本ページはプロモーションが含まれています

箱ティッシュを簡単に半分に切る道具 カッターやハサミよりも包丁が簡単 超ドケチ節約術方法

本ページはプロモーションが含まれています

箱ティッシュをカッターで簡単に半分に切る道具

箱ティッシュを簡単に半分に切る道具は研いだ切れ味の良い包丁でした。

  1. 箱ティッシュの箱を横から開きます。
  2. 箱ティッシュの中身を丸ごと取り出します。
  3. カッターで、ティッシュの束を半分に切ります。
  4. ティッシュ箱も半分に切って束を箱に戻します。

箱ティッシュを半分に切ると、ティッシュの量が半分になります。そのため簡単な超ドケチ節約術です。

箱ティッシュを切る際には、以下の点に注意しましょう。

  • ティッシュを傷つけないように注意する

カッターでティッシュを半分に切る際に、ティッシュを傷つけないように注意しましょう。ティッシュを傷つけてしまうと、ティッシュがほつれたり、破れやすくなったりします。
切れないカッターだとこのように簡単には切れずボロボロになります・・・。

  • ティッシュの束をしっかりと押さえる

カッターでティッシュを半分に切る際に、ティッシュの束をしっかりと押さえましょう。ティッシュの束が動いてしまうと、簡単にきれいに切ることができません。

  • ティッシュの束を均等に切る

ティッシュの束を均等に切るようにしましょう。ティッシュの束が不均等に切れてしまうと、使いづらくなります。

箱ティッシュをカッターで切る際は、これらの点に注意して作業しましょう。

カッター以外の箱ティッシュを簡単に半分に切る方法は、以下のようなものもあります。

  • はさみで切る

はさみで切るのも、箱ティッシュを半分に切る簡単な方法です。ただし、カッターで切るよりも、きれいに切るのが難しいというデメリットがあります。

  • 包丁を使う

切れる包丁を使うと、カッターよりも箱ティッシュをきれいに簡単に半分に切ることができます。ただし、包丁でティッシュを切ると包丁の切れ味が落ちるようです。

ティッシュを初めにカッターで半分に切った部分はボロボロになっています。
包丁で切った部分は簡単で綺麗に切れました。

箱ティッシュを半分に切る方法は、用途や好みに合わせて選ぶとよいでしょう。

本ページはプロモーションが含まれています

包丁は丸めたアルミを切ると簡単に研げる

箱ティッシュを簡単に半分に切る道具の包丁は切れ味が悪い場合は綺麗に切る事ができません。
切れない包丁は丸めたアルミを切ると簡単に研げます。これは、アルミニウムの「構成刃先」という現象を利用したもので、包丁にできた細かい傷に削れたアルミニウムが入り込んで、包丁の刃が滑らかになるためです。

方法は、以下のとおりです。

  1. アルミホイルを約10cm角に切ります。
  2. アルミホイルを丸めて、棒状にします。
  3. 包丁の刃を、丸めたアルミホイルに当てて、手前に数回引きます。

丸めたアルミを切る以外にも、包丁を研ぐ方法はいくつかあります。砥石を使って研ぐのが最も効果的ですが、砥石の扱いが難しい場合は、シャープナーや包丁研ぎ器を使うのもおすすめです。
アルミは研ぐものが無い場合に一時的な応急処置として利用できます。

本ページはプロモーションが含まれています

半分の箱ティッシュのメリット

半分の箱ティッシュのメリットは、以下のとおりです。

  • ティッシュを半分にすると簡単に節約できる

カッター・ハサミ・包丁で半分に切る簡単節約のティッシュは、通常の箱ティッシュの半分の量しかありません。
そのため、通常の2倍持つのでティッシュを簡単に節約することができます。

  • 置き場所に困らない

半分の箱ティッシュは、通常の箱ティッシュよりもコンパクトです。そのため、置き場所に困りません。

  • 使いやすい

半分の箱ティッシュは、通常の箱ティッシュよりも取り出しやすいです。そのため、使いやすいと言えます。

半分の箱ティッシュは、ティッシュを節約したい人や、置き場所に困っている人におすすめです。また、使いやすさを求める人にもこの超ドケチ節約術がおすすめです。

具体的には、以下のようなシーンで半分の箱ティッシュが便利です。

  • 一人暮らし

一人暮らしの場合、ティッシュをたくさん使う機会は少ないです。そのため、ティッシュを節約するために、半分に切る箱ティッシュを活用するとよいでしょう。

  • 小さな子供がいる家庭

小さな子供がいる家庭では、ティッシュを汚してしまうことがあります。そのため、ティッシュを節約するために、カッター・ハサミ・包丁で半分に切る簡単節約のティッシュを活用するとよいでしょう。

  • 車に常備しておきたい

車に常備しておきたいティッシュは、半分の箱ティッシュがおすすめです。車は狭いため、通常の箱ティッシュは置き場所に困ります。また、車の中でティッシュを汚してしまうこともあります。そのため、半分の箱ティッシュを活用するとよいでしょう。

半分の箱ティッシュは、使い方次第で、さまざまなシーンで便利に活用することができます。

本ページはプロモーションが含まれています

半分の箱ティッシュのケース

カッター・ハサミ・包丁で半分に切る簡単節約のティッシュのケースは、以下のような種類があります。

  • プラスチック製のケース

プラスチック製のケースは、安価で手に入りやすいのが特徴です。また、耐久性にも優れています。

  • 木製のケース

木製のケースは、高級感があり、インテリアとしても楽しめるのが特徴です。

  • 布製のケース

布製のケースは、柔らかく、手になじみやすいのが特徴です。また、洗濯して清潔に保つことができます。

半分の箱ティッシュのケースを選ぶ際には、以下の点に注意しましょう。

  • サイズ

半分の箱ティッシュのサイズに合わせて、ケースのサイズを選びましょう。

  • 素材

ケースの素材は、用途や好みに合わせて選びましょう。

  • デザイン

ケースのデザインは、インテリアに合わせて選びましょう。

半分の箱ティッシュのケースは、100円ショップでも購入できます。手軽に購入できるので、ぜひこの超ドケチ節約術試してみてください。

格安スマホにする究極の超ドケチ節約術

格安スマホにすることで、月々のスマホ代を大幅に安くなるので、どん底貧乏でも一度変更するとのほほん生活しながらでも究極の超ドケチ節約術で一人暮らしや大家族でもなるおすすめの方法です。
契約時はティッシュを半分に切るよりも大変ですが、契約が完了した後は自動的に節約になります。

格安スマホとは、大手キャリアの回線を借りてサービスを提供している通信会社です。大手キャリアと比べて、月々の基本料金や通話料金が安いのが特徴です。

格安スマホにすることで、月々のスマホ代をどれくらい節約できるかは、現在の契約プランや利用状況によって異なります。

例えば、大手キャリアで月々1万円の料金を払っている場合、格安スマホに乗り換えることで、月々5,000円程度の節約が可能です。

ちなみに私の家では大人2人、高校生、小学生の子供で約月13,000円のスマホ代が月4,000円で済んでいるので、月9,000円の節約になっています。年間では108,000円の節約になります。
また契約時にスマホ本体も安く購入できる会社もあるので上手に利用しましょう。

格安スマホに乗り換える際には、以下の点に注意しましょう。

  • プランや料金をしっかり比較する
  • 通話料金やデータ通信量を把握する
  • 端末の購入方法を検討する

格安スマホにすることで、月々のスマホ代を大幅にすごい節約できる方法です。ぜひ、格安スマホを検討してみてはいかがでしょうか。
一人暮らしだけでなく、ほとんど通信をしない方はPOVOにすると年間600円位でスマホを利用する事ができます。

支払い方法をキャッシュレスにして年間14,400円の究極の超ドケチ節約術

ティッシュを半分に切るよりも簡単な節約です。
食費などの支払い方法をデビットカードやクレジットカードにする事で年間14,400円と入会時のキャンペーンでお得になる、家族や一人暮らしでも簡単な究極の超ドケチ節約術です。
不正利用が怖くて作らなかったのですが、どん底貧乏の時にキャンペーンのキャッシュバックとポイント還元でのほほん節約できると知ってからすぐに作りました。
現在は7枚くらい乗り換えてリクルートカードをメインで使っています。
現金もあまり持ち歩く必要もなく、不正利用された場合でも補償制度もあるので簡単で安心なすごい節約方法です。

タイトルとURLをコピーしました