本ページはプロモーションが含まれています

楽天モバイル電波悪い時の屋内対策方法 圏外対策

本ページはプロモーションが含まれています

屋内で楽天モバイルの電波が悪い原因は?

楽天モバイルの電波悪い屋内の圏外対策をする前に原因を知っておく必要があります。
原因は楽天に割り当てられている周波数が低いのに対応していないのが原因です。
エリア内でも周波数が高いと建物内などの遮蔽物に弱く電波が届きにくくなり圏外になります。楽天モバイル以外の携帯会社は低い周波数にも対応しているので電波が良い傾向になっています。

電波が悪い場所ではパートナー回線のauから電波が遠くまで届く周波数の回線を借りていましたが、順次パートナ回線対応エリアが終了しているので圏外や電波が悪い人が増えてきています。

電波が良く届くプラチナバンド

プラチナバンドとは1GHz以下の電波の事で周波数が低ければ低いほど障害物に強く遠くまで飛ぶ性質があるので基地局が少なくても広くカバーする事ができます。
ドコモ・AU・ソフトバンクはプラチナバンドを割り当てられていますが、現在の携帯電話の規格で使用可能なプラチナバンドの空きが無く楽天モバイルは4Gの1.7GHz帯と5Gの3.7GHz帯のみが割り当てられているので楽天モバイルは屋内の対策をしないと圏外や電波悪い方もいるので非常に不利な状況です。
現在プラチナバンドを使用するための準備をしています。

他社のスマホ本体を利用している場合は対応バンドを確認する

楽天モバイルのメインバンドはBand 3(1.7GHz)です。
楽天モバイルのスマホではなく他社スマホを利用していて屋内で圏外や電波悪い時の対策はこのバンドに対応しているか確認しましょう。

また主要都市以外ではパートナー回線はBand 18/26(800MHz)を利用しているので、楽天モバイルを使用しているスマホが他社のスマホでBand26かBand18に対応していない場合はパートナー回線に接続できないので電波が悪くなります。

ローミング対応エリア

対応していないスマホを利用している場合でローミング対応しているエリアで使用する場合は対応しているスマホ本体に交換しましょう。
ただしローミングエリアは順次終了しているので、交換しても終了してしまうと意味がありません。

本ページはプロモーションが含まれています

楽天モバイル電波悪い時の対策は屋内だけなら可能


楽天モバイルはRakuten Casa(自宅に楽天回線の基地局を置けるサービス)を申し込むと電波悪い屋内での対策になります。

ただし、たくさんのデメリットがあります。

  • 設置するには楽天モバイル指定の光回線に契約
  • 電源を切る場合は許可が必要
  • 場所を自由に移動できない
  • 他人が使えるので大人数が接続すると低速になる
  • 電気代が月216円
  • 返却しない場合は違約金が2万円
タイトルとURLをコピーしました