本ページはプロモーションが含まれています

メルカードはETCカードや家族カードが発行できないからやばい?作れるクレジットカードは?

本ページはプロモーションが含まれています

メルカードはETCカードや家族カードが発行できない

メルカードを申し込んで、発行されたのですが、ETCカードが使えなかったので、メルカリに問い合わせてみました。

しかし、メルカードで検索してみると、ETCカードの発行ができないと記載されています。

ETCカードの発行ができない理由を教えてください。

メルカリからの回答は、以下のとおりです。

メルカードは、メルカリでのお買い物や、メルペイでのお支払いなどにご利用いただけるクレジットカードです。

ETCカードは、高速道路や有料道路の料金の支払いなどにご利用いただけるカードです。

メルカードは、メルカリでのお買い物や、メルペイでのお支払いなどに特化したカードであるため、ETCカードの発行は行っておりません。

ETCカードをご利用になりたい場合は、他のクレジットカードをご利用いただくか、ETCカード専用のカードをご検討ください。

メルカリの回答から、メルカードはメルカリやメルペイでの支払いに特化したカードであり、ETCカードの発行は行っていないことがわかりました。

ETCカードを利用したい場合は、他のクレジットカードをご利用いただくか、ETCカード専用のカードを検討しましょう。

ただし他のクレジットカードでも年会費がかかる事が多いので注意が必要です。

ETCカードに年会費をかけたくない場合ははJCB CARD W・リクルートカードがおすすめです。

楽天カード・PayPayカードはETCカードが発行できるが年会費550円

楽天カード・PayPayカードの場合メルカードと違いETCカードを発行できますが、ゴールドやプレミアムカード以外は年会費が550円(税込み)発生します。

ポイント還元率が高く、普段の買い物でよく利用していました。しかし、ETCカードの利用頻度は、月に数回程度と、それほど高くありませんでした。そのため、年会費を払ってETCカードを利用することに、抵抗を感じました。

ETCカードが年会費無料でお得なのはリクルートカードのJCB

リクルートカード(Mastercard / Visa)は発行手数料が1,000円(税別)発生します。
リクルートカード(JCB)はETCカードの発行手数料も無料です。
リクルートカードは還元率が1.2%と高還元なのでおすすめです。

メルカードはメルカリなどのキャンペーン用、リクルートカードはETCカードや生活費の支払い用に分けて利用するとお得に節約できます。

クレジットカードを複数申し込むと審査に落ちる可能性が高くなるので、メインで利用したいクレジットカードを先に申し込んでから、次のクレジットカードを申し込むようにしましょう。

本ページはプロモーションが含まれています

メルカードはETCカード以外にもクレジットカードと違う点が多い

メルカードはETCカード以外にもクレジットカードと違う点が多くあります。

メルカードのメリット

バーチャルカードやiDですぐに利用可能

メルカードは審査完了後お届けまでに4日〜7日程度かかりますが、バーチャルカードやiD決済も利用できるので通販だけではなく大手チェーン店で還元を受けることができます。
すぐに利用できるクレジットカードは少しずつ出てきていますが、まだまだ少ないので急いでいる場合はメルカードがやばいほど便利です。

メルカリは最大4%還元

メルカリで売る・買う・支払うで還元率がUPします。
最大4%で毎月8日のキャンペーンも利用すると最大12%の還元になります。
節約のためにメルカリで中古品などを良く購入するので還元率が高いメルカードがやばいお得なメリットです。

毎月8日に最大8%還元キャンペーン

メルカードをお持ちのお客さまがキャンペーンにエントリーし、毎月8日に「メルカード」またはメルペイのあと払いを利用すると、通常の1%還元に加え、決済対象金額の最大8%相当分(還元上限300ポイント)還元されます。
3,750円までの買い物が還元対象になります。

以下のお支払いはポイント還元対象外になります。

  • 交通系を含む電子マネーへのチャージ (Suica, PASMOなど)
  • プリペイドカード類へのチャージ(au WALLETプリペイドカード,nanaco,WAONなど)
  • 決済サービスへのチャージやお支払いでのご利用(auPAY, kyash,FamiPayなど)
  • ギフトカード類のオンライン購入(JCB onlineなど)

※上記に限らず対象外としたお店や一部商品はポイント還元対象外となる場合がございます
※オフライン加盟店等、利用データ遅延の場合は還元対象外となる場合があります

売り上げから使うと引き出し手数料

メルカリで出品販売後の売上金を銀行振り込みする場合は200円の高額な手数料が発生するのでできればメルペイで利用したほうが損をしません。
しかしメルカードを発行していない場合は利用してもポイントが還元されません。

メルカリを利用している場合は審査が優遇

普段からメルカリを利用している方は審査が優遇されます。
他のクレジットカードが発行できない方は、メルカリを利用してメルカードを発行しクレジットカードの利用履歴を作ると他のクレジットカード発行時にも有利になるのでメルカードがやばいと言われます。

スマホにお知らせがあるので安心

利用した際にスマホアプリにお知らせがあるので安心です。
クレジットカードの中には通知がないものも多いのでうれしい機能です。
アプリでカードを停止する事もできます。

普通郵便で届くので楽

クレジットカードは「本人限定受取郵便」もしくは「簡易書留」などで届くことが多く本人や家族がいないと受け取りができないのですが、普通郵便で届くので不在が多い場合でも受け取る事ができます。
セキュリティで不安に感じる方もいるかもしれませんが、カードだけ所持していてもアプリで承認しないと利用できないので安心です。

メルカードのデメリット

20歳未満は申し込みできない

基本的には20歳未満は申し込みできませんが、公式に「※ 18歳、19歳の一部のお客さまはお申し込みいただける場合がございます(高校生を除く)」との記載があります。
そのため、18歳、19歳でも高校生でなければ申し込みが可能です。

利用していないと上限が少ない

メルカリでは毎月1日にAI審査などで上限限度額が決定します。
通常のクレジットカードは勤務先の変更時などでしか限度額が下がることはまずありませんが、メルカリやメルペイ、メルカードは利用していないとやばい位上限限度額がどんどん下がっていくので注意が必要です。

滞納すると限度額が少なくなる

通常のクレジットカードの場合は引き落としできない場合は利用停止になる事はありますが、数日以内に支払うと基本的には復活します。
しかしメルカードの場合は期限が過ぎてすぐに支払ったとしても上限限度額が0円~100円になりほぼ使えなくなる方がほとんどで、メルカードはやばいと言われているデメリットなので注意が必要です。

海外旅行保険が付帯しない

メルカードは海外旅行保険が付帯しません。
他のクレジットカードでも付帯しないクレジットカードが多いので、海外旅行に行く場合は楽天カードなどの付帯しているクレジットカードも発行すると良いでしょう。

手数料無料の2回分割払いとボーナス払いがない

基本的にクレジットカードは手数料無料の2回分割払いとボーナス払いが利用できるのですが、メルカードは他のクレジットカードと違い手数料が発生するのがメルカードがやばい理由でデメリットになります。
定額払いのみ利用可能です。

Enekeyに登録できない

普段ENEOSに行く方はEnekeyを作るとクレジットカードやポイントカードを出さなくてもよいので便利ですが、残念ながらメルカードはETCだけでなくEnekeyも登録できません。
リクルートカードJCBはEnekeyの登録やETCが年会費無料で発行できるのでおすすめです。

あと払い利用枠が残っているのに「取引エラー」

あと払い利用枠が残っているのに支払い時に「取引エラー」で利用で利用できない事がありました。
機種変更などで新しいログインをした際にセキュリティの「あんしん支払い設定」で「1日あたりの支払い上限額」と「1ヵ月あたりの支払い上限額」が自動で¥0になるのが原因です。

エラーが出て使えない場合はメルカリアプリの支払い設定の下にある「あんしん支払い設定」を確認してみましょう。

本ページはプロモーションが含まれています

デビットカードもメルカードのようにETCが発行できない

デビットカードもメルカードのようにETCを発行することができません。

ETCカードは、高速道路の料金支払いに使用するカードです。デビットカードは、決済時に利用者の口座から即時に引き落とされる仕組みになっています。一方、ETCカードは、利用後に利用額が引き落とされるため、デビットカードと連携させることができません。

デビットカードは、クレジットカードと比べて審査がないため、学生やアルバイトでも作れるメリットがあります。しかし、ETCカードを発行できないというデメリットもあります。

本ページはプロモーションが含まれています

年会費とデポジットを払うとETCカードを発行可能

ETCパーソナルカードは、メルカードのようにETCが発行できない方でも、デポジットを払う事によりデポジット金額まで有料道路の料金支払いに利用できるETCカードもあります。

カードの発行費用、利用明細書の発行費用、カード・利用明細書等の郵送費用、その他カードの運営に要する費用を賄うため、年会費として1,257円(税込)が発生します。

前月分のご利用額は、毎月27日(金融機関休業日の場合は翌営業日)に口座引落しされます。

  1. ETCパーソナルカードWebサービスで作成した「ETCパーソナルカード利用申込書」または、SAなどのインフォメーションにある「ETCパーソナルカード利用申込書」に住所、氏名、ご職業、平均利用月額(有料道路の月平均利用額)などの必要事項をご記入し、ETCパーソナルカード事務局あてに郵送します。
  2. デポジッ卜振込みのご依頼が郵送されるので、同封の払込取扱票により、お近くの郵便局取扱窓口かコンビニ工ンスストアにてデポジッ卜をお振込みします。
  3. デポジットの入金が確認できたお客さまにETCパーソナルカードを郵送されます。お手元に届いたその日から利用可能です。(デポジットのお振込み後からカードがお手元に届くまでには2週間程度です。)
本ページはプロモーションが含まれています

ETCのメリット

ETC(Electronic Toll Collection)のメリットについてお伝えします。

  1. 便利さ: ETCを利用すると、高速道路や一部の有料道路での料金支払いがスムーズに行えます。車内から手軽に料金を支払うことができ、待ち時間や渋滞を減らすことができます。
  2. 時間の節約: ETCを使うことで、料金所での支払い手続きやおつりのやり取りなど、通行時間のロスを最小限に抑えることができます。特に混雑時や長距離移動の際には、時間の節約ができるでしょう。
  3. 割引制度: ETCを利用すると、一部の高速道路や有料道路で割引制度が適用されることがあります。時間帯や距離によって料金が変動するため、通常よりもお得に利用することができます。
  4. レーンの選択: ETCを装備した車は、専用のETCレーンを利用することができます。このレーンは一般のレーンよりも車がスムーズに通行できるため、待ち時間を短縮することができます。
  5. カード一つで利用可能: ETCカードを一つ持っていれば、全国の高速道路や一部の有料道路で利用することができます。複数の料金所で個別に支払いをする必要がないため、利便性が高いです。

これらのメリットにより、ETCは多くのドライバーにとって便利なシステムとなっています。交通の円滑化や快適なドライブを実現するために、ETCの活用を検討してみてください。

本ページはプロモーションが含まれています

ETC割引

ETC割引は、一部の高速道路や有料道路において、ETCを利用することで料金が割引される制度です。具体的な割引内容は道路会社や地域によって異なりますが、以下に代表的な割引制度をいくつか紹介します:

  1. 時間帯割引: 昼間や深夜など、時間帯によって料金が異なる場合があります。昼間のピーク時間帯よりも、深夜や早朝の時間帯に割引が適用されることがあります。
  2. 距離割引: 一定の距離以上走行した場合に、料金が割引されることがあります。距離に応じて段階的な割引率が適用されることがあります。
  3. 季節割引: 特定の季節や期間において、料金が割引されることがあります。例えば、夏季や年末年始など、需要が比較的低い時期に割引が適用されることがあります。
  4. キャンペーン割引: 道路会社やETC発行会社が実施するキャンペーンによって、一時的に料金が割引されることがあります。キャンペーンの内容は期間限定で変動するため、注意が必要です。

これらの割引制度は、交通の円滑化や混雑緩和を図るために導入されています。具体的な割引内容や適用条件については、道路会社やETC発行会社の公式ウェブサイトや案内をご確認いただくか、ETCカードの利用時に案内される料金表示で確認することができます。

ETC2.0 では、「賢い料金」と呼ばれるサービスが提供されており、一定時間内に同一のインターチェンジで再入場した場合、追加料金がかかりません

賢い料金の利用条件

  • ETC2.0 車載器が搭載された車であること
  • 対象のインターチェンジで退出・再入場すること
  • 再入場の時間が、退出時刻から2時間以内であること
  • 対象の道の駅に必ず立ち寄る必要があります。(国道側より道の駅に進入してください)

対象となるインターチェンジ

2024年2月現在、全国約24箇所のインターチェンジが対象です。対象となるインターチェンジは、国土交通省のホームページなどで確認できます。

賢い料金のメリット

  • 休憩や食事などのために高速道路を降りても、追加料金がかからない
  • ドライブプランの自由度が広がる

賢い料金の利用方法

特に特別な手続きは必要ありません。利用条件を満たしていれば、自動的に賢い料金が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました