではないとみなされ関税や消費税が課される可能性があります。

革製品や動物の毛などの場合はワシントン条約で大丈夫でも1万6666円以下でも免税にならないので注意が必要です。

本ページはプロモーションが含まれています

購入してAliExpressで買ってはいけないと思った物

高性能なヘッドライト

釣りが趣味なので明るいヘッドライドを5000円で購入したのですが届いて2週間で壊れました。
振るとカラカラ音がするので部品が取れたのかもしれません。
2週間で5000円は痛すぎるので精密機器はAliExpressで買ってはいけないなと思いました。

その辺のお店で見た事が無いデザインで評価が無いので不安でしたが一目惚れでTシャツを購入しました。
届いたTシャツは日本で良く売っている物よりも薄い生地で地肌が透けて見えるもので、さらにサイズもボディラインが判るくらい小さいサイズだったので着れませんでした。

日本品質と同じ感覚で購入するとアカウント凍結になる

日本品質と同じ感覚で購入すると汚れ・傷・カラーや素材が写真と違ったり気になる点が多くあります。
クレームで半額返金などしてもらえたので10回に1回位のクレームを出していたのですが、アカウント凍結になりました。
凍結になる前に2万円の物を注文していたのですが、詐欺なのか凍結されたせいなのかわかりませんが商品が届かなくて運営へ問い合わせたのですが返答もなしで完全アカウント停止になりました。
今までで2万円以上は安く購入できていたのでいい勉強代だと思って今回は諦めました。
日本品質と同じ感覚でAliExpressで買ってはいけないなと思いました。

今現在は引越して電話番号も新しくなったので新規アカウントで安い物だけ買い物をしています。

本ページはプロモーションが含まれています

AliExpressで買った方がいい物

雑貨

AliExpressで買ってはいけない物を紹介してきましたが、買った方が良い物もあります。
AliExpressでは、文房具、日用品、インテリア雑貨など、様々な雑貨が販売されています。日本国内で販売されている商品と比べて、価格が安いため、お得に購入することができます。

本ページはプロモーションが含まれています

AliExpressで商品が届かない

AliExpressで低評価の方から買ってはいけないと言ってきましたが、高評価でも問題が起きる場合もあります。
AliExpressで商品が届かない場合は、以下の原因が考えられます。

  • 配送業者の遅延
  • 税関の検査
  • 販売者の詐欺

配送業者の遅延

AliExpressで商品を購入した場合、商品は中国から日本に輸送されます。輸送には、通常、1週間から2週間程度かかると言われています。しかし、配送業者の遅延や、天候などの影響により、商品が届くまで時間がかかる場合があります。

税関の検査

AliExpressで購入した商品が、日本国内の税関で検査を受ける場合があります。検査には、通常、数日程度かかると言われています。税関の検査が完了するまで、商品が届きません。

販売者の詐欺

販売者が、商品を実際に発送していない場合、商品が届かない場合があります。販売者が詐欺を働いている場合は、AliExpressに連絡して対応を依頼しましょう。

商品が届かない場合は、以下の対処法を試してみてください。

  • 販売者に連絡する

まずは、販売者に連絡して、商品の状況を確認しましょう。販売者が商品を発送していない場合は、返金などの対応をしてもらうことができます。

  • AliExpressに連絡する

販売者が対応してくれない場合は、AliExpressに連絡して、紛争を起こしましょう。AliExpressが調査を行い、商品の返金などの対応をしてくれる可能性があります。

  • 追跡番号を確認する

商品に追跡番号が記載されている場合は、追跡番号を使って、商品の状況を確認しましょう。追跡番号で商品が日本に到着していることを確認できた場合は、税関の検査待ちになっている可能性があります。

AliExpressで商品が届かない場合は、焦らずに、上記の対処法を試してみてください。

本ページはプロモーションが含まれています

aliexpressの評判

aliexpressは、中国のアリババグループが運営する、世界最大の越境ECサイトです。さまざまな商品を販売しています。

aliexpressの評判は、概ね良好です。商品の種類が豊富で、価格が安いことが評価されています。また、送料が安いことも、人気の理由の一つです。

一方で、商品の到着が遅い、商品が写真と違う・届かないなどのトラブルも報告されています。そのため、購入する際には、注意が必要です。

本ページはプロモーションが含まれています

Aliexpressでセキュリティが不安な方は買ってはいけない

私は普段からクレジットカードで購入していて問題はありませんが、AliExpressでセキュリティの信頼性や安全性が不安な方は買ってはいけないです。

AliExpressは、中国のオンラインショッピングサイトで、日本でも人気を集めています。安価で様々な商品を購入することができる一方で、セキュリティ面で不安視する声もあります。
日本でもセキュリティの問題が多いので同じでしょと割り切れる方以外は利用しない方が良いと思います。

具体的には、以下の点が不安視されています。

  • 個人情報の取り扱い

AliExpressでは、クレジットカード情報や住所などの個人情報を入力する必要があります。これらの情報は、中国の企業によって取り扱われるため、セキュリティが不安視されています。

  • 詐欺やトラブル

AliExpressでは、詐欺やトラブルの報告も少なくありません。商品が届かない、商品が破損している、商品と異なる商品が届いたなどのトラブルが発生する可能性があります。

セキュリティが不安な方は、AliExpressで買い物をしないか、以下の対策をとることをおすすめします。

  • クレジットカードの利用を控える

クレジットカードの利用を控え、PayPalなどの第三者決済サービスを利用する。

  • 個人情報の入力を最小限にする

必要最低限の個人情報のみを入力する。

  • 取引相手の評価を確認する

取引相手の評価を確認して、信頼できる相手かどうかを判断する。

また、AliExpressでは、返品や交換などの制度が整っています。万が一、問題が発生した場合は、早めにカスタマーサービスに連絡しましょう。

セキュリティが不安な方は、以下のような商品は特に注意が必要です。

  • 個人情報や金銭に関わる商品

クレジットカード情報やパスワードなどの個人情報、現金や貴金属などの金銭に関わる商品は、偽造品や詐欺の被害に遭う可能性が高くなります。

本ページはプロモーションが含まれています

Aliexpressの偽サイトで買ってはいけない

AliExpressの偽サイトで買ってはいけないです。

AliExpressの偽サイトとは、AliExpressの公式サイトを模倣したサイトです。これらのサイトでは、AliExpressの正規品よりも安い価格で商品が販売されていることが多く、利用者を誘惑しています。

しかし、AliExpressの偽サイトで商品を購入した場合、以下のリスクがあります。

  • 偽造品や粗悪品の購入

AliExpressの偽サイトで販売されている商品は、偽造品や粗悪品である可能性があります。偽造品や粗悪品を購入した場合、品質や安全性に問題がある可能性があります。

  • 詐欺やトラブルの被害

AliExpressの偽サイトでは、詐欺やトラブルが発生する可能性があります。商品が届かない、商品が破損している、商品と異なる商品が届いたなどのトラブルが発生する可能性があります。

  • 個人情報の流出

AliExpressの偽サイトで個人情報を入力した場合、個人情報が流出する可能性があります。個人情報が流出した場合、不正利用や犯罪に巻き込まれる可能性があります。

AliExpressの偽サイトを見分けるには、以下の点に注意しましょう。

  • URL

AliExpressの公式サイトのURLは、https://aliexpress.com/です。偽サイトのURLは、このURLと異なる場合があります。

  • ドメイン名

AliExpressの公式サイトのドメイン名は、.comです。偽サイトのドメイン名は、.com以外のドメイン名である場合があります。

  • デザイン

AliExpressの公式サイトのデザインは、シンプルでわかりやすいデザインです。偽サイトのデザインは、公式サイトのデザインを模倣している場合もありますが、粗雑なデザインである場合があります。

  • 運営者情報

AliExpressの公式サイトには、運営者情報として、会社名や所在地などの情報が記載されています。偽サイトには、運営者情報が記載されていない場合があります。

AliExpressで買い物をする場合は、公式サイトを利用するようにしましょう。公式サイトを利用することで、偽造品や粗悪品、詐欺やトラブルなどのリスクを回避することができます。

  • 決済方法

公式サイトでは、クレジットカードやPayPalなどの様々な決済方法が利用できます。偽サイトでは、これらの決済方法が利用できない場合があります。

AliExpressでお得に購入するならキャッシュレス決済

AliExpressでお得に購入するには、キャッシュレス決済がおすすめです。

キャッシュレス決済をおすすめする理由

  • ポイント還元

多くのキャッシュレス決済サービスでは、ポイント還元キャンペーンを実施しています。

ポイント還元率はサービスによって異なりますが、中には1%以上還元されるものもあります。

つまり、キャッシュレス決済を利用することで、AliExpressで販売されている商品を通常よりも安く購入することができます。

  • ポイントの使い道

貯まったポイントは、現金に交換したり、他の商品に交換したりすることができます。

また、ポイントを貯めて、旅行券やギフト券に交換することもできます。

  • 現金を持ち歩かなくて良い

キャッシュレス決済を利用すれば、現金を持ち歩かずに買い物をすることができます。

財布を忘れたり、盗難に遭ったりするリスクを減らすことができます。

  • 家計管理がしやすい

キャッシュレス決済を利用すれば、すべての支払いが記録されます。

家計管理アプリと連携することで、簡単に家計管理をすることができます。

AliExpressでお得に購入するために

  • 複数のキャッシュレス決済サービスを利用する

複数のキャッシュレス決済サービスを利用することで、ポイント還元率の高いサービスを選ぶことができます。

おすすめのキャッシュレス決済サービス

AliExpressでおすすめのキャッシュレス決済サービスは、デビットカードやクレジットカードです。

クレジットカードは、ポイント還元率が高く、多くのキャッシュレス決済サービスで利用可能なためおすすめです。

本ページはプロモーションが含まれています

まとめ

Aliexpressは注意点が多くあります。
届くまでの日数も長く、届かなかった場合の対処が面倒ですが手間を惜しまなければお得です。
安い理由は品質が低いので信頼性・安全性がヤバイと口コミ評判も多いので対処ができない方は買ってはいけないです。

タイトルとURLをコピーしました