本ページはプロモーションが含まれています

povo2.0の土日や夜間の本人確認と審査時間かかる遅い原因

本ページはプロモーションが含まれています

povo2.0の土日や夜間の本人確認と審査時間

povoの審査時間は、通常2〜3時間です。

povoは、オンラインで契約手続きを完了できるオンライン専用料金プランです。そのため、審査もオンラインで行われるため、比較的短時間で完了します。

ただし、以下のような場合は、審査に時間がかかる可能性があります。

土日や夜間

土日も申し込みが可能ですが、混雑状況によっては審査時間が遅くなる可能性があります。

povoの審査は夜21時までになっています。
夜21時以降は翌日に順次審査を開始します。
そのため審査結果が当日希望の場合は審査時間も入れると夜の18時までには申し込み完了すると当日審査完了する可能性が高くなります。

本人確認書類の画像が不鮮明な場合

本人確認書類の画像が不鮮明な場合、povoの審査は、通常の審査時間よりも長くかかる可能性があります。

また、本人確認書類の画像が不鮮明な場合、本人確認を行うことができず、審査に落ちてしまう可能性もあります。

本人確認書類の画像を提出する際は、以下の点に注意してください。

  • 画像が鮮明で、文字が読み取れる画像を提出してください。
  • 画像の明るさやコントラストが適切であるように調整してください。
  • 画像が歪んでいない画像を提出してください。

本人確認書類の画像を提出する際には、以下の点を参考にしてください。

  • 室内の明るい場所で撮影してください。
  • カメラのシャッタースピードを速くして撮影してください。
  • 画像サイズは、300dpi以上で撮影してください。

本人確認書類の画像が不鮮明な場合は、審査に時間がかかる可能性があるため、注意してください。

本人確認書類に不備がある場合

povoの審査で住所が不備の場合、審査に時間がかかったり審査に落ちる可能性があります。

povoの契約条件では、本人確認書類に記載されている住所と、povoの契約申込時に登録した住所が一致している必要があります。

そのため、本人確認書類に記載されている住所と、povoの契約申込時に登録した住所が異なる場合は、住所不備に該当します。

例えば確認書類に記載してある1番地1を省略して1-1と入力した場合でも住所不備で審査落ちの原因になります。

過去にpovoの利用停止処分を受けたことがある場合

過去にpovoの利用停止処分を受けたことがある場合、povoの審査に落ちやすくなります。

povoの利用停止処分には、以下のようなものがあります。

  • 料金の未払い
  • 不正利用
  • 契約内容の虚偽申告
  • 契約後にすぐ解約した

これらの利用停止処分を受けた場合、povoの審査担当者は、再び利用停止処分を受ける可能性があると判断し、審査に通りにくくなります。

povoの系列のauやUQモバイルで滞納歴がある場合も情報が共有されています。

ただし、利用停止処分を受けた後、料金を全額支払い、利用停止処分の内容に応じた措置を講じた場合は、審査に通る可能性もあります。

また、povoの契約申し込みが集中する時期や、長期休暇中は、審査に時間がかかる可能性があります。

povoの審査結果は、メールで通知されます。審査結果が承認された場合は、povoの利用を開始することができます。

家族カードで申し込むと審査に落ちる

家族カードでの支払いもpovoの審査に落ちる原因になります。
家族カードで申し込んだ際に審査落ちとなり、住所不備だと思いましたが何度申し込んでも審査落ちになり審査時間がかかりました。
家族カードではなく本人名義のクレジットカードで申し込んだ場合は審査通過したので家族カードも審査落ちの原因だと思います。

みんなの銀行でも審査が通った

家族カードで審査通過ができなかったので、みんなの銀行のデビットカードで審査申し込みをした所無事に発行できました。
クレジットカードが無い場合は簡単に発行できるみんなの銀行がおすすめです。

紹介キャンペーン!口座開設時に紹介コード入力で1,000円プレゼント

また、2023/7/1~2024/1/31に口座開設(デビットカード同時入会)されたお客さまを対象に、MyJCBの登録後キャンペーン、Apple Pay / Google Pay™ もしくは、Amazon.co.jpでの利用でもれなく、最大10,000円(ご利用金額の20%)をキャッシュバックされます! 詳しくはこちら

↓招待コード↓

みんなの銀行アプリのダウンロードはこちら

本ページはプロモーションが含まれています

審査通過後のpovo2.0が使えるまでの時間

審査通過後のpovo2.0が使えるまでの時間は公式サイトに記載があります。

お申し込みの内容によって異なります。詳細は下記をご確認ください。

※au・povo1.0からの変更・他社・UQ mobileからのお乗り換えのお客様は20時~翌9時30分の間はSIMの有効化(回線切替)ができません。9時30分から20時までの時間帯にお手続きをおこなってください。
新規でご契約いただいたお客様は20時~翌9時30分の間にSIMの有効化を行った場合、9時30分以降に順次有効化(回線切替)が完了します。SIMの有効化が完了しましたらEメールでお知らせしますのでお待ちください。

◆eSIMでお申し込みのお客さま
・午前9時30分~午後8時 :お手続き完了後、即時でご利用開始できます。
・午後8時〜翌午前9時30分:お手続き完了後、翌午前9時30分以降、順次ご利用開始できます。
※お申し込みの混雑状況によって、お手続き完了までお時間をいただく場合がございます。


◆SIMカードでお申し込みのお客さま
最短の場合、お申込みいただき配送先のご設定が完了した翌日にSIMカードが到着しご利用いただけます。
・午前9時30分~午後8時 :お手続き完了後、即時でご利用開始できます。
・午後8時〜翌午前9時30分:お手続き完了後、翌午前9時30分以降、順次ご利用開始できます。
※配送先の地域やお申し込みの混雑状況によって、発送・配送が遅れる場合がございます。

https://kdlsupport.zendesk.com/hc/ja/articles/4406548721561-povo2-0%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%81%AF%E7%94%B3%E3%81%97%E8%BE%BC%E3%81%BF%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%A9%E3%82%8C%E3%81%8F%E3%82%89%E3%81%84%E3%81%A7%E4%BD%BF%E3%81%88%E3%82%8B%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99%E3%81%8B-
本ページはプロモーションが含まれています

povoは分割払いを利用しないので信用情報を利用しない

povoは分割払いを利用しないので信用情報を利用せず審査落ちに関係がありません。
信用情報とは、クレジットカードやローンなどの契約や申し込みに関する情報のことで、客観的な取引事実を登録した個人の情報です。そして、この信用情報は、クレジットカード会社が顧客の「信用」を判断するための参考資料として利用されます。

信用情報には、以下の情報が登録されています。

  • 氏名や生年月日などの個人情報
  • 住所や勤務先などの属性情報
  • クレジットカードやローンなどの契約内容や支払い状況

信用情報は、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、株式会社日本信用情報機構(JICC)、株式会社全国銀行個人信用情報センター(KSC)の3つの信用情報機関に登録されます。

信用情報は、クレジットカード会社やローン会社などの金融機関が、顧客の信用を判断するために利用されます。

例えば、クレジットカード会社は、新規のクレジットカードの申し込みがあった場合、信用情報を照会して、申し込み者の支払い能力や過去の信用情報を確認します。

ローン会社も、新規のローンの申し込みがあった場合、信用情報を照会して、申し込み者の支払い能力や過去の信用情報を確認します。

信用情報は、金融機関が顧客の信用を判断する上で重要な情報です。

信用情報を良好に保つためには、クレジットカードやローンの支払いを滞納しないようにすることが重要です。

また、信用情報機関から信用情報の開示請求を行って、自分の信用情報を確認しておくことも大切です。

信用情報の開示請求は、本人確認書類の提出が必要となります。

信用情報の開示請求は、信用情報機関のホームページから行うことができます。

本ページはプロモーションが含まれています

POVOの本人確認のeKYCとは

POVOの本人確認のeKYCは「electronic Know Your Customer」の略称で、日本語では「電子本人確認」と訳されます。

従来の対面や郵送での本人確認(KYC)を、オンライン上で完結するための技術です。

eKYCのメリット

  • 顧客にとって
    • 時間や場所に縛られずに、簡単に本人確認ができる。
    • 書類の郵送やコピーの手間が省ける。
  • 企業にとって
    • 業務効率化によるコスト削減
    • 顧客満足度向上
    • 24時間365日、いつでもどこでも本人確認を受け付けられる。
    • 不正利用防止

eKYCの仕組み

  1. ユーザーは、顔写真付きの身分証明書と自分の顔写真をアップロードする。
  2. AIや画像処理技術を用いて、顔写真と身分証明書の写真を照合する。
  3. 本人確認が完了すると、サービスの利用が可能になる。

eKYCの導入事例

  • 金融機関:口座開設、融資申し込み
  • 通信事業者:携帯電話契約
  • ECサイト:会員登録、クレジットカード決済
  • 不動産:賃貸契約

eKYCの課題

  • セキュリティ対策:偽造・変造防止、なりすまし防止
  • 個人情報保護:データの漏洩・悪用防止
  • 法規制:各国の法規制への対応

eKYCは、今後ますます普及していくことが予想されます。

本ページはプロモーションが含まれています

povoとは?

povoは、auが提供するオンライン専用格安SIMサービスです。

特徴

  • 月額基本料0円からスタート
  • データトッピング、通話トッピングなど、必要なものだけを選んで利用できる
  • 使い放題プランも選択可能
  • au回線なので、高速・大容量通信が可能
  • eSIMに対応
  • 事務手数料無料
  • 契約期間の縛りなし

その他

  • アプリで簡単にトッピングの購入・管理が可能
  • キャンペーンやクーポンも豊富
  • au Payボーナスが貯まる

povoは、自分の使い方に合わせて料金プランを自由にカスタマイズできる格安SIMサービスです。

データ通信量が少ない人や、通話をあまりしない人には、月額基本料0円で利用できるプランがおすすめです。
半年以内に一度トッピング購入で維持できます。
トッピング購入しない場合は強制解約になります。

データ通信量をたくさん使う人や、通話を頻繁にする人には、使い放題プランがおすすめです。

povoは、au回線なので、高速・大容量通信が可能です。

eSIMにも対応しているので、最新のスマートフォンにも利用できます。

事務手数料無料、契約期間の縛りなしなので、気軽に試してみるのもおすすめです。

詳しくは、povo公式サイトをご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました