本ページはプロモーションが含まれています

メルカリで発送されないで放置 いつまで待つ 通知こない わざと発送しない理由 取引キャンセルのペナルティや返金

本ページはプロモーションが含まれています

メルカリで発送されないで放置された時

商品の到着が楽しみでメルカリで発送されないで放置されたときにいつまで待つのとイライラしがちですが、購入時に記載されている発送までの日数は待つようにして下さい。

早く発送して欲しくて催促すると出品者の方の気分が悪くなり悪いの評価が付けられてしまう可能性があります。
催促してもしなくても発送日は変わらないと思いますので、じっくり待つようにした方が良いと思います。

本ページはプロモーションが含まれています

メルカリで発送されないで放置された時いつまで待つかは発送までの日数次第

メルカリで発送されないで放置された時いつまで待つかは、出品の発送までの日数で1~2日・2~3日・4~7日のいずれかで出品時に設定されています。
4~7日の場合は最大1週間の猶予があるので発送通知を待ちましょう。

どうしても急ぎの場合は購入前に出品者にいつ頃発送が可能か聞いておくと良いと思いますが、1~2日で発送の設定をしている方以外の出品者を急かした場合は悪い評価に繋がる可能性もあるので注意が必要です。

発送通知がこないで放置されている場合はコメントしてみよう

メルカリで発送までの日数が過ぎていても発送されないで放置されている場合は発送を忘れていたり、発送しても発送通知をするのを忘れている可能性があるのでいつまでも待つ必要はありません。
相手にコメントで確認しましょう。

商品がいつまで待つも発送されないで連絡も取れない時はキャンセルして返金

相手の方がアプリをアンインストールしていたり、災害や事故に巻き込まれていたり、急に入院したりすると連絡が取れない場合もあります。そんな時はキャンセルを申請しましょう。

発送日数を経過していると取引画面にキャンセル申請が表示されます。
キャンセル申請の理由などを記入し申請すると事務局で確認し処理されます。
メルカリで発送されないでいつまで待つも放置され発送通知もなく期限が過ぎている場合は申請するとすぐに自動キャンセルになります。

キャンセルになった場合メルカリの残高へすぐに返金されます。
取引自体が無かったことになり評価はつきません。

キャンセル方法

キャンセル申請フォームは発送までの日数を超えた場合に表示されます。

「この取引をキャンセルする」を選択するとキャンセル理由の理由の詳細にキャンセルの理由を記載します。
「理由の詳細」に記入した内容は相手の方に「申請理由」で表示されるのでトラブルにならない内容で入力しましょう。

キャンセルの注意点にチェックを入れて「キャンセルを申請する」を選択します。

何度も発送期限が過ぎたらペナルティがある

メルカリで発送期限を過ぎてキャンセルになった場合、出品者には注意が来ます。
何度も違反などをするとペナルティでアカウント停止になります。

受け取る前に評価をしてはいけない

メルカリで受け取りの前に評価をしてしまうと受け取ったことになり返金対応を受ける事が困難になるので注意が必要です。
必ず評価しないで対応するようにしましょう。

本ページはプロモーションが含まれています

相手が発送しているにも関わらずいつまで待つも反映されないで放置の場合

ポスト投函などの発送方法の場合はポストの回収の時間を過ぎて投函すると翌日以降の反映になるので発送のデータ反映が遅くなる場合があります。
また、ポストでたくさんの数が入っている場合は奥まで投函できずに盗難に合っている場合もあります。

メルカリで発送されないでいつまで待つも投函したのに反映がされないで放置されている場合は紛失の郵便事故の可能性があります。
郵便事故の場合は発送した方が郵便局へ調査依頼を出す必要があります。
調査は1週間から10日程かかります。

ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットで沖縄や離島は時間がかかる

ゆうパケットで沖縄や離島に送る場合は、時間がかかります。

ゆうパケットは、航空機以外の方法により運送するため、お届け先が遠方の場合、離島などの一部地域の場合などはお届けに数日~2週間程度要します。
メルカリでの発送通知から2週間進展が無くいつまで待つも発送されないので放置されて郵便事故かと思ってしまうこともあります。

今後はらくらくメルカリ便のネコポスもゆうパケットと同じ扱いになっていくので沖縄や離島の方は気長に待つ必要があります。

商品が届かない場合は返金補償をしてもらえる場合がある

メルカリの場合は郵便事故に会った場合もお互いに返金補償してもらえる場合がありますので、調査などの依頼後で商品が見つからなかった場合にはメルカリの事務局にお問い合わせしてみましょう。
郵便事故でのキャンセルの場合はもちろんペナルティの対象にはなりません。
お互いに評価も付くこともありません。

郵便事故の調査は2週間程度の時間がかかります。

本ページはプロモーションが含まれています

発送が早い人はプロフィールで確認できる

評価に発送について遅いと言うコメントが無いか確認しましょう。
またプロフィールに24時間以内発送や12時間以内返信の表示がある方は発送が早い可能性が高いので、急ぎの場合は確認してから購入すると良いでしょう。

ただし評価が良くても発送されない場合も一度ありました。
連絡もなく結局キャンセルしました。
不慮の事故などで応答できなくなった可能性が高いと思いました。

購入前にコメントで「購入してもよろしいでしょうか?」と確認するのも一つの方法ですが、横取りされる危険もあります。

本ページはプロモーションが含まれています

わざと発送しない理由は個人情報の収集目的も

ほとんどありませんが、中には個人情報の取得を目的とした出品者もいるようです。
メルカリで購入して発送されないで放置されいつまで待つも届かないという状況です。

わざと発送しない理由は、個人情報の収集目的もあります。

メルカリでは、購入すると、出品者に購入者の氏名や住所などの個人情報が通知されます。

そのため、悪意のある出品者は、個人情報を収集するために、わざと発送しないことがあるのです。

個人情報の収集目的でわざと発送しない出品者を見分けるには、以下の点に注意しましょう。

  • 商品の価格が安い

商品の価格が安い場合は、個人情報の収集目的でわざと発送しない可能性があるため注意が必要です。

  • 出品者の評価が悪い

出品者の評価が悪い場合は、個人情報の収集目的でわざと発送しない可能性があるため注意が必要です。

メルカリ便発送の方と取引をすると個人情報が守れる

個人情報の公開を控えることで、悪意のある出品者から個人情報を守ることができます。

もちろん、すべての出品者が個人情報の収集目的でわざと発送しないわけではありません。

しかし、個人情報の収集目的でわざと発送しない可能性があるため、取引に注意することは大切です。

以下に、個人情報の収集目的でわざと発送しない出品者から個人情報を守るための対策をまとめます。

  • 商品の価格が安い出品者との取引は避ける
  • 出品者の評価が悪い出品者との取引は避ける
  • 評価数が少ない方との取引を避ける
  • 個人情報の公開を控える

こういう方はメルカリで何度も発送されないので数回でペナルティでアカウント停止になります。
不安な場合は匿名の出品者から購入するようにしましょう。

相手の評価で悪いが多い場合は発送期限でも発送されないで放置される可能性もある

相手の評価で悪いが多い場合は、発送期限でも発送されないで放置される可能性もあります。

メルカリでは、購入者が出品者に評価をすることができます。

評価には、良い評価、悪い評価の2種類があります。

悪い評価には、以下のようなものがあります。

  • 発送が遅い
  • 商品が届かない
  • 商品に不良品があった

悪い評価が多い場合は、発送日を守らない人や、商品を適切に梱包しない人、不良品を発送する人の可能性があります。

そのため、相手の評価で悪いが多い場合は、取引に注意が必要です。

もちろん、相手の評価で悪いが多いからといって、必ずしも発送日を守らないわけではありません。

しかし、発送日を守らない可能性が高いため、取引に注意することは大切です。

メルカリで無在庫販売をしている出品者も発送されないで放置される可能性が高い

メルカリで無在庫販売をしている出品者も、発送されないで放置されいつまでも待つ可能性が高いと言えます。

その理由は、以下のとおりです。

  • 商品の在庫がない

無在庫販売は、商品を仕入れたり、在庫を抱えたりせずに販売する方法です。そのため、商品が売れた後、商品を仕入れて発送する必要があります。しかし、商品が売れた後に、商品を仕入れることができない場合、発送が遅れたり、キャンセルになったりする可能性があります。

  • 発送作業が遅れる

無在庫販売では、商品を仕入れてから発送するまでの時間が、通常の販売よりも長くなります。そのため、発送作業が遅れて、商品が届くのが遅れる可能性があります。

  • 悪質な出品者による詐欺

無在庫販売は、手軽に始められるため、悪質な出品者による詐欺の可能性もあります。商品を売った後、商品を仕入れずに、購入者の連絡を無視して、取引を放置するケースがあります。

メルカリでは、無在庫販売を禁止していますが購入者から通報されるまでは判別が難しいので何度もキャンセル申請をしてアカウント凍結されるまで排除が難しいです。

無在庫販売の出品者から購入する場合は、以下の点に注意しましょう。

  • 出品者の評価を確認する

出品者の評価を確認して、信頼できる出品者かどうかを判断しましょう。
ただしキャンセルした場合は評価が残らないので判断が難しい可能性があります。

  • 商品の状態を確認する

商品の状態が明確に記載されている出品者を選びましょう。

  • 発送までの日数を確認する

発送までの日数が明確に記載されている出品者を選びましょう。
新品の出品で同じものを何度も出品していて4~7日の場合は無在庫販売の可能性が高い出品者です。

これらの点に注意することで、無在庫販売の出品者から購入しても、発送されないで放置されるリスクを減らすことができます。

本ページはプロモーションが含まれています

購入した商品が発送されないでキャンセル後の返金

メルペイ残高払い・ポイント払いの返金

取引キャンセルと同時に返金されます。取引中にポイントの有効期限が切れた場合は 【取引キャンセルした日から5日間】有効期限が延長された状態でポイントが戻ります。
※dポイントの有効期限は延長されないため、取引中にポイントの有効期限が切れた場合dポイントは戻らないので注意が必要です。

残高の確認は以下で確認できます。
マイページ>残高・ポイント>残高履歴(ポイント履歴)

クレジットカードの場合

クレジットカードの場合は返金のタイミングや方法は、下記2つのどちらかになります。

  1. 請求金額から返金額を差し引いて引き落としされる
    ※引き落としがない場合の返金はありません
  2. 商品代金が引き落とされた後、翌月以降にカード会社から返金される
    ※購入手続きと取引キャンセルが月を跨いで処理されている場合

コンビニ店舗および銀行ATM

コンビニ店舗および銀行ATMでお支払いした商品代金および決済手数料は、購入者の残高(売上金含む)へ戻ります。

本ページはプロモーションが含まれています

メルカリで発送されずキャンセルし再度購入する場合に出品されていない場合

メルカリで商品が発送されずキャンセルし、再度購入する際に、出品されていない場合の対処方法として、以下の2つの選択肢が考えられます。

  1. 待つ: 他の出品者から同じ商品が出品する可能性があるため、一定期間待ってみることができます。
  2. 通販を利用する: もし再度購入したい商品がメルカリで出品されていない場合、他の通販サイトやオンラインショップを利用することも考えられます。同じ商品を扱っている可能性がある他の通販サイトを探してみましょう。

どちらの選択肢が最適かは、具体的な状況や商品によって異なります。出品者からの再出品を待つか、別の通販サイトを利用するか、自身の優先事項や時間の制約に基づいて判断してください。

また、再度購入する際には、出品者の評価や商品の状態などにも注意を払い、安心して取引を行えるようにしましょう。

すぐに欲しい場合はAmazonがおすすめ

すぐに何かが必要な場合は、Amazon が最適なオプションです。 Amazon は、幅広い製品を翌日または Amazonプライムは30日間無料体験で約2日間配送料無料で提供する、世界最大のオンライン小売業者です。書籍、電子機器、衣料品、家庭用品など、あらゆるものを Amazon で見つけることができます。

Amazon で商品をすばやく簡単に見つける方法は次のとおりです。

  1. Amazon の Web サイトまたはアプリにアクセスします。
  2. 検索バーに探している商品を入力します。
  3. 検索結果から商品を選択します。
  4. [今すぐ購入] または [カートに追加] をクリックします。
  5. 配送先住所と支払い方法を選択します。
  6. [注文を確認] をクリックします。

Amazon Prime メンバーの場合、多くの商品で無料の 2 日間配送料を利用できます。 Prime メンバーではない場合は、送料無料になるまで商品を注文する金額を増やすことができます。

Amazon で商品を注文する場合、次の点に注意する必要があります。

  • 商品ページの販売者名とレビューを確認してください。
  • 商品ページの配送予定日を確認してください。
  • 商品に問題がある場合は、Amazon のカスタマー サービスに連絡してください。

既製品であればメルカリの商品もAmazonで見つけることも可能です。Amazonでの買い物は、すばやく簡単で便利な方法です。メルカリで発送されない場合で必要なものがすぐに必要な場合は、Amazon が最適な選択肢です。

本ページはプロモーションが含まれています

通販で購入する場合は詐欺サイトに注意

近年、インターネット通販の普及に伴い、巧妙な手口で利用者を騙す「通販詐欺サイト」が増加しています。被害に遭わないためには、詐欺サイトの特徴や手口を知り、事前に対策を講じることが重要です。

メルカリで発送されない場合は通販を利用するしかない場合もありますが、知らない通販サイトや偽サイトは詐欺に合う可能性があるので注意が必要です。

1. 詐欺サイトの特徴

詐欺サイトは、一見すると本物のショッピングサイトと見分けがつきにくい場合が多いです。しかし、以下のような点に注意することで、詐欺サイトを見破るヒントになります。

1.1 販売価格

  • 極端に安い価格設定: 市場価格よりも大幅に安い商品は、偽ブランド品や粗悪品である可能性が高いです。

1.2 日本語

  • 不自然な日本語: 日本語がおかしい、誤字脱字が多い、意味不明な文章があるなど、日本語に不自然な点が見られます。

1.3 会社概要

  • 情報の不足: 会社名、住所、電話番号、代表者名など、会社情報が記載されていない、または不自然な情報が記載されている。

1.4 連絡先

  • 連絡先がない、または架空の連絡先: 電話番号やメールアドレスが記載されていない、または実際に連絡しても繋がらない。

1.5 レビュー

  • 偽のレビュー: 購入者レビューが異様に多い、内容が不自然、同じ文章が繰り返されているなど、偽のレビューが投稿されている可能性があります。

1.6 URL

  • 偽のドメイン: 本物のサイトに似せた偽のドメインを使用している。
  • URLの表記がおかしい: 「https://」ではなく「http://」で始まっている、「.com」ではなく見慣れないドメインを使用している。

1.7 セキュリティ対策

  • セキュリティ対策: SSL/TLS証明書がない、URLの横に鍵マークが表示されないなど、セキュリティ対策がされていない。

2. 詐欺サイトの手口

詐欺サイトは、様々な手口で利用者を騙し、金銭や個人情報を盗み取ろうとします。以下に代表的な手口を紹介します。

2.1 偽ブランド品・粗悪品の販売

  • 本物そっくりの偽ブランド品や、粗悪品を本物として販売し、高額な代金を要求します。

2.2 商品の未発送

  • 代金を支払っても商品が送られてこない、または偽の配送伝票番号を送りつけて商品を送ったように装う。

2.3 個人情報の詐取

  • 購入手続き時に、必要以上に個人情報を要求する。
  • フィッシング詐欺の手口で、偽のログイン画面を表示し、パスワードなどの個人情報を盗み取る。

3. 被害を防ぐための対策

3.1 信頼できるサイトを利用する

  • 大手ショッピングモールや、口コミ評判の良いサイトを利用する。
  • 販売者の情報やレビューを事前に確認する。

3.2 販売価格を比較する

  • 相場よりも極端に安い商品は、疑ってかかる。

3.3 支払い方法に注意する

  • クレジットカード払いの場合は、チャージバック制度を利用できる。
  • コンビニ/ATM払い、銀行振込は避ける。

3.4 セキュリティ対策を確認する

  • SSL/TLS証明書があるか、URLの横に鍵マークが表示されているかを確認する。
  • セキュリティソフトを導入する。

3.5 不審な点があれば購入しない

  • 少しでも不安を感じたら、購入を中止する。
  • 販売者に連絡して確認する。

4. 被害に遭ってしまった場合

4.1 警察への相談

  • すぐに警察に相談し、被害届を提出する。

4.2 消費者センターへの相談

  • 消費者センターに相談し、被害回復のアドバイスを受ける。

4.3 クレジットカード会社への連絡

  • クレジットカード払いの場合は、クレジットカード会社に連絡し、チャージバック手続きを行う。

5. その他の情報

5.1 警察庁の偽サイト対策ページ

  • 警察庁は、偽サイトに関する情報をまとめたページを公開しています。

5.2 国民生活センターのインターネット通販トラブル相談

  • 国民生活センターは、インターネット通販トラブルに関する相談を受け付けています。
タイトルとURLをコピーしました