本ページはプロモーションが含まれています

povo2.0の土日や夜間の本人確認と審査時間かかる遅い・進まない・失敗で申し込みができない原因 注意点 eKYC

本ページはプロモーションが含まれています
  1. povo2.0の土日や夜間の本人確認と審査時間 eKYC
    1. 土日や夜間
  2. povo2.0の本人確認の審査に落ちる進まないで失敗の原因 eKYC
    1. eKYCで本人確認書類の画像が不鮮明な場合
    2. 厚さが確認できない
    3. 顔が判らない
    4. eKYCで本人確認書類に不備がある場合
    5. 自動入力された住所などに間違いがある
    6. 同一の契約名義で6回線以上お申し込みの場合
    7. 過去にpovoの利用停止処分を受けたことがある場合
    8. クレジットカードに問題がある
    9. 家族カードで申し込むと審査に落ちる
  3. チャットに問い合わせたら本人確認できない理由を教えてもらえた
  4. POVOの本人確認のeKYCとは
    1. eKYCの主な利点
    2. eKYCの必要性
  5. 郵送による本人確認のデメリット
    1. 郵送による本人確認の問題点
    2. 離脱のリスク
  6. povoはeKYCの本人確認で失敗しても理由は不明
  7. povoはeKYC以外の本人確認の方法はない
  8. POVOで今後ICチップタッチの本人確認も対応すると時間が掛からずにスムーズなる
    1. 現在の本人確認方法
    2. ICチップタッチによる本人確認の可能性
  9. eKYCの本人確認と審査通過後のpovo2.0が使えるまでの時間
  10. povoは過去にauやUQモバイルで滞納歴がある場合は本人確認の審査に通らない
  11. povoは分割払いを利用しないので審査に信用情報を利用しない
  12. povoとは?
    1. POVOで本人確認時はMNP予約番号の有効期限切れに注意
  13. POVOの本人確認以外の注意点
    1. povo SIMの配送 何日で届く?
    2. POVOのAPN設定
    3. 半年以内にPOVOトッピング購入が必要
  14. povoのデメリット
    1. povoの主なデメリット
    2. povoのメリットも忘れずに
  15. povoのデメリットと電波の問題について
    1. 電波の質に関する評判
  16. povo 2回線目の申し込み契約時も本人確認が必要
    1. 2回線目以降の契約方法と手数料
    2. 便利な使い方
  17. POVOで何度も本人確認で失敗するなら本人確認が簡単な他の格安SIM
    1. POVOでの本人確認失敗の原因
    2. 他の格安SIMへの移行を検討
  18. IIJmio
    1. IIJmioのサービス概要
    2. IIJmioの選ばれる理由
  19. 楽天モバイル
    1. 楽天モバイルの主なメリット
    2. 関連記事:

povo2.0の土日や夜間の本人確認と審査時間 eKYC

povoの本人確認と審査時間は、通常2〜3時間です。

povoは、オンラインで契約手続きを完了できるオンライン専用料金プランです。そのため、審査もオンラインで行われるため、比較的短時間で完了します。

ただし、以下のような場合は、審査に時間がかかる可能性があります。

土日や夜間

土日も申し込みが可能ですが、混雑状況によっては審査時間が遅くなる可能性があります。

povoの審査は夜21時までになっています。
夜21時以降は翌日に順次審査を開始します。
そのため審査結果が当日希望の場合は審査時間も入れると夜の18時までには申し込み完了すると当日審査完了する可能性が高くなります。

本ページはプロモーションが含まれています

povo2.0の本人確認の審査に落ちる進まないで失敗の原因 eKYC

eKYCで本人確認書類の画像が不鮮明な場合

本人確認書類の画像が不鮮明な場合、povoの審査は、通常の審査時間よりも進まないで失敗して審査に落ちる可能性があります。

また、本人確認書類の画像が不鮮明な場合、本人確認を行うことができず、審査に落ちてしまう可能性もあります。

本人確認書類の画像を提出する際は、以下の点に注意してください。

  • 画像が鮮明で、文字が読み取れる画像を提出してください。
  • 画像の明るさやコントラストが適切であるように調整してください。
  • 画像が歪んでいない画像を提出してください。

本人確認書類の画像を提出する際には、以下の点を参考にしてください。

  • 室内の明るい場所で撮影してください。
  • カメラのシャッタースピードを速くして撮影してください。

本人確認書類の画像が不鮮明な場合は、審査に時間がかかる可能性があるため、注意してください。

厚さが確認できない

povoの本人確認の厚さ確認で厚さが判りにくい角度や本人確認書類と同じ背景色で撮影していると本人確認で厚さが確認できない場合は捏造した本人確認書類か確認するのに時間がかかり、本人確認が進まない場合があります。
また厚さ確認ができなかった場合は本人確認に失敗します。

顔が判らない

顔写真を撮影する場合、正面を向いて顔全体がはっきりと分かるようにしてください。帽子やサングラスなど、顔の一部を隠すアイテムは避けましょう。

eKYCで本人確認書類に不備がある場合

povoの審査で住所が不備の場合、審査に時間がかかったり審査に落ちる可能性があります。

povoの契約条件では、eKYCでの本人確認書類に記載されている住所と、povoの契約申込時に登録した住所が一致している必要があります。

そのため、本人確認書類に記載されている住所と、povoの契約申込時に登録した住所が異なる場合は、住所不備に該当します。

例えば確認書類に記載してある1番地1を省略して1-1と入力した場合でも住所不備で審査落ちの原因になります。

自動入力された住所などに間違いがある

自動入力された住所などに間違いがあると本人確認の審査に落ちる原因になります。
例えば「ソ」が「ン」と認識して自動入力されている場合もあります。
自動入力は信用せずに間違いが無いか確認して入力しましょう。

同一の契約名義で6回線以上お申し込みの場合

同一の契約名義で6回線以上お申し込みの場合、povoの本人確認に通りません。

過去にpovoの利用停止処分を受けたことがある場合

過去にpovoの利用停止処分を受けたことがある場合、povoの審査に落ちやすくなります。

povoの利用停止処分には、以下のようなものがあります。

  • 料金の未払い
  • 不正利用
  • 契約内容の虚偽申告
  • 契約後にすぐ解約した

これらの利用停止処分を受けた場合、povoの審査担当者は、再び利用停止処分を受ける可能性があると判断し、審査に通りにくくなります。

povoの系列のauやUQモバイルで滞納歴がある場合も情報が共有されています。

ただし、利用停止処分を受けた後、料金を全額支払い、利用停止処分の内容に応じた措置を講じた場合は、審査に通る可能性もあります。

また、povoの契約申し込みが集中する時期や、長期休暇中は、審査に時間がかかる可能性があります。

povoの審査結果は、メールで通知されます。審査結果が承認された場合は、povoの利用を開始することができます。

クレジットカードに問題がある

クレジットカードが利用できない状態になっていると本人確認が失敗します。原因には様々なものがあります。ここでいくつかの一般的な理由を挙げます:

  1. 有効期限の切れ:カードの有効期限が過ぎている場合、利用できません。
  2. 支払遅延による利用停止:支払いの遅延が原因でカード会社によって利用が一時的に停止されていることがあります。
  3. 利用限度額の超過:月間や年間の利用限度額を超えた場合、それ以上の取引はできません。
  4. 不正使用の疑い:不審な取引があった場合、カード会社が不正利用を防止するためにカードを一時的に停止することがあります。

これらは基本的な理由ですが、問題が解決しない場合はカード会社に連絡して具体的な原因を確認することをお勧めします。

家族カードで申し込むと審査に落ちる

家族カードでの支払いもpovoの審査に落ちる原因になります。
家族カードで申し込んだ際に審査落ちとなり、住所不備だと思いましたが何度申し込んでも審査落ちになり審査時間がかかりました。
家族カードではなく本人名義のクレジットカードで申し込んだ場合は審査通過したので家族カードも審査落ちの原因の可能性もあります。

みんなの銀行でも審査が通った

家族カードで審査通過ができなかったので、みんなの銀行のデビットカードで審査申し込みをした所無事に発行できました。
クレジットカードが無い場合は簡単に発行できるみんなの銀行がおすすめです。

紹介キャンペーン!口座開設時に紹介コード入力で1,000円プレゼント

↓招待コード↓

みんなの銀行アプリのダウンロードはこちら

本ページはプロモーションが含まれています

チャットに問い合わせたら本人確認できない理由を教えてもらえた

povoのサイトには「本人確認結果通知メールに記載してある以上の詳細についてはお答えできません。」との記載があり、原因がわからず何度も本人確認が失敗しました。

今まで他の契約で問題なく契約できていたし原因が思い当たらないのでダメ元でチャットで聞いてみました。
数分待たされた後に「斜め上から撮影した確認書類に問題があるため」との回答がありました。

再度本人確認で厚さに気を付けて撮影したところ無事に本人確認ができました。

原因がわからない場合はダメもとでチャットで聞いてみると良いかもしれません。

本ページはプロモーションが含まれています

POVOの本人確認のeKYCとは

eKYC(Electronic Know Your Customer)は、オンラインでの本人確認(身元確認)を行う仕組みです。このシステムは、特に金融業界やサービス提供業界での本人確認プロセスを効率化し、セキュリティを強化するために必要とされています。


eKYCの主な利点

  • 効率性の向上: eKYCを利用することで、本人確認プロセスがオンラインで完結し、時間とコストの削減が可能になります。
  • セキュリティの強化: eKYCはリアルタイムでの本人確認書類の撮影や情報の確認を行うため、不正がしにくく、セキュリティ面での安全性が高まります。

eKYCの必要性

  • 規制への対応: 金融業界などでは、犯罪収益の移転防止などの法的要件を満たすために、厳格な本人確認が求められます。eKYCは、これらの規制への対応を効率的に行う手段を提供します。
  • ユーザーエクスペリエンスの向上: ユーザーは、アプリをダウンロードするだけで簡単に本人確認が完了するため、利便性が向上します。

eKYCは、デジタル化が進む現代社会において、本人確認プロセスをより迅速かつ安全に行うために非常に重要な役割を果たしています。特に、オンラインでのサービス利用が増える中で、eKYCの導入は、企業とユーザー双方にとってメリットが大きいものとなります。

本ページはプロモーションが含まれています

郵送による本人確認のデメリット

郵送による本人確認は、非対面での身元確認手段として利用されていますが、この方法にはいくつかの問題点があり、結果としてサービスの利用途中での離脱(ドロップアウト)の可能性を高める要因となっています。


郵送による本人確認の問題点

  • 時間がかかる: 郵送による本人確認は、書類の送付から受取、確認作業の完了までに時間がかかります。この遅延は、特に急ぎでサービスを利用したいユーザーにとって大きな不便となります。
  • 手間がかかる: ユーザーは、必要書類を準備し、郵送する必要があります。このプロセスは、特に忙しい人や手続きを簡単に済ませたい人にとっては、大きな負担となります。
  • セキュリティリスク: 郵送される書類が途中で紛失したり、第三者によって不正に取得されるリスクがあります。これは、個人情報の漏洩につながる可能性があり、大きな問題です。

離脱のリスク

  • 利用開始の遅延: 本人確認のプロセスに時間がかかることで、サービスの利用開始が遅れ、ユーザーの満足度が低下します。これは、サービスへの興味を失わせ、最終的には離脱につながる可能性があります。
  • 手続きの煩雑さ: 手間がかかる本人確認プロセスは、ユーザーにとって大きなストレスとなり、サービスの利用を途中で諦める原因となります。

郵送による本人確認の問題点を踏まえると、eKYCのようなオンラインでの本人確認方法が、ユーザーの利便性を高め、離脱リスクを減少させる有効な手段となります。サービス提供者は、ユーザー体験を向上させるために、本人確認プロセスのデジタル化を検討する価値があるでしょう。

本ページはプロモーションが含まれています

povoはeKYCの本人確認で失敗しても理由は不明

eKYC(電子本人確認)プロセスにおいて、本人確認が失敗するとその理由を詳細に教えてくれない場合があります。これは、セキュリティ上の理由で、不正アクセスや不正利用を防ぐために特定の失敗理由を伏せることが一般的です。個人情報の保護や、本人確認プロセスの悪用を防ぐために、具体的な失敗理由を公開しないポリシーをとる企業も多いです。

しかし、一般的にeKYCで失敗する可能性のある理由としては以下のようなものが考えられます:

  • 提出した身分証明書の写真が不鮮明である。
  • 身分証明書の情報が読み取れない、もしくはデータベースの情報と一致しない。
  • 生体認証(顔認証など)がうまく機能しない。
  • 本人確認に使用する書類が有効期限切れである。
  • システムエラーまたは通信障害などの技術的な問題。

eKYCの失敗後の対処としては、以下のステップを試みることができます:

  1. 身分証明書の写真を再度撮影し、情報がはっきりと読み取れるようにする。
  2. 撮影環境(光の当たり方など)を改善する。
  3. 別の身分証明書を使用してみる。

なぜ本人確認に失敗したかの原因がわからない場合は、郵送と同じく離脱するユーザーも多くいると思われます。

本ページはプロモーションが含まれています

povoはeKYC以外の本人確認の方法はない

povoは、オンライン専用のモバイル通信サービスで、申し込みの際の本人確認は主にeKYCを使用しています。しかし、eKYCが利用できない場合や、何らかの理由でeKYCによる本人確認が完了しない場合でもeKYC以外の本人確認方法がないので再度挑戦する必要があります。
郵送は人件費と郵送コストがかかるので導入しないものと思われます。

本ページはプロモーションが含まれています

POVOで今後ICチップタッチの本人確認も対応すると時間が掛からずにスムーズなる

POVOでの本人確認プロセスは、現在、オンラインでの書類提出や写真撮影を通じて行われています。しかし、ICチップタッチによる本人確認はできません。このような技術が導入されれば、本人確認プロセスがより迅速かつスムーズになる可能性があります。


現在の本人確認方法

  • 撮影による本人確認: 顔写真付きの本人確認書類とご自身の容貌の撮影によるオンラインでの本人確認が基本です。

ICチップタッチによる本人確認の可能性

  • 技術の導入: 現段階でPOVOがICチップタッチを用いた本人確認を導入する計画についての情報は見つかりませんでした。しかし、この技術は、本人確認の迅速化に寄与する可能性があります。

POVOの本人確認プロセスは、安全なサービス提供のために重要です。ICチップタッチのような技術が導入されれば、利用者にとってより便利でスムーズな体験が提供されることでしょう。今後のアップデートに期待しましょう。

本ページはプロモーションが含まれています

eKYCの本人確認と審査通過後のpovo2.0が使えるまでの時間

審査通過後のpovo2.0が使えるまでの時間は公式サイトに記載があります。

お申し込みの内容によって異なります。詳細は下記をご確認ください。

※au・povo1.0からの変更・他社・UQ mobileからのお乗り換えのお客様は20時~翌9時30分の間はSIMの有効化(回線切替)ができません。9時30分から20時までの時間帯にお手続きをおこなってください。
新規でご契約いただいたお客様は20時~翌9時30分の間にSIMの有効化を行った場合、9時30分以降に順次有効化(回線切替)が完了します。SIMの有効化が完了しましたらEメールでお知らせしますのでお待ちください。

◆eSIMでお申し込みのお客さま
・午前9時30分~午後8時 :お手続き完了後、即時でご利用開始できます。
・午後8時〜翌午前9時30分:お手続き完了後、翌午前9時30分以降、順次ご利用開始できます。
※お申し込みの混雑状況によって、お手続き完了までお時間をいただく場合がございます。


◆SIMカードでお申し込みのお客さま
最短の場合、お申込みいただき配送先のご設定が完了した翌日にSIMカードが到着しご利用いただけます。
・午前9時30分~午後8時 :お手続き完了後、即時でご利用開始できます。
・午後8時〜翌午前9時30分:お手続き完了後、翌午前9時30分以降、順次ご利用開始できます。
※配送先の地域やお申し込みの混雑状況によって、発送・配送が遅れる場合がございます。

https://kdlsupport.zendesk.com/hc/ja/articles/4406548721561-povo2-0%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%81%AF%E7%94%B3%E3%81%97%E8%BE%BC%E3%81%BF%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%A9%E3%82%8C%E3%81%8F%E3%82%89%E3%81%84%E3%81%A7%E4%BD%BF%E3%81%88%E3%82%8B%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99%E3%81%8B-
本ページはプロモーションが含まれています

povoは過去にauやUQモバイルで滞納歴がある場合は本人確認の審査に通らない

povoは、auやUQモバイルでの滞納歴があると、本人確認審査に通らない可能性があります。これは、povoがauのグループ会社のため、auからの情報も参照しているからです。

povoの本人確認審査で重視されるポイント

  • 過去の支払い状況: 過去にauやUQモバイルで滞納歴があると、審査に落ちやすくなります。
  • 現在の支払い状況: 他の通信料金や公共料金の支払い状況も考慮されます。
  • 本人確認書類: 本人確認書類の内容と、申込内容の一致度が確認されます。

povoの本人確認審査に落ちる可能性が高いケース

  • 過去にauやUQモバイルで長期滞納がある
  • 現在、他の通信料金や公共料金を滞納している
  • 本人確認書類の内容と申込内容が一致していない

povoの本人確認審査に落ちる可能性を下げるために

  • 過去の滞納金を完済する
  • 現在の支払い状況を改善する
  • 本人確認書類を正確に記入する
本ページはプロモーションが含まれています

povoは分割払いを利用しないので審査に信用情報を利用しない

povoは分割払いを利用しないので信用情報を利用せず審査落ちに関係がありません。
信用情報とは、クレジットカードやローンなどの契約や申し込みに関する情報のことで、客観的な取引事実を登録した個人の情報です。そして、この信用情報は、クレジットカード会社が顧客の「信用」を判断するための参考資料として利用されます。

信用情報には、以下の情報が登録されています。

  • 氏名や生年月日などの個人情報
  • 住所や勤務先などの属性情報
  • クレジットカードやローンなどの契約内容や支払い状況

信用情報は、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、株式会社日本信用情報機構(JICC)、株式会社全国銀行個人信用情報センター(KSC)の3つの信用情報機関に登録されます。

信用情報は、クレジットカード会社やローン会社などの金融機関が、顧客の信用を判断するために利用されます。

例えば、クレジットカード会社は、新規のクレジットカードの申し込みがあった場合、信用情報を照会して、申し込み者の支払い能力や過去の信用情報を確認します。

ローン会社も、新規のローンの申し込みがあった場合、信用情報を照会して、申し込み者の支払い能力や過去の信用情報を確認します。

信用情報は、金融機関が顧客の信用を判断する上で重要な情報です。

信用情報を良好に保つためには、クレジットカードやローンの支払いを滞納しないようにすることが重要です。

また、信用情報機関から信用情報の開示請求を行って、自分の信用情報を確認しておくことも大切です。

信用情報の開示請求は、本人確認書類の提出が必要となります。

信用情報の開示請求は、信用情報機関のホームページから行うことができます。

本ページはプロモーションが含まれています

povoとは?

povoは、auが提供するオンライン専用格安SIMサービスです。

特徴

  • 月額基本料0円からスタート
  • データトッピング、通話トッピングなど、必要なものだけを選んで利用できる
  • 使い放題プランも選択可能
  • au回線なので、高速・大容量通信が可能
  • eSIMに対応
  • 契約期間の縛りなし

その他

  • アプリで簡単にトッピングの購入・管理が可能
  • キャンペーンやクーポンも豊富

povoは、自分の使い方に合わせて料金プランを自由にカスタマイズできる格安SIMサービスです。

データ通信量が少ない人や、通話をあまりしない人には、月額基本料0円で利用できるプランがおすすめです。
半年以内に一度トッピング購入で維持できます。
トッピング購入しない場合は強制解約になります。

データ通信量をたくさん使う人や、通話を頻繁にする人には、使い放題プランがおすすめです。

povoは、au回線なので、高速・大容量通信が可能です。

eSIMにも対応しているので、最新のスマートフォンにも利用できます。

契約期間の縛りなしなので、気軽に試してみるのもおすすめです。

POVOで本人確認時はMNP予約番号の有効期限切れに注意

MNP予約番号の有効期限切れは、本人確認手続きの完了スムーズな乗り換えの妨げとなります。

1. MNP予約番号の有効期限

MNP予約番号は発行日を含めて15日間有効です。期限内に本人確認手続きを完了する必要があります。

2. 有効期限切れの影響

  • 本人確認手続きが完了できない
  • 乗り換え手続きが遅延する

3. 有効期限切れを防ぐために

  • 発行日を確認し、余裕を持って手続きを進める
  • 期限が近い場合は、再発行を検討する

4. 有効期限切れの場合

  • MNP予約番号を再発行する
  • 再発行には時間がかかる場合があるので、早めに手続きする

POVOがMNPの手続きにおけるワンストップ対応を開始

2023年5月24日より、povoはMNP手続きにおけるワンストップ対応を開始しました。

従来のMNP手続きでは、1. MNP予約番号の取得2. 転出元事業者での解約手続き3. 転入先事業者での契約手続きという3つのステップが必要でした。

ワンストップ対応では、1. povoでの新規契約手続きのみで、MNP予約番号の取得転出元事業者での解約手続きをまとめて行うことができます。

ワンストップ対応のメリット

  • 手続きが簡単: MNP予約番号の取得や解約手続きが不要
  • 時間が節約できる: 従来の手続きよりも短時間で完了
  • 手間が省ける: 転出元事業者への連絡が不要

ワンストップ対応の利用方法

  1. povo公式サイトまたはアプリで新規契約手続きを行う
  2. 転出元事業者を選択
  3. 画面の指示に従って手続きを進める

ワンストップ対応の注意点

  • すべての転出元事業者で利用できるわけではない
  • 転出元事業者によっては、別途手続きが必要になる場合がある
本ページはプロモーションが含まれています

POVOの本人確認以外の注意点

povo SIMの配送 何日で届く?

povoの本人確認が完了しSIMカードを申し込んだ後、SIMカードがいつ手元に届くのか、気になるところですね! 一般的には申込完了後から数日でSIMカードが届きますが、具体的な日数について見てみましょう。


povo SIMカード配送日数

  • 平均配送日数: 申し込みから翌日の方が多く、長くても3日後にSIMカードが到着します。ただし、これは一例であり、宅配便の状況によって異なる場合があります。

配送プロセス

  1. 申込完了後: 申し込みが完了すると、登録したメールアドレスに「【povo】回線切り替えに関するご案内」メールが送られてくることがあります。
  2. SIMカード到着: 一般的には、申込みから3日後にはSIMカードが手元に届いています。

povoの場合、配送速度も早く、すぐにSIMカードを受け取れるようですね。 ただし、配送状況は日によって変わることがあるので、特に急ぎの場合は余裕を持って申し込むと安心ですね。

POVOのAPN設定

POVOの本人確認が完了し申し込みが完了して利用できるようになったら設定をしましょう。

POVOのAPN設定方法

POVOを使用するには正しいAPN(APN:Access Point Name, アクセスポイント名)設定が必要です。特に、自分で端末を設定する必要があるAndroidユーザーにとって重要な手順です。まずは基本的なAPN設定方法を確認しましょう。


Android端末でのAPN設定

auで購入したAndroidスマートフォンも、ほとんどの場合APN設定が必要です。端末によっては設定手順が異なる場合があります。

  • 基本的な手順: 以下の手順に沿って設定します。
    1. [設定]を開きます。
    2. [ネットワークとインターネット]を選択します。
    3. [モバイルネットワーク]をタップします。
    4. [詳細設定]へ進みます。
    5. [アクセスポイント名]を選択し、[新しいAPN]または[+]をタップして新規APN設定を加えます。
      [名前]povo2.0
      [APN]povo.jp
      [APNプロトコル]IPv4/IPv6
      ※その他の項目は入力不要です。
    6. APN設定項目を入力後、忘れずに[保存]をして「povo2.0」のAPNを選択してください。

iPhone端末でのAPN設定

iPhone端末の場合はiOS15以上にOSアップデートをするとAPNの設定は不要です。


povoを使用するためには、APN設定が欠かせません。本ガイドに沿って適切に設定し、インターネット接続をスムーズに行いましょう。

半年以内にPOVOトッピング購入が必要

POVOはauのオンライン専用ブランドで、基本料金は0円です。ただし、データ通信や通話に関しては、必要に応じて「トッピング」として購入するシステムです。 このトッピング購入には一定のルールがあるので、その点を詳しく見ていきましょう。


POVOトッピング購入ルール

  • トッピング購入の期限: POVOユーザーは、サービスの継続利用のために半年(180日)以内に少なくとも1度はトッピング(データ通信や通話定額等)の購入が必要です。

トッピング購入がない場合

  • 利用停止の可能性: 180日間トッピング購入がない場合、利用が停止される可能性があります。ただし、期間内の従量通話料とSMS送信料の合計が660円(税込)を超えている場合はこの限りではありません。

POVOでは、サービスを途切れることなく利用し続けるために、半年以内に少なくとも1度はトッピングを購入することが必要です。もし長期間トッピングを購入しなかった場合、サービスの利用停止に気をつけてくださいね。

本ページはプロモーションが含まれています

povoのデメリット

povoは、多くの利点がある一方で、いくつかのデメリットや注意点が存在します。特に、オンラインのみでの手続きやカスタマーサービスに関する部分で不便を感じることがあります。


povoの主なデメリット

  • オンラインのみの手続き: povoの本人確認などの申し込みや手続きはオンラインのみで行う必要があります。そのため、対面でのサポートを希望する方にとっては少々不便かもしれません
  • カスタマーサービスがチャットのみ: カスタマーサービスはチャットを通じて行われ、オペレーターと直接話をすることはできません。電話での相談を望む方にとって、この点はデメリットとなりえます
  • 料金プランの制限: 基本料金が0円であるが、通話料やSMS送信料は別途必要です。また、180日超の継続利用には一定の条件があります。
  • データ通信量の制限: 通信速度制限時やベースプランを利用している場合は128kbpsまでとなり、余ったデータ容量は使用期間を過ぎると持ち越すことができない。

povoのメリットも忘れずに

一方で、月額料金0円で利用できる点や、データ通信や音声通話のトッピングを自由に購入できる柔軟性は大きなメリットです。スマートフォンの利用料金を抑えたい方にとっては魅力的な選択肢と言えるでしょう。


povoを選ぶ際は、これらのデメリットを理解した上で、自分のライフスタイルに合った使い方を考えることが大切です。また、他社のサービスと比較検討することも忘れずに行いましょう。

本ページはプロモーションが含まれています

povoのデメリットと電波の問題について

povoは、基本料金が0円というメリットがある一方で、いくつかのデメリットや電波の品質に関する懸念が指摘されています。


電波の質に関する評判

  • 通信速度の低下: povoを利用する一部のユーザーからは、通信速度が期待よりも低い、または使い始めてから電波の接続が悪くなったといった声が見られます。
    これはトッピングの通信料が不足し低速通信になっているのが判らない場合に感じる場合もあります。
  • 地域による差: 電波の品質は、利用する地域によって差があります。密集地域やビル内など特定の環境では、特に信号が弱くなる可能性があります。

povoを選ぶ際には、これらのデメリットや電波の品質を考慮することが大切です。また、利用者のレビューや口コミも参考にしてみてくださいね。

【注意】ここで取り上げた内容は、最新の情報をもとに作成されていますが、実際のサービス内容や電波状況は変わる場合があります。詳細はpovoの公式サイトや最新のユーザーレビューを確認してください

本ページはプロモーションが含まれています

povo 2回線目の申し込み契約時も本人確認が必要

povoは、トッピング形式のオプションで自由にプランをカスタマイズできる通信プランとして人気です。2回線目の契約を考える方もいるでしょうが、気になるのは契約手数料や契約時の注意点ですね。


2回線目以降の契約方法と手数料

  • 契約方法: povoは、SIMカードとeSIMに対応しています。eSIM対応機種であれば、他キャリアで契約されている回線を保持しつつ、povo回線を追加して利用可能です。
    2回線目、3回線目、4回線目も本人確認が必要です。
  • 手数料: 2回線目の契約時の手数料は無料ですが、1年以内にpovoを5回線以上申し込んだ場合は、3,300円(税込)の手数料が発生します。

便利な使い方

  • 通信環境の最適化: 通信キャリアによって繋がりにくい場所がある場合、2つの携帯会社の回線を使い分けると便利です。
  • サブアカウントの確保: 就活や婚活など、本番号を伝えたくないシーンで2つ目の回線を活用できます。
  • 料金の節約: 音声通話とデータ通信で使い分けることで、全体の通信料を抑えることが可能です。

2回線目、3回線目、4回線目も本人確認が必要です。検討する際は、自分のライフスタイルに合った使い方を見つけると良いでしょう。 もし気になるポイントがあれば、公式サイトやカスタマーサポートで確認してみてくださいね。

本ページはプロモーションが含まれています

POVOで何度も本人確認で失敗するなら本人確認が簡単な他の格安SIM

POVOでの本人確認に何度も失敗してしまう場合、他の格安SIMへの移行を検討するのも一つの選択肢です。POVOはauの新プランで、基本料金0円から利用できる点が魅力ですが、申し込み方法がアプリを使うという特殊さがあり、審査に関して不安を感じる方もいるようです。


POVOでの本人確認失敗の原因

  • 申し込み方法の特殊さ: POVOの申し込みはアプリを通じて行うため、操作に不慣れな方は失敗する可能性があります。
  • 審査基準の不明瞭さ: POVOの審査基準が明確に公表されていないため、どのような点が審査で重視されているのかがわかりにくいです。

他の格安SIMへの移行を検討

POVOでの本人確認に繰り返し失敗してしまう場合、他の格安SIMへの移行を検討することが有効です。他の格安SIMでは、申し込みプロセスや審査基準が異なるため、よりスムーズに契約できる可能性があります。また、各社独自のキャンペーンやプランが用意されているため、自分の利用状況に合ったサービスを選ぶことができます。


POVOでの本人確認に苦労している場合は、他の格安SIMへの移行も視野に入れてみると良いでしょう。各社のプランやキャンペーン、審査基準を比較検討し、自分に合ったサービスを見つけることが大切です。

本ページはプロモーションが含まれています

IIJmio

IIJmioは、技術力に定評のある格安SIMサービスを提供しています。eSIMや5G対応プランを含む、多様なニーズに応えるサービス展開が特徴です。
本人確認は書類を撮影してアップロードするのみなので簡単に申し込みが可能です。


IIJmioのサービス概要

  • サービスの特徴: IIJmioは、eSIMや5G対応プランを含む多様なサービスを提供しており、技術力の高さで知られています。
  • 料金プラン: ユーザーのライフスタイルに合わせて選べる料金プランが魅力。名物技術者による情報発信も活発です。

IIJmioの選ばれる理由

  • 技術力: 長年にわたる技術力の蓄積があり、安定した通信品質を提供しています。
  • 料金プランの多様性: ユーザーのニーズに合わせた多様な料金プランを提供しており、自分に合ったプランを選びやすいです。
  • 情報発信: 名物技術者による頻繁な情報発信や登壇があり、ユーザーが最新の情報を得やすい環境が整っています。

IIJmioは、技術力と料金プランの多様性で選ばれる格安SIMサービスです。自分のライフスタイルや通信ニーズに合ったプランを選びたい方におすすめです。興味がある方は、ぜひ公式サイトや料金プランをチェックしてみてくださいね!

本ページはプロモーションが含まれています

楽天モバイル

楽天モバイルは、独自の技術と楽天グループの強みを活かしたモバイルサービスを提供しています。そのメリットを詳しく見ていきましょう。
eKYCの本人確認以外に書類のアップロードも対応しています。


楽天モバイルの主なメリット

  • 自社の電波を持っているため回線が安定: 楽天モバイルは自社の電波を持っており、そのため回線が安定しているという大きなメリットがあります。これにより、快適な通信環境を提供しています。
  • 料金プランがシンプル: 楽天モバイルの料金プランは1つしかなく、縛りもないため非常に分かりやすいです。これにより、ユーザーは自分に合ったプランを選びやすくなっています。
  • 楽天ポイントが貯まる: 楽天モバイルを利用することで、楽天ポイントが貯まります。これは、楽天市場や楽天グループのサービスを利用するユーザーにとって大きなメリットとなります。
  • 国内通話が基本無料: 専用アプリを使えば、国内通話が基本無料で利用できるというメリットもあります。これにより、通話料を気にせずに済むため、非常にお得です。

楽天モバイルは、安定した通信環境、シンプルで分かりやすい料金プラン、楽天ポイントの貯まるシステム、国内通話の無料化など、多くのメリットを持っています。これらのメリットを活かして、より快適なモバイルライフを楽しんでみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました